職種で探す 企業・組織で探す 爆速100文字募集 働き者ストーリー

「仕事命、100%のパワーで仕事したい人」から「ワークライフバランスを重視して働きたい人」まで、“仕事に対する考え方”は人それぞれ

辰巳 彩菜|株式会社UZUZ|その他

プロフィール です!!

その他
辰巳 彩菜さん

この人の所属企業・組織

株式会社UZUZ HR・人材

Entertain Your Career.

「UZUZ」という社名には2つの意味がある。 ひとつは感情の疼きを表す「ウズウズ」。 もうひとつは巻き込む渦を表す「うずうず」。 自分たちも、若者も、みんなウズウズして、 その振動が周囲にも伝播していく渦現象。 そんなムーブメントを私たちは起こしたい。

UZUZ入社までの経歴を教えて下さい

ワーキングホリデーはお金がかかる。でもCAになれば、働きながら好きなだけ海外に行ける!

大学3年生時に「語学力をあげること」を目的として、アメリカへの留学を経験しました。留学期間中はとにかく旅行に出かけ、現地の方と交流しまくりました(笑)。 海外生活を終えてからは働きたくない気持ちが強くて。海外の文化にもっと触れてみたいし、ワーキングホリデーに参加しようか……と悩んでいた私を見かねた友人が、「キャビンアテンダント(以下CA)は受けないの?」と言ってくれたんです。その一言で「CAになれば、働きながら好きなだけ海外に行ける!」と気づき、求人に応募してみたところ奇跡的に内定獲得。無事にCAとしてキャリアをスタートさせることができました。

仕事をしながらの海外生活はどうでしたか?

世界にある国の20%を訪問!怒涛の日々だった2年間の海外生活

仕事は想像以上に大変で。規則は当然厳しいですし、日本ではあまり見かけないジャンルの“常識がやばい人”ともたくさん遭遇しました(笑)。 とはいえ、仕事自体は楽しかったんです。搭乗したお客様と仲良くなり現地で遊んだこともあります。約2年間の勤務で、世界にある国の20%は訪れることができました!

刺激的な海外生活から帰国した理由は?

不規則な生活と、拠点であるカタール・ドーハの住環境はとにかく合わなかったんです…

文庫本サイズの小さな窓しかない部屋。少し窓を開けるだけで、室内が砂まみれになるほどの砂嵐。綺麗な空気が吸えない生活は思っていた以上にストレスで、辞める直前の頃は、“うつ病一歩手前”のような状態でした。 限界を迎えた私は「次の仕事は辞めてから考えればいいや!」と、退職を決意。日本に帰国した瞬間は、とっても清々しかったです(笑)。

UZUZ入社の理由とは?

正直、「どんな仕事に向いてるか」「どんな仕事がしたいか」が全然わからなかったんです。

二度目の就活は、迷いに迷いました。 ひとまずUZUZに登録し就活をスタートしたものの、なかなかうまくいかず……。そんな折りに、当時の担当キャリアカウンセラーであった川原から「UZUZで働かないか?」と誘われたんです。 「きっとこのタイミングで声をかけてもらったのは、縁があるからだな」と思った私は、即座に快諾。晴れてキャビンアテンダントからキャリアカウンセラーへ転職することになりました。

キャリアカウンセラーの仕事に挑戦してみていかがでしたか?

キャリアカウンセラーの仕事は、正直めちゃくちゃ難しいです…。

仕事内容が前職とは畑違いで、以前は「お客様を無事に目的地へ送ること」が合格ラインでしたが、今は「ひとりの人生に深く関わっていくこと」が求められます。同時に「売上目標」も追わなければいけないし、これまでとは違う責任の重さを感じる日々です……。 とはいえ、辞めたいとは思いません。第二新卒で転職したのに実績も出さずに辞めたら、どこにいっても通用しないでしょうし。