line hatena

ダブルワークがきついんです。うまく掛け持ちするコツを伝授します

ダブルワークがきついんです。うまく掛け持ちするコツを伝授します

不況が続く昨今、ダブルワークに興味を持つ方・ダブルワークを推奨する企業は増えています。

2つの仕事を掛け持ちするダブルワークは、収入に余裕ができ好きなことに使えるお金が増えたり、老後の不安に備えられたりとさまざまな魅力があります。

しかし、ダブルワークを選ぶと単純に労働時間も増え、精神的・体力的な辛さを味わうことにもなってしまうでしょう。

もしダブルワークが原因で体を壊して仕事ができなくなっては元も子もありません。

そこで本日は、ダブルワークをする上で知っておきたいこと・継続するコツについて解説します。

ダブルワークで体を壊す前に知っておきたいこと

ダブルワークは金銭的に余裕のある生活を続けていく上で非常に大きなメリットがあります。

しかし、ダブルワークがきつくて体を壊してしまっては意味がないため、弊害が出る前に上手くダブルワークと向き合っていくことが大切です。

ここではダブルワークを続けていく上で知っておきたいことをまとめます。

休日を確保していく

いくら仕事が好きな人でも、休日がなく働き詰めでは体を壊してしまいます。

そこで、体が元気な時こそちゃんと休日を確保することで、心身を休める余裕を作りましょう。

例えば完全週休2日制の仕事の場合、土日は休日ですが、土日をすべて副業に費やしてしまうと、休む時間がありません。

そこで、日曜日は必ず休むなど休日を作ることで、体調管理はもちろん心の余裕を作る時間も確保しましょう。

特に気をつけたいのが、昼の仕事と夜の仕事の掛け持ちです。

「昼も夜も仕事」という日が何日も続くと、睡眠時間が極端に削られ体調を壊すのはもちろん、どちらの仕事にも集中できず評価を落としてしまいかねません。

そこで、睡眠時間を過度に削ってしまわないよう気を付けながら仕事をすることも、ダブルワークにおいて大切なことです。

自分に合った仕事を選ぶ

ダブルワークをすれば、ほかの人よりも休日が大きく削られます。

いくらお金のためとはいえ、ずっと働き詰めでは気が滅入ってしまい、精神的にきついと感じてしまうでしょう。

そこで、ダブルワークのうち1つは自分に合っていることを前提に仕事を選ぶことも大切です。

例えば好きなことを文章に起こし紹介できるライター業や、人と接するのが好きな場合は接客業を選ぶのも良いでしょう。

また本業がデスクワーク中心の場合、副業では体を動かす仕事を選ぶなど、全く異なる業種を選ぶのも気分転換になります。

このように、自分の好きなことを仕事にすることでストレス発散したり、もう片方の仕事の

気分転換となるような仕事を選ぶことも、きついダブルワークを解消するポイントです。

時間の使い方を考える

ダブルワークではそれぞれの仕事に支障が出ないように続けていくことが大前提です。

そこで、各仕事に支障が出ないようスケジュール管理を徹底し、時間の使い方をよく考えましょう。

例えばなるべくまとまった休みを作ろうと思って、昼に正社員の仕事、夕方からすぐにアルバイトとタイトなスケジュールを組んでしまうと、思わぬ残業でアルバイトに遅刻してしまう可能性もあります。

そうなればアルバイト先に迷惑を掛けてしまうため、余裕を持ったスケジュール設計や時間の使い方はよく考えておかなくてはいけません。

ダブルワークを上手く続けていくコツ

ダブルワークを上手く続けていくには「すぐにたくさん稼ごう」とたくさん働くのではなく、長く掛け持ちを続けられるよう意識することが大きなポイントです。

ここでは、ダブルワークを続けていくためのコツについて伝授します。

今の仕事に支障がない業務量からスタートする

ダブルワークを始める場合、ほとんどの場合は今続けている本業にプラスする形で始めることになるでしょう。

特に本業が正社員など業務時間がきっかり決まっている場合は、副業では稼働日数を少なくし、無理なく続けられる範囲でスタートすることが大切です。

例えば、週5日稼働する本業に加え、まずは週1〜2日の副業をスタートするなど。

その短時間の副業で余裕があると感じたら、少しずつ副業の時間や日程を増やし、続けやすい日程を意識してダブルワークを継続しましょう。

1つは自由に労働時間を定められる仕事を選ぶのもおすすめ

仕事というと、まず正社員やアルバイトを思い浮かべる方もいるかもしれません。

しかし、中にはフリーランスとして在宅でできる仕事など、明確なシフト・労働時間が決められていない仕事もあります。

そこで、スケジュールに余裕を持って動きたい場合は、働いた分だけ稼げる在宅ワークに挑戦するのも良いでしょう。

在宅ワークの中にはデータ入力やライターなど、さまざまな業務があります。

これら在宅ワークは自宅ではもちろん、気分転換にカフェやコワーキングスペースを利用して続けることも可能です。

より自由で余裕のある生活を送る上で、自由な働き方ができる仕事を副業に選んで掛け持ちすることも検討してみてください。

それでもダブルワークを選択するなら働き方を変えてみましょう

ダブルワークは金銭面に余裕ができるという点では非常にメリットのあることですが、心身ともにきついことも事実です。

そこで、ダブルワークを選択するなら働き方を上手く工夫しましょう。

工夫の方法やコツについてまとめます。

・休日を作り無理のない範囲で働く
・スケジュール管理を徹底して掛け持ちする
・一方の仕事の気分転換となるような仕事を選ぶ
・自由な働き方のできる副業を選ぶのもおすすめ

ダブルワークを始めると、仕事の時間や仕事について考えることが何倍にも膨れ上がります。

だからこそ、ときには自分を労わりながら上手く仕事に向き合っていくことが大切です。

元々はお金の余裕、ひいては心の余裕を持たせるためのダブルワークで、過度にきつい思いをしてしまっては余裕は損なわれてしまいます。

バランスの取れたダブルワークを続けていくことで、より豊かで満足感のある生活を目指しましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
ダブルワークがきついんです。うまく掛け持ちするコツを伝授します

ダブルワークがきついんです。うまく掛け持ちするコツを伝授します

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. ダブルワークがきついんです。うまく掛け持ちするコツを伝授します
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事