職種で探す 企業・組織で探す 爆速100文字募集 働き者ストーリー

ユーザーに届くデザインは、人に寄り添う心・密なコミュニケーションから生まれる! 「加藤 政也」さんにインタビュー

加藤 政也|株式会社アンティー・ファクトリー|プロジェクトマネージャー

プロフィール です!!

プロジェクトマネージャー
加藤 政也さん

この人の所属企業・組織

株式会社アンティー・ファクトリー WEB・アプリ サービス広告・PR・マーケティング映像・動画TV・放送・映画エンタメ・音楽デザイン・インタラクティブデザイングラフィック・DTP・印刷

デザインで社会を創造する

株式会社アンティー・ファクトリーは2001年設立。 Web制作会社としては老舗とも言える会社です。 デザインのその先にあるものを目指し、 どのような事にも情熱をもって取り組み、 より良いカタチで届けたい。 そんな心意気を持ったスタッフがのびのびと働ける オフィス環境を東京・名古屋・大阪・盛岡の4都市に構えています。 会社の中に社員用のバースペースあり、キッチンあり、ラウンジあり。 開放的な会議室やライブラリスペースありのユニークな会社です。 一度お話をしに来ませんか?

続きを読む

アンティー・ファクトリー入社までの経歴を教えてください。

大学時代に独学でWebの基礎知識を身に付け、新卒で入社したWeb制作会社で、実務経験を積みました。

小さな会社ではありましたが、社長の教え「コードはわかりやすく、シンプルに」が、フロントエンドエンジニアとしての指針となり、とにかくいろいろなコードを見て研究し、綺麗で美しい手法を自分のものにしていきました。 家族が増えるタイミグが転機となり、20代半ばに転職を決意。業務領域を広げつつ、ユーザーに届けるデザインを追求するために、総合クリエイティブエージェンシーへの転職を目指しました。この活動の中でアンティー・ファクトリーと出会い、名古屋支社初のフロントエンドエンジニアとなりました。

入社時の将来像を教えてください。

アンティー・ファクトリーに入社したときは余裕がなく、明確に将来像を描くことはできていなかったように思います。

「名古屋初のフロントエンドエンジニア(以降、エンジニア)として採用いただけた。しっかり恩返しをしたい。」という強い思いはありました。この気持ちが、今のポジションに導いてくれたのかもしれません。 現在は、これまでの実績の積み重ねとともに担うべき役割が見えるようになり、それを実現しつつあります。

名古屋支社に入社して良かった点を教えてください。

1. 地元企業の支援を通して感じるやりがいの大きさ ・地元企業(良いプロダクトを持っていてこれから世に出ていくタイミング)の支援をさせていただく機会が多い ・クライアントとの距離が近い(プロデューサーが築き上げた関係性、信頼の結果) ・やりがいが大きい 2. 精度の⾼いユーザー体験をデザインで実現できる ・デザイナーとエンジニアの距離が近く、職能をつなぐ密なコミュニケーションができる ・その結果、リサーチャー、プランナーが描いた精度の⾼いユーザー体験をデザインで実現できる

アンティーグループ全体で良かった点を教えてください。

1. 成長できる環境 ・Webとどう向き合うべきか、人としてどうあるべきか、導いてもらえる ・素晴らしいデザインから生まれる成果物を実績として積み上げることができ、時にはデザイン業界で注目されるという、今までになかった経験ができる ・常に、今持っている力より少し上を目指した案件を任せてくれる(成長のスパイラル) ・当然、いろいろな局面を迎えるが、自力で完遂できるよう、信じて見守ってくれる(信頼) ・重要局面では、アドバイスももらえる 2. 仲間・オフィス ・入社当時、同年代が多く(20代後半から30代前半が多い)、良いことも悪いことも共有し、様々な課題をともに乗り越えることができた ・デスクに加えて、ユーティリティスペース(カフェスペース、和室、キッチン、バーカウンター、ソファなど)があるので、創作活動がしやすい ・ご飯を作ってランチMTG、夕方カフェスペースに集まってアイデアブレスト、煮詰まったのでソファーで仕事などに活用している

テクニカルディレクターとして大切にしていることを教えてください。

プロジェクトの中で、エンジニア(新人・中堅ともに)に経験を積ませることを最も大切にしています。

事業部長としての考えに近づきつつありますが、最終的には、アンティー・ファクトリーのクオリティ向上にもつながると考えています。 ・人として、技術者として、日々ステップアップできる機会をつくり続ける ・他職能とのコミュニケーションを大切にし、クライアントの問題解決、新たな価値創造を仲間と一緒に考える ・デザインに命を吹き込み、付加価値を与えられるエンジニアを目指す ・相談しやすい環境・学びやすい環境づくりに努める