職種で探す 企業・組織で探す 爆速100文字募集 働き者ストーリー

髙木社長が作るこれからのC.D.UNITEDとは

髙木 祥司|株式会社 C.D.UNITED|その他

プロフィール です!!

その他
髙木 祥司さん

この人の所属企業・組織

株式会社 C.D.UNITED サービス開発・システム開発広告・PR・マーケティング

新しいものも、伝統も。必要な人のもとへと、繋げるデザイン。

世の中をもっともっと楽しくするために、 クリエイターの力を活かしたい そのために、C.D.UNITEDでは最高の環境と舞台を用意しています! 大手エンタメ企業と直接取引をしており、クライアントの課題に直接提案し解決のお手伝いをしています。 あなたのアイデアでクライアントの課題を直接解決してみませんか? それができるのがC.D.UNITEDです!!

国際経験豊富な髙木社長がCDUを変える!? 行動派 髙木社長の原動力とは?

今回は社長 髙木のインタビューをお伝えします!! UT:髙木社長、今日はよろしくお願いしますm(__)m 髙木:高橋さん、よろしくお願いします! ー まずは今までのキャリアを教えてください。 UT:髙木社長は、われらCDUがオフィスを構える浅草の生まれなんですよね?髙木ジュニアはどんな子供だったんですか? 髙木:スポーツが好きで、小学校3年生からラグビーを始めて、中学の時に来日したニュージーランドオールブラックスの試合を見てニュージーランドへ行くことを決意。高校はニュージーランドの学校へ行きました。高校から親元を離れたので様々な経験ができたし、自立心や行動力が培われたと思います。 UT: Σ(゚Д゚)スゴッ! Mr.インターナショナルラガーマンですね!小学生からラグビーを始めるって、きっかけは何だったんですか? 髙木:通っていた小学校には運動系の部活がラグビーしかなかったんです。かなり変わってるけど。大学はウェールズのスワンジー校に進みました。 UT:ニュージーランドからウェールズ!? 髙木:はいw 当時5ネイションズというラグビーの大会でウェールズが優勝したのを見たことと、知人から人類学について話を聞いて興味を持って、ウェールズで人類学が学べる大学へ行きました。 UT:人類学?どんなことを勉強するんですか? 髙木:理系と文系の間。哲学的な「人とは」をより論理的に理系に近づけた学問かな。人類はアフリカで誕生したんだけど、進化の過程で空白の期間がある。それについて学んだり、近代的な部分だと社会学なんかも含まれてきたりする非常に幅が広くて面白い学問です。 UT:奥深いですね。現在の髙木社長に活かされていますか? 髙木:もちろん!みんなとの会話を見ていればわかるでしょ!?(髙橋:ʕ•ᴥ•ʔ?w) まじめな話、自分が興味を持ったことについてどうやって学ぶか、掘り下げて考えるか、現代は学ぶ手段がたくさんあるなかでうまく取捨選択する術が身について、それを繰り返すことで多くのことが身についたと思います。それは学ぶことに限らなくて、社会で生きるということにも応用が可能です。 UT: なるほど、勉強になります!大学を卒業されてからは帰国されたんですか? 髙木:いやw 香港に7年ほどいました。皮革製品の製造加工する家業の香港オフィスで、中国・香港・台湾を行き来して商談をまとめていました。大企業で働くよりも小さくても自分の力で会社を動かす、ということをやりたくて。 ー CDUと髙木社長の出会いは。 UT:そんなインターナショナル髙木社長とCDUの出会いは何だったんですか? 髙木:前職でのパートナーがCDU創業者の百田さんと親友で、その関係で前職の時にCDUに発注をしたりしていました。 その縁で、香港にも遊びに来てもらったり、色々な経営の部分を話したりというのがありました。 UT: CDUとは長い付き合いなんですね~。そして社長に!そのきっかけとは? 髙木:ちょうどCDUが20周年を迎えた昨年ごろ、私が次のチャレンジを考えているタイミングで百田さんから誘われたのがきっかけかな。web制作とは全く畑違いの仕事をしている私のマネジメント力とグローバルな経験をかってくれたんだと思っています。自分としても、まだグローバル展開をしていない会社だからこそ自分の力を活かせるのではと思いCDUに飛び込んだ!だからグローバル展開を積極的に進めていきたいですね。 UT:飛び込んだ!w その行動力と、様々な国の人と仕事をする中で培ったマネジメント力が髙木社長の魅力の一つなんですね!そんな髙木社長からCDUはどんなふうに見えますか?また、今後どのような展開をお考えですか? 髙木:CDUの良いところはメンバーみんなが可能性を信じ前向きに守備範囲を決めずにいろんな課題に取り組んでいるところ。 事業展開としては、さっきも言った通りグローバルな市場の開拓。今まで築いてきたクライアントとのナレッジはCDUの大きな財産で、新たな展開を可能にするものだと思っています。組織的には、今まで培ったチャレンジ精神や可能性を具現化しさらなる飛躍につなげるべく今大きな秘策を考えています! UT:大きな秘策? 髙木:これはまだ内緒( ´艸`) UT:ムム・・・気になる。じゃぁ、話題を変えて。 バイタリティ溢れる髙木社長の趣味って何ですか? 髙木:趣味?趣味はやっぱりラグビー観戦とあとはケーキ作りですね!ケーキってレシピ通り作ればおいしいものが出来上がるでしょ?仕事って言われたことをしっかりやってもうまくいくとは限らない、だからケーキ作りは気が休まるんですよね。 UT:Σ(゚Д゚|||)━ケーキ作り!?う~ん闇( °o°)ハッ 奥が深い!(髙木:こらっw)

