line hatena

業務委託の働き方を徹底解説!メリットや正社員との違いは?

業務委託の働き方を徹底解説!メリットや正社員との違いは?

副業やフリーランスの働き方の1つとして、業務委託が挙げられます。

業務委託とは、自分が所属しているわけではない外部の企業から仕事を受け、成果に応じて報酬を受け取る働き方です。

フリーランスや副業、独立しての仕事を考えているのであれば、業務委託の仕組みや流れについては知っておくべきだと言えるでしょう。

そこで本日は、業務委託の基本的な働き方とともに、メリット・デメリット、業務委託での仕事が向いている人の特徴についてまとめます。

フリーランスでの働き方を身に着けることで、より自分に合った仕事の形を見つけましょう。

業務委託の働き方とは|雇用形態について

業務委託とは、個人や企業が外部企業から特定の業務を委託される働き方を指します。

このとき、実際に業務に携わるメンバーとは雇用関係を結ぶことはなく、委託された仕事の成果のみで評価・報酬の支払いが成されます。

これによる大きな特徴は、求められるのが仕事の成果のみだということです。

求められる結果さえ出せれば、委託された企業の中で誰が・何人携わるか、規定の労働時間内に納めて仕事をしているかなどは問われません。

つまり自分のペースで仕事ができることが、業務委託の大きなメリットです。

会社員との違いは?

会社員は勤め先の企業と雇用契約を結ぶことになるため、まずこの点が業務委託との大きな違いです。

会社員が勤め先から仕事を任せられる場合、決められた労働時間内・メンバーで行います。

場合によっては、業務のやり方から指定される場合もあるでしょう。

しかし、この細かな指定・指導は人材育成の意味合いも含まれているため、会社員として業務をこなすことにも、業務委託にはないさまざまな魅力があります。

業務委託を受けるメリットデメリット

業務委託を受けることには、さまざまな特徴が存在します。

ここではそのメリット・デメリットについてそれぞれご覧ください。

業務委託を受けるメリット

業務委託を受けるメリットについてまとめます。

・時間や場所にとらわれず自分のペースで仕事ができる
・自分が得意な業務のみを請け負うことができる
・報酬設定が明確でわかりやすい

業務委託は「決められた成果を決められた納期までに終える」ことが前提のため、働く時間・場所に明確な規定はありません。

そのため、より自由度が高く自分のペースで働けることは、業務委託を引き受けるメリットだと言えるでしょう。

また、業務委託では「この仕事をすれば報酬はいくら」と決められているケースがほとんどです。

そのため報酬の計算が非常に明確で、一定水準の報酬が出る仕事のみを引き受ければ、高収入を目指せるでしょう。

業務委託を受けるデメリット

一方で、業務委託にはデメリットも存在します。

・自分で仕事を取ってくる必要がある
・業務内容や案件数によっては月々の収入が安定しない
・万が一のトラブル対応には自分で対応する必要がある

業務委託はあくまでも、依頼主がいることが前提です。

そのため、月々安定した発注があるとは限らず、場合によっては収入が落ち込んだり、自分で営業を仕事を探さなくてはいけない場合もあります。

「常に得意な仕事・好きな仕事だけをしていればOK」とは限らないことは、知っておかなくてはいけません。

業務委託の働き方に向いている人

業務委託での働き方が向いている人の特徴は、以下の通りです。

・自由に時間・場所を決めて仕事をしたい人
・自分で仕事管理・報酬計算をするのが好き・得意な人
・専門分野に関する勉強・変遷についていくのが好きな人

業務委託は成果に対して報酬が発生するため、自由な働き方ができるのは大きな特徴です。

ただ、自由に働くということは仕事管理・報酬計算なども自分で担当する必要があります。

管理も含め仕事をこなせることは、業務委託を引き受けるフリーランスに不可欠な素養だと言えるでしょう。

また、時代は技術革新とともにどんどん変化しており、その変化に合わせて新たな知識を吸収しなくてはいけません。

専門分野の勉強や、仕事における需要の変化・変遷に付いていくのが好きであることも、業務委託での働き方に必要な素養です。

向いていない人

業務委託での働き方が向いていない方の特徴は、以下の通りです。

・仕事管理・タスク管理が苦手な人
・体調管理を含め自己管理を怠りがちな人
・報酬計算や税務管理が苦手な人

業務委託では「自分が計画的に働けること」が何より大切です。

自由に好きな時間に仕事ができるのは業務委託の魅力ではありますが、仕事管理・体調管理も自分でやらなくてはいけません。

これらが苦手だと、たちまち仕事が立ち行かなくなってしまったり、会社員の方が楽だったと感じてしまう可能性があります。

業務委託で働いてみよう

ひと昔前では、その企業が行う業務はすべて社員が担当することがほとんどでした。

しかし、近年では業務内容に合わせて業務委託を選択する企業も増えており、一般的な方法として広く知られるようになりました。

最後に、業務委託で仕事を引き受ける魅力やポイントについてまとめます。

・業務委託は好きな時間・場所で好きな仕事を引き受けられる
・仕事に掛かるタスク管理や税務処理は自分で行う必要がある
・業務委託を個人で引き受けるなら徹底した自己管理が不可欠

少子高齢化の波を受けて働き手が減っている昨今、外部のプロに仕事を依頼し人件費・育成コストを削減するため業務委託する企業が増えています。

そのため、これを機にフリーランスに転じて個人で業務委託を引き受けるのも、仕事の選択肢の1つだと言えるでしょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
業務委託の働き方を徹底解説!メリットや正社員との違いは?

業務委託の働き方を徹底解説!メリットや正社員との違いは?

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 業務委託の働き方を徹底解説!メリットや正社員との違いは?
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事