line hatena

働き方の多様化にどう対応する?企業のこれからの課題とは

働き方の多様化にどう対応する?企業のこれからの課題とは

コロナウィルスによってオンライン化が進み、働き方も多様化する時代となりました。

企業では、副業を解禁したり、早期退職を募ったり、様々な働き方が台頭してきました。

本日は、そんな令和時代の働き方について深掘りしていきたいと思います。

働き方の多様化とは

近年、テレワークを導入したり、時差通勤を導入したり、短時間勤務制度を導入したりと、働き方が多様化しているという現実があります。

時間・場所・雇用形態などの縛りが以前よりも緩やかになってきています。

しかし、そんな働き方の多様化はメリットだけでなく、デメリットもありました。

働き方の多様化のデメリットとは

働き方が多様化することで起こるデメリットとしては、2つ挙げられます。

「➀上層部の負担が増加する恐れ②突発的な業務が請け負えなくなる恐れ」です。

上層部の負担が増加する恐れ

新しい制度を取り入れる場合、今までの体制を変える必要があります。

そのため、一時的に上層部の人の業務量が増えてしまうことがあります。

新制度を導入してチームの進捗が遅れた場合もプロジェクトを遂行させるために人一倍動かなければいけません。

また、部下の労働時間や休暇を把握しにくくなってしまうので注意する必要があります。

突発的な業務が請け負えなくなる恐れ

どのくらい出勤しているのか、どの日程に出勤しているのか、把握が難しくなるため、突発的な業務を請け負いにくくなります。

通常、週5日定時で働いている環境があれば、進捗の目途が立てられます。

しかし、多様化した働き方を導入することで、今までの業務が難しくなる恐れがあります。

働き方の多様化のメリットとは

働き方の多様化によって恩恵を受けるメリットは、主に4つ挙げられます。

「➀ランニングコストの削減②優秀な人材の確保③生産性のレベルアップ④ブランディング」です。

ランニングコストの削減

企業のランニングコストは、「オフィス家賃の削減、通勤手当の削減」が主に上げられます。

月に数十万円〜数百万円以上かかることもありますが、オフィスコストを削減することができれば、それだけでもプラスになります。

また、社員の通勤手当も削減できるので大きなメリットがあります。

その結果、削減されたコストが社員の給料に反映できるようにもなるでしょう。

個人としては、「通勤時間の削減、タスクの削減」が主に上げられます。

毎日往復、1時間かかるとすると、それだけでも十分なメリットが生まれます。

それに加えて、タスクが視覚化されるので、無理な仕事が振られなくなりタスク削減に繋がります。

優秀な人材の確保

都心に優秀な人材が集まっている、というイメージがあると思いますが地方にもかなりいます。

優秀な人材はリモートワークでも働けることを知っているので、地方に住んで生活費を下げ、幸福度の高い生活を送っている人がたくさんいます。

そのような優秀な人材にアプローチできるのも、リモートワークなどの多様化な働き方を導入する魅力の1つです。

生産性の向レベルアップ

テレワーク・リモートワークなどの多様化した働き方を導入すると、「成果物」によって進捗や成果が判断されるので生産性の向上につながります。

企業としては、より能力のある人を見極められるようになりますし、個人としては成果を上げるために今まで以上に精進することになるからです。

生産性を向上させるため、

・オンライン会議ツール

・チャットツール

・PC利用状況が確認できるツール

・進捗や各タスクの管理ツール

など、様々なツールを駆使して、生産性を向上するよう努めています。

ブランディング

多様な働き方を導入することで、採用時などのブランディングにも繋がります。

1日8時間、週5回の出勤という古い概念に縛られない企業だというブランディングができれば、若手の採用も今まで以上に改善されるでしょう。

また、介護をしている方や妊婦の方などのニーズも多く、雇用形態によって止む無く仕事ができない方なども採用ができるキッカケになります。

そのため、ブランディングという観点からも多様化した働き方を導入することは大きなメリットになります。

ライフワークバランスを意識して働き方の多様化に取り組もう

ライフワークバランスとは、仕事と生活のバランスが良好にとれた状態のことを指します。

人生は仕事をするのではなく、幸せな人生を送ることが目的です。

しかし、プライベートを充実させるためには、ある程度のお金が必要です。

仕事×プライベート。

これらを両立させるために、仕事の比重を考え直す必要があるのです。

仕事だけでは楽しい人生を送れません。

しかし、プライベートだけ楽しむとお金が無くなってしまいます。

そのため、多様な働き方を考えて、ライフワークバランスを整えましょう!

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
働き方の多様化にどう対応する?企業のこれからの課題とは

働き方の多様化にどう対応する?企業のこれからの課題とは

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 働き方の多様化にどう対応する?企業のこれからの課題とは
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事