笑顔でいられる会社、笑顔を届けられる会社であり続けたい

UT:まず現在のCDUについて、社長目線で見るとどのように映っていますか? 髙木: 現状は、新しい評価制度を取り入れて約一年経つのでCDUポリシーの実践や個々のスキルアップなどが明確化されたと思います。結果として非常に質の高い仕事のできる集団になりつつあると感じています。 UT:組織体制はどうですか? 髙木:現在、組織体制についてはディレクターやデザイナーなど役割毎のチーム編成とプロジェクトごとにチームを横断した2つの組織編成がクロスした組織図を構築しました。 UT:その狙いは? 髙木:基本的にチームごとの体制でグレードスキルの評価をしながら指導をし、プロジェクトではクライアントの要望に適切に対応できるように組織の最適化をしました。 UT:現在CDUでは、                                           ◆新規提案や新規開拓を行う営業チーム ◆クライアント対応を行うディレクションチーム ◆Webの更新や管理・運用を行うオペレーションチーム ◆各案件のデザインやコーディングなどを行うデザインチーム がチームとして動いていて、各チームを横断する形で案件ごとにプロジェクトチームが作られています。今回行われた組織の最適化で新たにプロジェクトごとにプロジェクトマネージャーが配置されました。これは今までのCDUには無かった新しい形だと思います。そこに込めた社長の思いを教えてください。 髙木:今回の最大の目的は、CDUのポテンシャルを最大限に引き出し、今まで以上にクオリティの高いものをクライアントへ提供するため。そのために、クライアントに対して責任を持つ人を明確化しました。プロジェクトマネージャーは各チームのリーダーなどの役職者に限定していません。一般社員も含めチャレンジしたいスタッフはどんどん積極的に手を挙げてほしいと思っています。そうすることでより組織が活性化して全員が成長できると思うから。管理部からプロジェクトマネージャーになることだって可能ですよ! UT:(;^_^A                            でも真面目な話、各チームを横断した組織をまとめるのってとてもやりがいがありそうです!大変だけど毎日が充実しそう! (髙木:その通り!)                                             プロジェクトチームに関してはマネージャーを置くことで強化しましたが、これから特に強化していきたいチームってありますか? 髙木:デザインチームかな。高度なコーディングができるwebエンジニアやデザイナーを新たに採用しチームの全体の底上げをしていきたいと考えています。 今のみんなも勿論デザイン力はあるけれど、クリエイトな部分は会社の売上げに直結しますからね。 UT:なるほど。私も、素敵な仲間を増やすべく会社のPR頑張ります!髙木社長からもみなさんにCDUのPRお願いします!まずはCDUのキャリア形成や職場環境についてお願いします。 髙木:キャリア形成に関しては先ほど少し話した新しい人事評価制度があります。四半期ごとにアチーブメントを設定し評価をすることで着実にステップアップできる環境を整えています。   職場環境については、残念ながらコロナの状況で100%リモートになっていたところを今年は少しリアルとリモートのハイブリット運用でみんなが集まれる環境を計画中です。 UT:評価制度や福利厚生などって会社が従業員に用意するもので、いわば箱のような物だと思います。その大きな箱の中でみんなで居心地よく働けるかどうかって一緒にいる人そのものも重要な要素になってくると思うのですが、CDUのメンバーたちのことを髙木社長はどう見ていますか? 髙木:CDUでは毎週月曜日に実施している朝礼でライトニングトークを持ち回りでしています。そこで発表する内容のふり幅が大きくて「この人がこんな話をするんだ!」という驚きが毎回あります。そんな趣味が異なる様々な人たちが集まって同じ方向に向かって成果を出そうとする姿は見ていて気持ちが良く、今後も同じ共通目標を掲げて頑張っていきたいと思っています。 ずばり「笑顔でいられる会社、笑顔を届けられる会社」であり続けたい。 UT:ふり幅w 確かに城について熱く語る人、池袋について熱く語る人、チーバくんの説明をする人・・・キャラが濃いですね(≧∇≦*) でもだから楽しいですね!                                                                                                                            ここまでは、新たに加わるメンバーに会社が用意できる環境についてお伺いしました。では逆に、これから加わるメンバーに求めるもの、期待するものは何ですか? 髙木:ずばり素直さ。入社時にお渡しするCDUポリシーカードにあるポリシーに賛同してもらうことがまずCDUで働くベースになります。この共通目標を素直に受け止めてこれに向かって頑張ってくれる人。あれが出来たら他はいらない!内容になってますからね。 UT:なるほどφ(._.) 既存メンバーと新規メンバー、それぞれの力が合わさって相乗効果で全体の力が底上げされていくのが理想的ですよね。CDUではメンバーが成長しキャリアアップできるチャンスがしっかり用意されていますよね? 髙木:勿論です。先ほどお話しした人事評価制度もそうです。クリエイターチームを統括するリーダーの桶田さんは新卒でCDUにジョインしてリーダーになった!以前から人の成長を促す良い環境があるのだと思います。新しい評価制度でもチーム目標を各メンバーの目標に落とし込み、みんなで協力しながらチーム目標にむけて動きつつ個々のスキルアップを促していくようになっています。 UT:CDU独特な福利厚生とかってどうでしょうか? 髙木:ここ2年はコロナで部活動が出来ていないですがプラモ部、美術館ツアー、フットサル、自転車・・・スポーツ系から文科系まで幅広く会社としても応援する環境があります。クリエイティブ力を上げるための活動を会社として全力でサポートします!                              おたく支援制度など面白い制度もありますよ。 UT:そういえばコロナ前は週末にオフィスに集まってプラモデル作っていた♪なんて話を聞きましたw 髙木:そうですね。withコロナに向けてみんなで集まれる環境を管理部として作ってね♪ UT:(;^_^A は・・・はいっ!頑張ります!                                             今回は、現在のCDUについて「笑顔でいられる会社、笑顔を届けられる会社」、これをテーマに掲げ会社づくりに力を入れる髙木社長の熱い思いをお伝えしました。 

