line hatena

シェアオフィスは法人登記が可能なの?メリットや注意点を解説

シェアオフィスは法人登記が可能なの?メリットや注意点を解説

起業資金がない人は必見!

シェアオフィス でも法人登記ができるのか、メリットや注意点を徹底解説していきます。

シェアオフィスは登記が可能

シェアオフィスは法人登記が可能なところが多くあります。

事務所を抱えて法人登記をしなくても、シェアオフィスで法人登記をすれば、起業するための住所として利用できます。

シェアオフィスの場合、事務所があるため書類の受け取りも可能になります。

また、会議室があるシェアオフィスも多いため、来客を招いた会議や自社内での会議にも利用することができます。

シェアオフィスを登記するメリット

シェアオフィスを登記するメリットは、主に3つあります。

①初期費用・賃料・ランニングコストが低価格

②立地が良い

③ネットワーク構築・人脈を広げられる

です。

初期費用・賃料・ランニングコストが低価格

シェアオフィスで登記する最大のメリットは、オフィス代などの初期費用を最小限に抑えられることです。

事務所を借りてしまうと、敷金や礼金などで時には数百万円のコストが掛かってしまうことがあります。

しかし、シェアオフィスであれば月額料金で低価格に契約することができます。

登記したいけどオフィスを構える資金がない…という方はシェアオフィスをオススメします。

立地が良い

自分でオフィスを契約する場合、費用面を考慮してボロいオフィスを借りることも少なくありません。

初期費用や賃料を考えると、どうしても立地条件が悪くなってしまいます。

しかし、シェアオフィスの場合は立地の良い所が多く、低価格の月額料金で利用することができます。

「立地の良い場所で来客を招きたい…」

「駅の近くのオフィスがいい…」

と考えている方はシェアオフィスが最適です。

ネットワーク構築・人脈を広げられる

シェアオフィスは様々な人が利用するため、コミュニケーションが生まれることもあります。

そのため、ビジネスの人脈を広げたり、ネットワーク構築が可能になります。

自分から積極的に話かけることができれば、より加速して人脈構築をすることができます。

バーチャルオフィスとシェアオフィスの違いは?

バーチャルオフィス(virtual office)を和訳すると「仮想の事務所」です。

物理的な事務所や店舗はありませんが、登記のために住所を借りることができます。

シェアオフィスは、shared office(シェアードオフィス)を日本語に置き換えたもので、貸しオフィスの形態の1つです。

そもそもシェアオフェンスとは

シェアオフィスは、shared office(シェアードオフィス)を日本語に置き換えたもので、貸しオフィスの形態の1つです。

作業スペースなどの空間を使い、他の人と共同でオフィスを借りるものです。

シェアオフィスを利用して、『起業』する動きが加速しています。

わざわざ事務所を構えて大金を使うよりも、安価にキレイなオフィスを借りることができるのです。

意識の高い人材も集まっているため新たなビジネスに繋がったりすることもあります。

バーチャルオフェンスとは

バーチャルオフィス(virtual office)を和訳すると「仮想の事務所」です。

物理的な事務所や店舗はありませんが、登記のために住所を借りることができます。

バーチャルオフィスの住所は、ホームページなどに記載できるのはもちろん、法人の本店や支店の住所として登記できるケースもあります。

また、固定電話番号を提供するバーチャルオフィスもあります。

固定電話番号へ転送してもらったり、場合によっては対応を代行してもらったりすることもできるバーチャルオフィスもあります。

固定電話番号があれば、顧客や取引先からの信用を高めることにつながります。

バーチャルオフィスは、都心にある一等地の住所でも「月額3万円以下」で利用することができます。

普通のオフィスで掛かってくるような、保証金や敷金、礼金などの費用も不要なため、初期投資を最小限に抑えて登記することができます。

都内では「月額1,000円以下」で利用できるものもあります。

利用料金は住所のグレードと拠点数によって大きく左右されます。

基本サービスやオプションサービスがどれだけ充実しているかという点でバーチャルオフィスを見てみると良いでしょう。

シェアオフィスの登記登録を検討してみよう

シェアオフィスで初期費用を最小限に抑えながら、登記登録を検討しましょう。

初期費用・賃料・ランニングコストが低価格、立地が良い、ネットワーク構築・人脈を広げられるなどの様々なメリットがあります。

また、シェアオフィス だけでなく、バーチャルオフィスという選択肢もありますので、金額面やサービスを比較して検討してみてください。

あなたの起業人生を心から応援しています!

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
シェアオフィスは法人登記が可能なの?メリットや注意点を解説

シェアオフィスは法人登記が可能なの?メリットや注意点を解説

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. シェアオフィスは法人登記が可能なの?メリットや注意点を解説
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事