line hatena

【3分でわかる】テレワークで勤怠管理をするならこの記事をみればもう安心

【3分でわかる】テレワークで勤怠管理をするならこの記事をみればもう安心

テレワーク中の勤怠管理、どのようにしていますか?

テレワーク中だと周りに人がいないので、「残業・休日出勤」をしてしまう人が多くなりがちです。

そうならないためにも、テレワーク中の勤怠管理は重要になります。

テレワークとは


テレワークは、「情報通信技術を駆使してオフィス外の特定の場所で働く勤務形態」として定義付けられています。

よく耳にするリモートワークは、「オフィス以外で働くこと」という意味として使われています。

2020年から流行した新型コロナウイルス感染症拡大にともない、人と接触しないテレワーク制度を導入する企業が増加しました。

今後もIT技術の発展によりオンライン化の動きは加速していきます。そのために、勤怠管理を徹底していきましょう。

勤怠管理をする目的


勤怠管理をする目的としては、「社員を守るため」です。

・勤怠の把握
・正確な賃金支払いため
・労働環境を整えるため
・有給管理、休暇管理等を正確に管理するため

となります。会社が働いている社員を守るために、必須となるのが勤怠管理なのです。

勤怠管理がされていないと、企業はどのくらい働いているのか分からなくなってしまいます。

そのような状態になると、労働環境がヒドイことになり社員のストレスは大きくなってしまいます。

テレワークの問題点は従業員管理が難しい


テレワーク中の1番の問題点は、「管理」にあります。

誰も見ていない環境になってしまうので、時にはサボってしまう人も出てくるかもしれません。

また、一方で残業が多くなってしまう恐れがあります。

テレワーク中では、労働過程が見えないため「成果」が中心に評価されます。

つまり、どれだけ働いたとしても、成果が出なければサボっていると見られてしまうのです。

このような問題が起こるため従業員管理は難しいと言われています。

勤怠管理のポイントは


では、どのようにして勤怠管理を適切に行うのか?そのポイントは主に2つあります。

①ルールをまずは決めて遵守させる

②コミュニケーションをきちんと取る

という点になります。

この2つを守っていれば勤怠管理を適切に行うことができます。

ルールをまずは決めて遵守させる


出勤時に、「今日のタスクと労働時間」を共有したりルールを決めて遵守させます。

残業は基本的にせず、やむ終えない場合はMAX何時間などを決めておきましょう。

また、就業前にはその日のタスクと時間を記載しておくと、適切な勤怠管理をすることができます。

コミュニケーションはきちんと取る


ChatWorkなどのコミュニケーションツールを利用しましょう。

分からないことをスグに聞いたり、進捗状況を聞くことで仕事を円滑に進めることができます。

チーム毎にチャットグループを作成することで、誰がどんな仕事をしているのか同時に見ることができます。

また、わざわざメールなどでファイルを送信する必要がないため、直接チャット上にファイルや写真、動画を送信することができます。

Googleドキュメントなどを同時に活用することで、さらにコミュニケーションを円滑に進めることができます。

おすすめの出勤管理ツール


出勤管理ツールのオススメ3選をお伝えします。

①ジョブカン

②freee

③TeamSpirit

この3つさえ抑えていれば、出勤管理ツールに迷うことはなくなります。

ジョブカン


ジョブカンは、勤務状況をリアルタイムで把握することができる出勤管理ツールになります。

勤怠打刻の方法も様々あり、パソコンからはもちろんLINEやICカードなどで把握することができます。

また、休暇管理がラクなのもメリットの1つです。

出勤管理などに基づいて休暇管理をすることができます。

社員が休暇申請をするときは、どうしても言いづらいという状況になってしまいます。

しかし、ジョブカンではオンライン上で申請できるので、合わなくても大丈夫です。

freee


freeeは、様々な打刻方法を使ってワンクリックで出勤管理ができるツールになります。

有給休暇の取得を促すようなアラート機能も付いています。

給与管理ツールと連携することで、正確な給料計算を行うことができます。

また、社員だけでなく会社側にもメリットがあります。

社員はもちろん会社側も残業時間や有給を確認することができたり、給料計算を自動で行ってくれるので効率化しながらミスを減らすことができます。

TeamSpirit


TeamSpiritは、「働く人たちに負担が掛からないようにする」というビジョンを掲げています。

そのため、労働環境をグラフ化して可視化できるため、一目で社員の環境がわかります。

また、そのグラフと成果を照らし合わせることで、評価を適切に行うことができます。

出勤管理はツールを活用しよう


テレワーク中、社員の労働環境を守るためにも出勤管理ツールを上手く活用しましょう。

社員側にも、会社側にもメリットがあります。

ぜひ、出勤管理ツールを利用して、効率化アップを目指しましょう!

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【3分でわかる】テレワークで勤怠管理をするならこの記事をみればもう安心

【3分でわかる】テレワークで勤怠管理をするならこの記事をみればもう安心

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【3分でわかる】テレワークで勤怠管理をするならこの記事をみればもう安心
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事