line hatena

Webデザイナーになるには?必要なスキルと将来性がわかると目指さない理由はないです!

Webデザイナーになるには?必要なスキルと将来性がわかると目指さない理由はないです!

もはや私たちの生活に欠かせなくなったインターネット。

その普及に比例してwebデザイン市場も拡大傾向にあるため、Webデザイナーは今後もさまざまな分野において需要が期待される人気の職種となっています。

しかし、Webデザイナーになるにはデザインを始めとするWeb関連のさまざまな知識が必要です。

ここではWebデザイナーになるための学習方法と必要なスキル、仕事としての将来性について解説します。

Webデザイナーになるための学習方法

webデザイナーになるには、大きく分けて「スクールで学ぶ」と「独学」の2つの学習方法があります。

スクールで学ぶメリットとデメリット

スクールではWebに関する基礎から教えてくれるため、パソコンやネットに関する予備知識がない方におすすめな学習方法です。

スクールで学ぶメリットには「学習環境が整っている」ことや、「効率よく技術を習得できる」ことがあります。

まずWebデザインをするために欠かせないパソコンとインターネット環境ですが、これらを一度に揃える場合それなりの費用が必要です。

スクールであればこれらの環境が整っているため、初期投資なしで学ぶことができます。

使用するソフトウェアについても、常に最新のソフトウェアを使えることがスクールで学ぶ大きな魅力です。

また、スクールでは目指す職種の方向性に合わせて専門のコースが用意されていることが多いため、目的に合わせたデザイン技術を効率よく習得可能です。

分からない所があれば授業中に直接確認できることや、自宅学習中でもメールやチャットなどで質問できるため疑問をすぐに解消できます。

さらに、カリキュラム終了後に就職先を紹介してくれたり面接対策セミナーを実施するなど、サポート体制が充実しているスクールもあります。

デメリットとしては、スクールに通うための時間を確保しなければならないことと、授業料・交通費などが必要になることが挙げられますが、それ以上のメリットを感じられるのがスクールで学ぶ方法です。

独学のメリットとデメリット

独学でWebデザインを学ぶためには、インターネットやパソコン、ソフトウェアなどの環境が整っていることが前提で、これらに関するある程度のスキルを持っている方に適した学習方法です。

基本的には教則本に沿って学んでいくスタイルとなり、自分のスキルに合った教則本をベースに段階的に学んでいけば効率的に学習できます。

ただし、教則本だけでは内容に限界があります。

その場合はネット上の関連サイトを参考にすれば、画像や動画で学ぶことができるのでおすすめです。

費用の面でも授業料や交通費が不要で、自分の空いている時間に学習できることがメリットと言えます。

しかし、独学で学ぶ場合、デメリットとなるのが質問できる相手がいないことです。

疑問や問題が発生した場合、それをすぐに解決することが次のステップに素早く進むポイントになります。

これを解消するためには通信講座を受講するのがおすすめです。

通信講座は通学の必要がなく、費用面でもスクールに通うより安価で学べることが特徴です。

中にはスクールに通い始めてからWebデザインが自分に合わないと感じたり、学習内容が難しくてついていけなかったりと、入学したことを後悔する方もいるかもしれません。

信講座は入学金も必要なく、自分の好きなタイミングで入会や退会を決めることができるうえ、費用も1ヵ月単位のことが多いので無駄なお金を使わなくて済むことがメリットです。

疑問点もチャットやメールなどで質問できるので、自分が使いやすい講座を探してみてはいかがでしょうか。

Webデザイナーに必要なスキルとは

Webデザイナーになるために必要なスキルには、「Webデザインの基礎知識」「コーディング」「ソフトウェアの操作」「SEO」の4つがあります。

Webデザインの基礎知識

Webデザインにはセンスも必要ですが、センスだけではクライアントが満足するものはできません。

優れたデザインには「構図」と「配色」の2つが重要です。

構図は限られた画面の中で必要な情報をどのように並べるかがポイントで、使用するフォントや画像を使用して分かりやすく伝えなければなりません。

配色はレイアウトされた情報を視覚に訴えるもので、相性の良い組み合わせや使用する色の割合などが大きく左右します。

この構図と配色の知識を身に着けることでデザイン力が飛躍的に向上し、読み手に伝えたい情報を分かりやすく伝えることができるようになります。

コーディング

コーディングとはデザインした画面イメージをWeb上に実現するためのもので、HTMLやJavaScriptなどの知識が必要になります。

タイトルや項目を形づけるのがHTML、画面上に動きをつけるのがJavaScriptで、これらを上手く使いこなすことで見やすさと見た目の印象が大きく変わります。

求められる案件によっては不要なこともありますが、コーディングのスキルがあれば仕事の幅が広がります。

ソフトウェアの操作

Webデザインに使用するソフトウェアは、写真を加工する「Photoshop」と、写真以外のグラフィックを作る「Illustrator」の2つが現在の主流です。

他のソフトウェアもありますが、PhotoshopとIllustratorは汎用性が高く多くの企業で採用されているため、まずはこの2つを使えるようになることが大切です。

SEO

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と言う意味です。

せっかく作ったWebサイトでも、閲覧回数が少なければ作った意味がありません。

SEOとは、読み手のニーズを把握したうえでサイトの構造を最適化して検索結果の上位に表示させるテクニックで、集客に大きな影響を与えます。

SEOは、即戦力が求められるWebデザイナーにとって大切なスキルとなっています。

なお、ここに挙げた技術的な4項目の他にも、クライアントと交渉するためのコミュニケーション能力やビジネスマナーなど、社会人としての常識的なスキルも必要です。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーは、インターネットの発展に比例してweb業界もさらに発展していくことが予想されるため、今後の需要も右肩上がりと考えられています。

経済産業省が2020年に発表した「電子商取引に関する市場調査」における市場規模はおよそ335兆円となっており、特にネット通販は前年比約22%と飛躍的に向上しています。

ただ、視覚だけに訴える情報は、使い勝手が良くデザイン性に優れていなければなりません。

そのためには常に最新の情報を入手することや、スキルアップを図っていくことが必要になります。

Webデザイナーになるにはデザインの基礎やソフトウェアの操作など学習内容が多岐にわたりますが、Web制作を内製化する企業も増加傾向にあり求人も増えることが予想されるため、将来性の高い職業と言えるでしょう。

Webデザイナーになるには、自分に合った方法でデザインを含めた必要なスキルを学ぶことが大切

Webデザイン業界は日夜刻々と変化しているため、デザイナーに求められる事柄も日々増加しています。

Webデザイナーになるには、デザインの基礎を始めとする必要なスキルを習得しなければなりませんが、今後も需要の増加が見込まれるやりがいのある仕事です。

自らのIT知識をよく把握したうえで、自分に合った学習方法で必要なスキルを習得しましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
Webデザイナーになるには?必要なスキルと将来性がわかると目指さない理由はないです!

Webデザイナーになるには?必要なスキルと将来性がわかると目指さない理由はないです!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. Webデザイナーになるには?必要なスキルと将来性がわかると目指さない理由はないです!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る