line hatena

【 最強かつ最高 】エンジニアとはどんな職業なの?どうすればなれるかを知りたいならまず最初に見るべき記事!

【 最強かつ最高 】エンジニアとはどんな職業なの?どうすればなれるかを知りたいならまず最初に見るべき記事!

求人で見かけることが多いエンジニアとは、どのような仕事をして、どんな資格や知識が必要なのでしょうか。

フリーランスで働く人も多いエンジニアは様々な分野で活躍しており、どこで働くかによって必要とされるスキルが異なります。

こちらでは、エンジニアの業務内容やエンジニアになるための方法などについて見ていきます。

エンジニアとは?

エンジニアとは、工学に関する専門知識やスキルを有する技術者です。

業務内容は勤務先や役割で大幅に異なり、担当する業務や技術内容によって名称も変化します。

例えば、コンピューターシステムの開発で企画から設計、開発、テストまで一連の流れに関わる場合はシステムエンジニア、設計書をもとにプログラミングを行う場合はプログラマー、サーバーの構築やネットワーク管理を行う場合はインフラエンジニア、IoT製品の開発に関わる場合はIoTエンジニアといいます。

また、エンジニアの役割は単なるプログラミングだけでなく、研究開発や企画、プロジェクト管理、開発、運用保守やサポートなど非常に多彩です。

一般的に、エンジニアは自分が得意とする分野で働きますが、その中でも多くの業務に関われるだけのスキルがあれば役職のつく立場になります。

エンジニアに必要なスキル

エンジニアは専門性の高い職業ですので、多くのスキルが必要です。

自分が従事する職種によって使用する言語や必要とされる知識は異なりますが、共通して求められるのは以下のスキルです。

技術的なスキル

開発する際に使用する言語を扱えるのは必須事項ですが、インフラエンジニアならばサーバーやネットワークに関する知識、データサイエンティストならば数学や統計学に関する知識、ソフトウェアエンジニアならば開発環境に関する知識など、従事する業務に特化した専門知識が求められます。

マネジメント能力

エンジニアは通常、チームで開発を行います。メンバーそれぞれに役割があり、納期に間に合わせるためにスケジュール管理をしながら作業を進める必要がありますが、役割分担が適切でなかったり、作業が遅れたりすれば間に合わなくなる可能性があります。

そのため、自分の役割を把握して周囲と足並みをそろえて作業を進められるマネジメント能力は必要不可欠です。

特にシステムエンジニアのようにチーム全体を管理する立場になったときは、進捗状況を把握して、状況に応じて適切な指示が出せなければなりません。

コミュニケーション能力

エンジニアはあまり人と関わらない仕事と思われがちですが、実際にはコミュニケーション能力が求められる職業です。

チーム内の作業を円滑に進めるためにはこまめにコミュニケーションをとって情報を共有しなければなりませんし、クライアントに提案や交渉をする際にも、専門的な内容を分かりやすく伝えたり、クライアントから同意を得られるような説明をしたりする必要があります。

向学心

エンジニアがかかわる仕事は、技術の発展が目覚ましいものばかりです。

そのため、エンジニアとして働くようになってからも最新の情報をチェックする必要がありますし、より幅広い業務に携われるようにエンジニアとしての知識やスキルを吸収していかなければなりません。

このような情報収集能力や向学心がある人は、エンジニアとしてどんどん成長していけるでしょう。

エンジニアになるには

専門職ということもあり、エンジニアになるのはハードルが高いと感じる人も少なくありません。

しかし、エンジニアは様々な業界で必要とされており、人材不足の状況です。

そのため、文系出身のエンジニアもいますし、未経験からエンジニアになったという人も少なくありません。

では、エンジニアになるにはどのように準備すればよいのでしょうか。

最初にすべきは、どんなエンジニアになりたいか目標を絞り込んでから学習することです。

具体的に決める必要はありませんが、ネットワークの開発に興味がある、ゲーム作りに参加したいなど、興味を持てそうな分野を決めておくと、何を学ぶべきか調べやすくなります。

求人サイトを見ればクライアントが必要とする知識やスキルが記載されていますので、そちらを中心に学習するのも良いでしょう。

エンジニアに必要なスキルを身につけたら、次は実績作りです。

エンジニアの求人では、未経験者OKのところもありますが、件数は非常に少なくなっています。

案件紹介のあるプログラミングスクールで仕事を受けたり、エンジニア向けの資格を取得したり、未経験者向けの仕事を受けたりして実績を作っておけば、本格的にエンジニアとして働く際にクライアントからの評価も高くなるでしょう。

エンジニアとして働けるレベルに成長したら、会社勤務か独立するかを決めなければなりません。

ただし、フリーランスは即戦力として求められることが多いため、会社勤務で実績を積んでから独立するという流れが一般的です。会社勤務の場合、収入が安定して福利厚生が充実しているといったメリットが得られます。

一方、フリーランスとして独立した場合には自分で仕事を見つけなければならず収入も不安定ですが、働き方が自由で仕事内容によっては会社勤務より高収入になるというメリットがあります。

勤務先や募集案件を探す場合は、エンジニアを対象とした求人サイトや転職エージェントで自分に合った仕事を探したり、担当者に相談したりするのも良いでしょう。

エンジニアのメリット

エンジニアになると、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

まず、技術職なので自分が学んだ知識やスキルを活かして働くことができ、やりがいを感じられます。

また、自分がかかわったシステムやサイト、ゲーム、家電などが形になっていく様子を見ることができるのも、エンジニアという仕事の魅力と言えるでしょう。

加えて、エンジニアは仕事を完成させるたびに自分の実績に反映されます。

目に見える成果が得られやすいというのは、転職や独立の際にも有利です。

働き方に関してのメリットもあります。

エンジニアは納期を守れば比較的自由に働けるため、プライベートを充実させたいという人にぴったりです。

また、優秀なエンジニアは常に需要があるため、手に職を持たない仕事と比べて転職や案件の獲得がしやすいです。

フリーランス向けの依頼も多く、仕入れや在庫の必要がないため、独立する際のリスクが少ない点も大きなメリットでしょう。

自己研鑽と実績が大切

このように、エンジニアは専門知識や実績を必要とされることが多い職業ですが、学歴や資格が必須ではありませんので、努力次第で仕事を得ることは可能です。

エンジニアが活躍する業種は幅広く、使用される言語や技術の変化がスピーディーなため、エンジニアとして働くようになってからも実績と学びを積み重ねていきましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【 最強かつ最高 】エンジニアとはどんな職業なの?どうすればなれるかを知りたいならまず最初に見るべき記事!

【 最強かつ最高 】エンジニアとはどんな職業なの?どうすればなれるかを知りたいならまず最初に見るべき記事!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. 【 最強かつ最高 】エンジニアとはどんな職業なの?どうすればなれるかを知りたいならまず最初に見るべき記事!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る