line hatena

フリーランスは家を借りられない?審査やを不動産を学ぼう

フリーランスは家を借りられない?審査やを不動産を学ぼう

「フリーランスは賃貸契約の審査が厳しい」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?

フリーランスは賃貸契約をはじめ、クレジットカードの発行やローン契約など、お金や収入に関する「信用」が必要なシーンでは、何かと不便を感じがちなのが現状です。

そのためフリーランスは、今どれだけ収入があったとしても「収入が安定していない」と見なされ物件探しで苦労してしまう場合が少なくありません。

しかし「フリーランスの場合はどのような審査基準で契約の可否が判断されるのか」を知っておけば、フリーランスでも賃貸契約できる可能性が高まります。

そこで本日は、フリーランスの賃貸契約が難しいとされている理由と、その審査基準についてご覧ください。

フリーランスは賃貸は借りられない?難しいとされる理由

一般的に「フリーランスは賃貸契約が難しい」と言われています。

そのことから、独立に興味があっても、契約における信用問題からなかなか踏み出せないという方も少なくありません。

そこでまずは、なぜ「フリーランスは賃貸契約が難しい」というイメージが浸透しているのか、その理由から解説します。

賃貸契約は継続した家賃の支払い能力が不可欠

どんな職業の方であっても、賃貸契約では毎月家賃を支払い続けられるかどうかは厳しく見られます。

その点でフリーランスは、継続した支払い能力が正社員と比べて判断が難しいことが大きな理由です。

現在は十分な収入があったとしても、万が一の体調不良や仕事のストップなどにより収入が下がってしまったら…。

そう不安を感じるのは、フリーランスの方本人だけでなく賃貸契約に際する信用会社や大家さんも同じです。

家を借りるには賃貸契約審査と入居審査が必要

賃貸を借りる際、審査は1つだけだと思っていませんか?

しかし、実際に賃貸契約に際して必要な審査は「賃貸契約審査」と「入居審査」の2種類です。

・賃貸契約審査:信用会社が支払い能力・賃貸契約可否を判断する審査
・入居審査:大家さんなど物件所有者が入居可否を判断する審査

これはフリーランスに限らず、どんな職業・業務形態の方でも受けることになる審査です。

これにより、中には「賃貸契約審査は通ったけれど、入居審査は通らなかった」という場合も少なくありません。

入居審査は、その物件を所有する大家さんや所有会社が「貸しても良いかどうか」を判断する審査です。

所有者が、トラブルを避けるために貸したくない、これまでの収入がどうであれ今後安定する保証もないから貸したくないなどの理由から拒否する場合もあります。

フリーランスの賃貸の審査基準

確かにフリーランスは、正社員よりも賃貸契約が難しい場合が少なくありません。

しかし「難しい」と感じていることには、フリーランスの場合の賃貸審査基準を明確に知らないことが大きな原因である場合も。

具体的な審査基準を把握し、その条件に当てはまっていれば賃貸契約審査は難なく突破できるでしょう。

ここでは、フリーランスの賃貸契約の具体的な審査基準についてご覧ください。

必要な書類をきっちり用意できる

フリーランスが賃貸契約をする際、正社員などとは異なる書類を準備する必要があります。

・身分証明書
・収入証明書
・課税証明書
・所得税納税証明書

以上のように、十分な収入があること・納税義務を果たしていることを証明できる書類の提出が求められます。

物件や不動産業者によっては「過去2年分の収入証明書」など、複数年に渡った証明書の提出が求められる場合もあるため、その規定に則って準備しましょう。

ただ、課税証明書など1年のうち限られた時期でしか取得できない書類については、通帳の写しなどで代用できる場合があります。

収入に対して適正な家賃額の物件を選んでいる

一般的に、家賃は1月の収入の1/3程度が適正であるとされています。

この範囲を超える物件については、フリーランスはもちろん正社員でも審査が難しくなるでしょう。

そこで、フリーランスの場合はさらに低く見積もり、1月の収入の1/4程度を目安に物件を探すのがおすすめです。

例えば月収30万円の場合、6〜7万円の物件を目安に探すとより審査に通る可能性が高まるでしょう。

連帯保証人には収入が安定した人を立てる

賃貸契約に際して、万が一に対応するため連帯保証人を立てる必要があります。

この連帯保証人の信用度が高ければ高いほど、審査は通りやすくなるでしょう。

連帯保証人として立てやすい人の条件についてまとめます。

・収入が安定していること
・正社員をはじめ社会的信用度の高い人
・親族など借主と続柄が近い人

この条件に当てはまる人が保証人であれば、審査に通る確率はさらに高まります。

フリーランスが賃貸契約するときの注意点

フリーランスが賃貸契約する際には、いくつかの注意点を守ることも大切です。

ここでは、フリーランスの賃貸契約に際する注意点をご覧ください。

物件所有者の意向やルールに沿った物件を選ぶ

物件によっては、所有者により契約者の条件や契約ルールが定められている場合があります。

特に在宅でフリーランスとして働く場合、オフィス利用不可の物件では契約ルールに反しているという理由から審査が通らない可能性も。

またペット禁止・楽器禁止など仕事とは関係ない部分のルールについてもチェックした上で物件を選ぶことも大切です。

過去3年に税金・カード払いの滞納歴があると危険

賃貸契約審査では、安定した支払い能力がチェックされます。

その中で、税金やクレジットカード払いの滞納歴が見つかれば、審査が難しくなるでしょう。

そこで、賃貸契約を考えているのであればすぐに清算することはもちろん、滞納履歴が消えるタイミングを見計らうことも大切です。

滞納履歴は3年にわたって残ります。

つまり、過去に滞納歴がある方は、そこから3年が経って履歴が抹消されるタイミングで賃貸契約すれば、審査が通る可能性が高まるでしょう。

フリーランスの賃貸審査は用意周到に

フリーランスの賃貸審査は、その審査基準を正しく理解し準備することで通りやすくなります。

最後に、フリーランスの賃貸審査におけるポイントをおさらいしましょう。

・賃貸契約では賃貸契約審査・入居審査が必要
・収入が安定していることを証明する書類の準備が必須
・収入の1/4程度の家賃を目安に物件を選ぶ
・収入が安定している連帯保証人を立てる

以上のように、収入が安定していること・物件主に家賃支払いに際して安心感を持たせられる条件が揃っていることが、賃貸契約において大切なことです。

審査基準を踏まえ、仕事のモチベーションとなるような素敵な物件を見つけましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
フリーランスは家を借りられない?審査やを不動産を学ぼう

フリーランスは家を借りられない?審査やを不動産を学ぼう

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. フリーランスは家を借りられない?審査やを不動産を学ぼう
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事