line hatena

【安定したい人必見】エンジニアが不足している今が最高のチャンスです!

【安定したい人必見】エンジニアが不足している今が最高のチャンスです!

「エンジニア」という仕事はここ数十年で一気に浸透した職業です。

インターネットが急激に普及している昨今、その技術の進化もめざましく、それに伴いエンジニアの採用や業務委託を考える企業も増えてきています。

つまり、今エンジニアは社会に非常に求められている職業で幅広い業種から引っ張りだこ。手に職を付けて安定した生活を送りたい方に非常におすすめしたい職業です。

一方で、現在のビジネス社会ではエンジニアが不足しており、今後もその需要の高まりに合わせエンジニアの不足度合いは加速していくと予測されています。

本日は、エンジニア人口が不足している昨今の事情とともに、エンジニアという仕事そのものの種類や特徴についてご覧ください。

エンジニアが不足しているのは本当なのか?

結論としてエンジニア人口は不足しており、今後も不足の傾向は続いていくと予想されています。

これは政府試算によるもので、現在のエンジニア人口の増加傾向に対して、エンジニアという仕事の需要は急激に高まりを見せています。そして2030年には約79万人ものエンジニア不足が出るとの結論にも至っており、今後もエンジニアは各業界・企業から引く手数多となっていくでしょう。

なぜ不足するのか?

エンジニアは言わば技術職です。

簡単に仕事内容に触れると「電子機器や機械に組み込むプログラムを構築すること」で、プログラミングの知識や技術が必要とされます。

この技術は近年でこそ子どもでも学べる環境が整いつつあります。

しかし現代の社会人だけに焦点を絞れば、大学や専門学校でプログラミングやネットワーク技術について学んだ方が中心で、需要に対して「エンジニアになるまで」の道は非常に狭き門です。

そのためIT企業の中には専門の学部・学校を出た人材だけでは足りず、新卒を採用しゼロからプログラミング技術を育成するところも少なくありません。

対して「エンジニア=ハードワーク」というイメージも根強く、教育を見越して未経験可としても、求人に対して人があまり集まらない場合が少なくありません。

次世代の教育に力を入れたとしても、少子高齢化が進んでいる現代では需要を満たせるほどの人材の増員はあまり現実的ではなく、慢性的なエンジニア不足は今後も続いていくことが予測されます。

急速な売り手市場で需要は引き続き増える

エンジニアが求められる業種は今や多岐にわたり、IT企業だけでなく他業種の企業もエンジニアを求めるようになりました。広告やデータ管理、解析など、これらの技術のほとんどが電子化し、多くの企業では紙の資料ではなくパソコンやタブレット端末を携えて仕事をすることが当たり前です。

これら電子機器に組み込むソフトウェアやネットワークシステムはエンジニアが制作したもの。

今後も電子化の波に乗ってエンジニアの需要は増えていくことが予測されます。

エンジニアが不足すると予想される分野

特にエンジニアが不足すると予想されている分野には、以下のような業種が挙げられます。

・ネットワークやクラウド技術などネットインフラに関わるエンジニア
・スマホやタブレットで利用するアプリケーションに関わるエンジニア
・AI・人工知能開発に関わるエンジニア

近年では人工知能やスマホを使ったアプリ利用も、身近なものとなってきましたが、これらの技術は需要が高まる一方でエンジニア人口が特に少ないことも事実です。

IT部門の知識は急速に進化が続いている一方で最新の技術を実用・開発できる人材はエンジニアの中でもごく限られています。そのためこれらの分野を中心に学んでいけば、よりエンジニアとしての市場価値は高まっていくでしょう。

各企業のエンジニア不足に対する対策は?

エンジニアは完全な売り手市場のため、普通に求人を掛けても人が集まらない、というのが企業視点からの悩みどころです。そこで各企業は、エンジニア不足を補うために以下のような対策を行なっています。

・待遇や労働環境の改善を目指しより魅力的な働き口を目指す
・採用年齢を引き上げることでより採用枠を広げている
・未経験も可として社内でのエンジニアとして教育していく

エンジニアの種類

ひと言でエンジニアと言っても、その技術・分野は多岐にわたり、さまざまな種類が存在します。

ここではエンジニアの種類の中でも特に多くの方が活躍している6種類をご覧ください。

ソフトウェアエンジニア

その名の通り電子機器に組み込むソフトウェアを開発するエンジニアです。例えばPCで使用するソフトウェアや機械を制御するためプログラムを開発する仕事が挙げられます。日常生活の中では家電を操作・制御するためのプログラムも、ソフトウェアエンジニアが担っています。

アプリエンジニア

アプリエンジニアはスマホやタブレット端末、業務用機器などに組み込むアプリケーションを開発する仕事です。スマホアプリなどがわかりやすいところですが、飲食チェーン店のデータ管理アプリなども、アプリエンジニアが開発しています。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、ネットワークやクラウドを通して使用するソフトウェアなどを開発する仕事です。インターネットに接続し他のデータにアクセス・共有できるため、社内のデータ管理共有ソフトを開発したり、インターネットを通して利用できるBtoCサービスの開発を行なっています。

また、ネットワークは多くの方がアクセスできることが前提のため、ソフトそのものの開発だけでなくセキュリティ管理や保守もインフラエンジニアの仕事の1つです。

Webエンジニア

Webエンジニアは主にWebサイトやWebから利用できるアプリなどを開発する仕事です。日常生活でインターネットを利用した際に閲覧するWebサイトなども、各企業がWebエンジニアに依頼し制作しています。

またWebエンジニアはフロントエンドエンジニア(Webサイトの見た目を構築)とバックエンドエンジニア(Webサイトの動作・システムを構築)の2種類があります。

AIエンジニア

AIエンジニアはAI(人工知能)などを開発する仕事です。AIと言うとロボット開発のイメージを思い浮かべる方が多いですが、厳密には機械学習やデータ解析の仕事が中心で、膨大なデータを管理・分析します。近年ではソフトウェアやアプリケーションにも組み込まれる機会も増えた比較的新しく需要が高まっている業種です。

システムエンジニア(SE)

エンジニアと聞いてまずシステムエンジニアを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?システムエンジニアはソフトウェアのシステム構築・設計が主な仕事です。要件を聞き取り制作するシステムの設計を考えたり、複数のプログラマーが構築したプログラムを1つのソフトウェアに統合するなど、ソフトウェアの動作・管理における根幹を担っています。

エンジニアが不足している今、1つの選択肢として検討を!

エンジニアの慢性的な不足は続いており、今後もその需要は増えていくと予想されます。

つまりエンジニアは多くの企業が求めており、安定した職に就きやすいことが大きな魅力です。もちろん今から技術を学んでも遅いということはありません。

エンジニアが不足している今だからこそ知識を付け、手に職を付けていきましょう。

もちろんエンジニアの仕事には向き不向きもありますが、勉強したことは決して無駄にはなりません。ネット社会が進んでいる現代ではどんな仕事でもIT分野の知識があれば役立つ機会が多く存在します。

少しずつ基礎から学んでいくことで、スキルや知識を身に付けましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【安定したい人必見】エンジニアが不足している今が最高のチャンスです!

【安定したい人必見】エンジニアが不足している今が最高のチャンスです!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【安定したい人必見】エンジニアが不足している今が最高のチャンスです!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事