line hatena

新サービスの登場?!シェアリングエコノミーのデメリット

新サービスの登場?!シェアリングエコノミーのデメリット

シェアリングエコノミーについて知っていますか?

シェアリングエコノミーは、個人や企業が持つ、「スキル・モノ・時間・場所・お金」などの有形・無形資産をWeb上のプラットフォームを介して取引する経済のことで、オンライン化が進む今注目されはじめています。

シェアリングエコノミーのデメリットとは

シェアリングエコノミー のデメリットとして挙げられるのは2つ。

「①提供者・利用者の不安②補償制度の整備」という点が挙げられます。

提供者・利用者の不安

シェアリングエコノミーのデメリットとして、サービス提供・利用をする両者間で、どのような人がサービスを提供・利用するのかという不安があります。

利用する側は、提供サービスの価格と質、提供する側は利用者の金額などに不安を抱えていることがあります。

シェアリングエコノミーのほとんどは、利用者と提供者で評価制度があり、お互いが相手の信頼やサービスの質を評価することができます。

そのため、そのレビューしか指標にならないという時があります。

補償制度の整備

トラブルや不正が発生した場合、保険が適応されなかったり、補償の範囲が不明確だったりなど、満足な補償を受けられない可能性があります。

そのため、利用者と提供者間での保証を見直す必要があります。

シェアリングエコノミーの利点も説明

シェアリングエコノミーの利点を挙げると主に3つあります。

①初期費用がほぼゼロ

②保有資産に新たな価値が付く

③新たな収入源に

という点が挙げられます。

初期費用がほぼゼロ

シェアリングエコノミーは現時点で活用できるものが多いため、初期費用が掛かることはほぼありません。

共有するのがスキルの場合も、部屋や場所の場合も、すでに所有していることがほとんどです。

そのため、現状のままシェアリングエコノミーを利用することができます。

保有資産に新たな価値が付く

目に見えない資産や今ある資産にも価値がつきます。

使っていない部屋や家、衣類など自分では現状使用する予定がない所有物にも欲しい、借りたいと思う人がいるかもしれません。

そのままでは、価値を生み出さないものでも、新たな価値が付くかもしれません。

新たな収入源に

あなたが所有する場所やモノ、スキルなどを、必要な人に貸したり売ることによって新たな収入源を生み出すことができます。

自分では当たり前だと思っていた事でも、他人からすると必要なんだ…と思うことがあると思います。

自分の持っている有形・無形資産を提供することで新たな収入を得られます。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーは、個人や企業が持つ、「スキル・モノ・時間・場所・お金」などの有形・無形資産をWeb上のプラットフォームを介して取引する経済のことです。

①「スキル」のシェアリングエコノミー

自分が持っているスキル・技術・知識など、提供することが可能なタイプです。

動画編集をやったり、コンサルティングをしたり、1番イメージがつきやすいと思います。

以前まではスキルがなくてもできる業種が多かったですが、現在は技術的に難しいスキルのシェアが行われ、需要が高くなってきています。

②「モノ」のシェアリングエコノミー

メルカリなどのフリーマーケット型のシェアリングエコノミーです。

不要になった洋服や、新品のものなど300万円〜数十万円の高価なものまであります。SDGsなどの持続可能な生活の実現も担っており、今後もより市場が伸びることが想定されます。

③「時間・場所」のシェアリングエコノミー

人の時間や使っていない場所などを活用して経済圏が生まれます。

需要と供給のバランスが取れており、少し空いた時間を無駄なく使ってお金を使いたい、不要なスペースを提供してお金を稼ぎたい…などのニーズから市場が伸びてきています。

④「お金」のシェアリングエコノミー

クラウドファンディングなどお金をシェアしてリターンを得るような活動です。

理念に共感をしたりして、出資者は投資判断を行います。お金がシェアされて経済圏が生まれ、お互い利益のある行動となるため利用者は増え続ける傾向にあります。

シェアリングエコノミーの今後は

一般社団法人シェアリングエコノミー協会の調査によると、2018年度に1兆8,874億円を超えた市場規模は、2030年度には11兆1,275億円と約6倍になると予測されています。

消費形態のモノ消費→コト消費へという背景があります。

シェアリングエコノミーは比較的新しいサービスのため、制度の整備が追い付いていません。

事実、トラブルや事故が起きた場合に保険が適応されないこともあります。

ただ、市場の拡大とともにシェアリングエコノミーの課題は解決され、今後はより発展していく領域でしょう。

ぜひ、あなたもシェアリングエコノミーを今のうちから利用して、時代の流れについていきましょう!

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
新サービスの登場?!シェアリングエコノミーのデメリット

新サービスの登場?!シェアリングエコノミーのデメリット

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 新サービスの登場?!シェアリングエコノミーのデメリット
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事