職種で探す 企業・組織で探す 爆速100文字募集 働き者ストーリー

なんとなく観ていたテレビ番組がきっかけで転職、キャリアサポートにかける想いとは

津金澤 愛|株式会社UZUZ|その他

プロフィール です!!

その他
津金澤 愛さん

この人の所属企業・組織

株式会社UZUZ HR・人材

Entertain Your Career.

「UZUZ」という社名には2つの意味がある。 ひとつは感情の疼きを表す「ウズウズ」。 もうひとつは巻き込む渦を表す「うずうず」。 自分たちも、若者も、みんなウズウズして、 その振動が周囲にも伝播していく渦現象。 そんなムーブメントを私たちは起こしたい。

UZUZ入社までの経歴を教えて下さい

とある出来事がきっかけで気付いた、自分の“市場価値”のなさ

就職するまでの大学時代の3年弱は「アルバイト漬け」の毎日でした。 「行動はできるタイプ」の私が新卒で入社したのは、地元・北海道に本店を構える銀行。銀行に入れば経営者の考えに触れられるし、融資を通じて企業の成長も支えられる。そう思って就職先を選んだところまでは良かったんですが、入社後言い渡された配属先はまさかの地方店。勤務が決まった時の私の落胆たるや、凄まじかったです(笑)。 入行半年後、現状に耐えかねて転職活動を始めたんですが、「現職よりも良い条件の会社がないこと」と「条件を下げて企業を受けても、お見送りになること」に気づき、この時初めて「あ、今の自分って市場価値がないんだ」と実感しました。

モチベーションが下がっている中でも仕事を続けられた秘訣は?

自分自身に力をつけスキルアップするしかない。

確かに地方配属に不満はありましたが、だからといって“市場価値”のない私がこのまま辞めても、どこにも雇ってもらえません。納得いかないのなら、自分自身に力をつけスキルアップするしかない。 そのことを痛感した私は一念発起。「実績づくり」を意識するようになり、最終的には販売実績で本部から表彰されたり、支店で初めて「女性の法人外回り営業」を任せてもらえるようになりました。

転職を決めた理由は?

ある時たまたま、専務の川畑が出演していた「田村淳のBUSINESS BASIC」という番組を観たんです。

川畑が話していた第二新卒や既卒の就活事情は、どれも知らないことばかりで、とても勉強になったことを覚えています。 それと同時に「このまま30歳になってしまったら、次のステップに進めない気がする。自分のような第二新卒がスキルを上げるには“今”しかない!」という気持ちがどんどん大きくなり、思い切って転職することを決意しました。

UZUZ入社の理由とは?

元々番組を観て登録したくらいですし、ホームページからもUZUZには良い印象を持っていたので、UZUZ一本で選考を受け、内定もいただいたんですが……。

実は両親に反対され、一度内定を辞退してるんです。 「このまま働いていれば札幌に転勤できたかもしれないのに、なんで?」「辞めるのはいいけど、もうちょっと自己分析した方がいい」と言われてしまい、私も揺らいでしまって。 でも、改めてちゃんと考えた時「自分の人生なんだから、自分で決めないと絶対後悔する」と思ったんです。両親が“寂しさ”や“心配”からこういった発言をしたことはわかっていましたが、やっぱり「自分が納得できる道を選ぼう」と思い直し、UZUZへの入社を決めました。

UZUZでの仕事は銀行員時代と比べてどうでしたか?

元々「営業力をつけたい!」「スキルを磨きたい!」と思って転職したんですが、やっぱりそう簡単にはいかないですね……。

現在は、求職者の方の就活をサポートする「キャリアカウンセラー」と、企業の採用をサポートする「リクルーティングアドバイザー」を兼任しています。 銀行は「とりあえず会ってみる」と言ってくれるお客様が多くて、電話をかけたうちの半分くらいはアポイントが取れます。でも今は断られるのが当たり前で、商談に繋がる確率は1%前後。 それでも自分の「本当の実力」を知ることができたのはよかったです!銀行勤めのままでは、きっと井の中の蛙で終わってましたから。だから今は、できることを増やそうと絶賛奮闘中です!