未来の同僚へのメッセージ

世の中をもっともっと楽しくするためにクリエイターの力を活かしたい、という思いで2001年に創業し22年目を迎える会社です。 クライアントの商品やサービスをより多くの人に届けるため、より魅力を引き出すため、カスタマーファーストで活動しています。 企画やブランディング、プランニングといったWEBディレクションから、アートディレクション、デザイン制作、運用まで一気通貫で行っています。 ただ制作して終わりではなく、伴走しながらサポートさせていただく、全スタッフがクリエイターとして全力でクライアントに向き合います。 そんな姿勢に共感してくれる仲間をお待ちしています!

ストーリーを 皆にシェアしよう!

業界未経験でも、飛び込んでみたくなるワクワクを感じた。

このストーリーをシェアする

リンクをコピーする

この企業・組織のメンバーのストーリー 

ディレクターYさん|株式会社 C.D.UNITED
#WEBディレクター ディレクター

ディレクターYさん

CDUで働くということ ~CDUで働く僕の一日 ディレクター編~

株式会社 C.D.UNITED

関連する職種のストーリー

松井 香澄さん|株式会社レンズアソシエイツ
#クリエイティブディレクター アートディレクター / グラフィックデザイナー

松井 香澄さん

みんないつも、つま先が 前に向いている。

株式会社レンズアソシエイツ
中山貴之さん|株式会社トリドリ
#新規事業開発・Biz Dev 代表

中山貴之さん

【代表・中山貴之】toridoriの事業とSNSマーケティングの今後について

株式会社トリドリ
卯木 研也さん|株式会社TORIHADA
#営業・フィールドセールス 営業領域統括

卯木 研也さん

大手外資系SaaS企業からTORIHADAにジョインした理由とは

株式会社TORIHADA
ロドリゴ・ラミレスさん|株式会社令和トラベル
#エンジニア・プログラマー エンジニア・プログラマー

ロドリゴ・ラミレスさん

令和トラベル・エンジニアのロドリゴさん「旅行予約のDX化は難しいからこそワクワクします」

株式会社令和トラベル

お気に入りリストから削除されました!