line hatena

【これから起業したい人必見】経営者に必要なスキルについてにシンプルに解説!

【これから起業したい人必見】経営者に必要なスキルについてにシンプルに解説!

「経営者に必要なスキルって何だろう?」そう考えている方は必見です。

これから学ぶべきスキルをシンプルに解説していきます。これらのスキルを知っているか、知らないかだけで、将来に大きすぎる差が生まれます。

スキルについて理解しよう

スキルというと、少し抽象度が高いためより嚙み砕いて解説していきます。

ビジネスシーンにおいてのスキルは、主に2つに分かれます。「ハードスキル・ソフトスキル」です。

ハードスキル

ハードスキルとは、評価基準が明確なスキルを指します。

あなたが積極的に学び向上させようとしたスキルであり、ビジネスに活用できるたり、数値化できる特性があるスキルです。具体的には、マーケティング力、ITツール、経済学、データマイニング、会計士などの資格、大学などの学位などが該当します。 

様々なビジネスシーンでは、それぞれの業界特有の技術力が求められます。

例えば、Webデザイナーとして働くことを望んでいるなら、Web制作のソフトやプログラミング言語を習熟している必要がありますし、ウェブデザイン技能検定やWebデザイナー検定などの資格があればなお良いです。

その他のビジネス業界においても、その道に必須の専門知識やスキルを持っていることを、証明する経歴や資格があれば顧客や先方への信頼も増します。

このハードスキルを習得していれば、様々なビジネスシーンで役に立ちます。

ソフトスキル

ソフトスキルは定性的なスキルで、明確な評価の基準が存在しません。

コミュニケーション能力やリーダーシップ、ファシリテーションスキル、問題解決能力など、内面的な性質に根づいたスキルを指します。 

ソフトスキルには、「リーダーシップ・自発性・柔軟性・コミュニケーション力・自己成長能力」などが挙げられます。

・リーダーシップ

ビジネスの全体像を考え、売上を作るために関わる人全てに指示を出すようなリーダーシップです。

これがあれば、メンバー1人1人の能力を引き出しながらビジネスを構築することが可能となります。限られたリソースで結果を出すためにも必要とされる能力です。 

・自発性

自ら最適解を判断して行動することができる能力のことです。

経営者は自分の裁量で全ての経営を進めます。 責任を負いながらも自ら行動できる人材が必要となります。

逆に、自発的に行動できなければ、ビジネスは衰退へと向かっていきます。 

・柔軟性

刻一刻と変化するビジネス業界で柔軟性がなければ、一気に衰退へと導かれてしまいます。 

問題や変化をいち早く察知し、物事を解決していける柔軟性があれば、ビジネスは存続し新たなチャンス生まれてきます。

円滑にビジネスを進めるための必須スキルです。

・コミュニケーション力

先方の話をよく聞き、本質をくみ取ることができる能力、自分のロジカルに分かりやすく伝えることができる能力です。

取引先との打ち合わせ、顧客との電話・メール対応など、幅広いビジネスシーンで必要とされるスキルです。 

・自己成長能力

リスク回避を徹底していたとしても、その過程で問題が起こってしまう場合があります。

そんな時、自己成長能力があれば、今までの経験からどのような動きを取るのが最適か、常に自己成長して事態の解決に向けて迅速に判断を下し、的確な行動をとることができます。 

経営者に必要不可欠な3つのスキル

経営者に必須となる3つのスキル、あなたは心得ていますか?

・明確なビジョンや野心をもち、行動できるスキル

・他者を惹きつけ、動かすコミュニケーションスキル

・論理的なロジカルスキル

これらを心得ていれば、経営者として成功しやすくなります。

明確なビジョンや野心をもち、行動できるスキル

目標達成のためのビジョンを持ち、ビジョンが実現するように行動できるスキルが求められます。

経営者になるには、明確なビジョンを周りに伝えつつ、どのように行動したら売上を最大化できるか、自主的に行動する必要があります。

目標達成に向けて時には、トラブルが起こりますが諦めずに行動していけば、軌道が修正され最終的に目指していたゴールに繋がります。

そのために、ビジョン実現のために綿密な戦術を立て、リスクを徹底しながら改善していき、確実に結果を出すために行動していきます。

「明確なビジョンがなくて行動できません!」という方は、成功している人のビジネスモデルを研究しましょう。
そうすると、抽象的なビジョンが明確になり、自然と行動できるようになっていきます。ビジョンが見つかっても行動しなければ意味はありません。

他者を惹きつけ、動かすコミュニケーションスキル

ビジネスは、人と人とのやり取りの中で生まれて進んでいきます。

他社を惹きつけ人を動かすコミュニケーションスキルは、ビジネスシーンを動かすことに匹敵します。このコミュニケーションスキルは、磨いていけば自分自身が商品になることもできます。

コミュニケーションスキルを分解していくと、取引先や顧客を増やすことができる、人を巻き込む力。大きな結果を生み出す、影響力。利益を生み出してWin-Winな関係を築く、交渉力。人やビジネスを動かす、説得力。新しいビジネスが始まる、提案力。など、総合的なスキルを指します。

コミュニケーションスキルは、場数をこなして伸ばしていく事が1番の近道です。

その時に意識すべきものが、「人を巻き込む力、影響力、交渉力、説得力、提案力」です。本質を捉えながらスキルを高めていきましょう。

論理的なロジカルスキル

物事を論理的に考え、体系立てられた戦略が立てられるようになります。

全体像が把握しやすく、顧客や取引先にも分かりやすく伝えられるようになります。そして、ゴールから逆算した動きも取れるようになり、途中でトラブルが起きそうになっても、事前に回避することができるのです。

ロジカルスキルを高めるためには、言葉を具体的にする、思考の癖を改善する、本質を見抜く、根拠の骨組みを作る、これらを意識的に取組んでいれば、ロジカルスキルは必然的に高まっていきます。

ロジカルスキルが高まると、合理的思考を併せ持つことができます。

「何が重要で何が重要ではないのか」を見分けるために必要な能力で、瞬時に最適解の行動を取ることができます。

経営者になるには、必須となるスキルの1つです。

自分の現状を把握してスキルアップしていこう

まずはあなたが今どのステージにいるのか、現状を把握しておく必要があります。

金持ち父さん、貧乏父さんで有名なロバート・キヨサキさんはこのように提唱しています。

1:雇われる側のステージ(サラリーマンなど)

2:個人事業主(個人で活躍している人)

3:ビジネスオーナー

4:投資家

起業家は3番に位置しています。

今の現状を受け入れつつ諦めずにステップアップしていきましょう。そして、起業家になったあとも投資家のステージを目指して精進していきましょう。

もし、「何からやれば良いか分かりません…」と思っているのなら、その不安をかき消すくらい行動するしか選択肢はありません。
インターネットでビジネスモデルについて調べてみたり、アイデアを考えたり、自分の商品を作る方法を調べたり、行動できることはいくらでもあります。

現状の不満に嘆くのではなく、毎日一歩一歩、進んでいくことが重要になります。ここまで読んでいる意欲的なあなたなら大丈夫です。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【これから起業したい人必見】経営者に必要なスキルについてにシンプルに解説!

【これから起業したい人必見】経営者に必要なスキルについてにシンプルに解説!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【これから起業したい人必見】経営者に必要なスキルについてにシンプルに解説!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事