line hatena

【不滅の職種】Webデザイナーには誰でもなれるの?気になる点を深堀りします。

【不滅の職種】Webデザイナーには誰でもなれるの?気になる点を深堀りします。

「Webデザイナーにはどうやってなるの?」と疑問に思っている人はいませんか。

インターネットが普及した現代社会では、Webデザイナーは欠かせない職種の一つです。

今後も仕事の需要が見込めるWebデザイナーになりたいと考える人も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、Webデザイナーになる方法について解説します。

Webデザイナーに興味がある人はぜひ参考にしてください。

Webデザイナーの仕事内容は?

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを行う業務のことです。

Webサイトのページ構成やレイアウトなどを考えて、ユーザーが見やすいWebサイトを制作します。

企業や組織だけでなく、個人でもWebサイトを運営する人が増えており、Webデザイナーの需要は高いです。

まずは、Webデザイナーの仕事内容について紹介します。

クライアントから要望をヒアリングする

Webサイトを制作する前に、クライアントの要件をヒアリングします。

クライアントとの打ち合わせにはデザイナーだけでなく、ディレクターや営業担当などが同行する場合が多いです。

クライアントから要望をヒアリングした上で、企画書にまとめます。

ワイヤーフレームを作成する

ワイヤーフレームとは、Webサイトのページ構成などを決める設計図のことです。

サイト全体の構成やコンテンツの配置などを決めていきます。

Webサイトのトップページや各カテゴリーのトップページに関しては、複数のデザイン案を作成しクライアントにチェックしてもらいます。

デザインの制作

ワイヤーフレームが決まったら、Webサイトのデザインを制作します。

Photoshopなどのグラフィックソフトを使い、Webサイトのデザインを作成していきます。

Webサイトのコンセプトに合う写真や使用するフォントなどの選定した上で、全体のサイトデザインを作り上げていきます。

コーディングをする

Webサイトのデザインを制作したら、コーディング作業を行います。

HTMLやCSSを記述してWebサイトを作り上げていきます。

コーディング作業はWebデザイナーではなく、コーディング専門のコーダーが担当することが一般的です。

しかし規模が小さい企業の場合は、Webデザインとコーディングを1人で行うことも少なくありません。

最終テストを行う

Webサイトの作成が終わったら、最後にテストを実施します。

リンクに正常にアクセスできるか、Webサイト上に誤字脱字がないかなど、細かい部分までチェックします。

会員登録機能などWebサイトに機能を実装する場合は、その機能が正常に使えるかも確認します。

また機能面だけでなく、Webサイトのユーザビリティに関するテストを行う場合もあります。

制作に関わっていない第三者にWebサイトを見てもらい、使いやすいサイトか確認してもらうのです。

Webデザイナーに必要なスキル

ここからは、Webデザイナーに必要なスキルについて解説します。

グラフィックソフトのスキル

Webデザイナーになるには、グラフィックソフトのスキルが必要です。

画像を加工するPhotoshop、ロゴやイラストを作成するIllustratorなど、デザイナーが使用するメジャーなソフトは一通り使えるようになりましょう。

コーディングの知識やスキル

Webデザイナーにはコーディングの知識やスキルも必要です。

職場環境やプロジェクトの内容によっては、自分でコーディングを行わなければいけない場合もあります。

コーディングのスキルがあれば仕事の幅が広がるので、就職や転職でも有利になります。

デザインに関する知識

Webデザイナーになるには、デザインに関する基礎知識を身につける必要があります。

目的やテーマに合ったWebサイトをデザインできるようになるために、レイアウトや配色などについて学びましょう。

またサイトデザインにも流行りがあるので、最新トレンドの情報を常にキャッチアップすることも大切です。

コミュニケーションスキル

Webデザイナーにはコミュニケーションスキルも求められます。

Webサイトを制作する際、まずはクライアントの要望をヒアリングすることから始めます。

クライアントやデザイナーの要望を正確に汲み取らないと、相手が満足するデザインは作れません。

Webサイト制作に精通していないクライアントも多いので、相手に分かりやすく伝える力も求められるでしょう。

Webデザイナーにはどうやってなる?

では、Webデザイナーはどうやってなるのでしょうか。

Webデザインスクールや専門学校で学ぶ

Webデザイナーを目指すためには、Webデザインスクールや専門学校で学ぶ方法があります。

スクールによって学習期間は異なり、3ヶ月程度の短期集中型から1年以上学ぶスクールまでさまざまです。

学習したい内容や希望する学習ペースなどに応じて、自分に合うWebデザインスクールを選びましょう。

Webデザインスクールで学ぶメリットは講師に直接質問したり相談できることです。

プロの視点からアドバイスを受けることができれば、自分が制作したWebサイトに関してフィードバックをもらえます。

また就職や転職支援サービスを利用できるスクールがあるのも魅力です。

Webデザインのオンラインスクールで学ぶ

Webデザイン関連のオンラインスクールで学習し、スキルを身につける方法もあります。

オンラインスクールのメリットは、自分の好きな時間に学習を進められることです。

隙間時間を活用して勉強できるので社会人におすすめ。

講師と直接会うことはできないものの、メールやチャットなどオンライン上のコミュニケーションツールを活用できるところも少なくありません。

オンラインスクールでも転職サポートを受けられるところがあるので、転職に関する相談もできるかもしれません。

未経験可の職場を探す

未経験可の求人に応募して現場で経験を学ぶ方法もあります。

実際のWebサイト制作現場でスキルを磨きながら、経験を積むことが可能です。

ただ、未経験者が求人に応募できるWebデザイナーの仕事を見つけるのは簡単ではありません。

未経験で求人を応募する場合は、デザインスクールで学んだ経験やWebデザイン関連の資格を取得していると有利になる可能性があります。

独学で勉強する

独学でWebデザイナーを目指すことも可能です。

専門書籍や動画教材などを活用し、不明点があればインターネットで検索しながら勉強します。

独学のメリットは学習費用を安く抑えられることです。

YouTube動画などがたくさん投稿されているため、自分でデザインスキルを学べます。

ただし、教えてくれる人がいないとフィードバックを受けられないので、正しいスキルなのか判断できないというデメリットもあります。

また自分1人で学習を進めていくため、自己管理力がないと途中で断念してしまいます。

Webデザイナーを目指してみませんか?

Webデザイナーは必要な知識やスキルを学習すれば、未経験からでも目指せる職種です。

Webデザイナーになりたいなら、まずはデザインやプログラミングスキルを習得するところから始めましょう。

基本的なスキルや知識を身につければ、Webデザイナーの仕事にチャレンジできる機会はあります。

Webデザインに興味がある人は、Webデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【不滅の職種】Webデザイナーには誰でもなれるの?気になる点を深堀りします。

【不滅の職種】Webデザイナーには誰でもなれるの?気になる点を深堀りします。

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. 【不滅の職種】Webデザイナーには誰でもなれるの?気になる点を深堀りします。
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る