line hatena

異動する上司に贈るメッセージ例文集|NG文章といい言葉

異動する上司に贈るメッセージ例文集|NG文章といい言葉

同僚・上司の人事異動や転職に際する挨拶は、ビジネスマナーとして非常に大切です。

ただ、退職などに際する挨拶は定番ですが、人事異動に際する挨拶の方法やメッセージ文面には悩んでしまう方が多いのではないでしょうか?

同僚や上司への異動のメッセージの文面の良し悪しで、今後の関係が続くかどうかも変わってくるかもしれません。

そこで今回は、異動に際する上司へのメッセージ例文と共に、印象がアップするポイント・NGワードをご紹介します。

異動メッセージとは?

企業で働き続けていると、いつかは人事異動の対象になるでしょう。

それは別の部署に配属される場合はもちろん、昇進や昇格の際も人事異動の可能性はあります。

社内でただ役職が変わったり部署を異動するだけなら、挨拶の必要が無いように思えるかもしれません。

ただ、上司や同僚が異動する際も感謝のメッセージを送ることは、ビジネスマナーとして押さえておきたいことです。

特に、突然の異動指示で直接顔を合わせて挨拶する時間がない、リモートワーク中心で情報共有はメッセージが中心。

これらの場合、異動する上司・同僚への挨拶はメッセージで行うのが良いでしょう。

異動メッセージで書きたいことは以下の通りです。

・自分がどの部署・役職に異動になったのか
・これまでの仕事に際する感謝
・上司と働いた際の学びや印象的なエピソード

以上のポイントを踏まえて、異動メッセージを送ることが大切です。

その文例やメッセージに盛り込む内容のポイントについて、以下でさらに詳しくご覧ください。

異動メッセージ文例集

まずは、お世話になった上司が異動する場合のメッセージの例文をご紹介します。

〇〇部長
〇〇へのご栄転をお喜び申し上げます。
私の入社時より指導いただき、本当にありがとうございました。
〇〇部長のおかげで、今の私があります。
部署が変わられても、益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
今まで本当にありがとうございました。

異動メッセージでは、相手の異動が昇進だった場合はお祝いの一文を、ただの異動の場合はお世話になったこと、感謝の気持ちを中心に書き記すことがポイントです。

以下では、異動メッセージに際して印象がアップするOKワードと、使用は避けたいNGワードをご紹介します。

仲の良い同僚・上司であればやや砕けたメッセージもOK

あまり面識のない上司・先輩の場合は、かしこまった文面でメッセージを送るのが定石です。

ただ、仲の良い上司・先輩であれば、多少砕けた文面で送るのも良いでしょう。

〇〇先輩
先輩には入社時からお世話になりました。
一緒にお仕事できたこと、先輩に学んだことは忘れません。
先輩がいなくなることには不安な気持ちもありますが、また一緒にお仕事ができるよう、私も励みます。
落ち着いたらまた飲みに行きましょう。
今まで本当にありがとうございました。

仲の良い先輩だからこそ、ビジネスメールのような畏まった文面はある程度省略しつつ、感謝と敬意は忘れないことが大切です。

使うと印象がアップする!いい言葉

丁寧で上司・同僚からの印象の良いワード・内容は以下の通りです。

・上司・同僚への感謝の気持ち
・相手との思い出深いエピソード
・異動先での仕事のエール
・再開の約束

異動メッセージにおいてまず忘れてはならないのが、感謝の気持ちです。

感謝の気持ちをしっかりと言葉にすることで、目上の人に対する敬意を伝えましょう。

また、仲の良い上司・同僚であれば、思い出深いエピソード(ポジティブな内容)に軽く触れるなど、その相手ならではの事柄について入れ込むのもおすすめです。

さらに関係を途切れさせたくない上司・先輩の場合は「落ち着いたら飲みに行きましょう」など、再開を希望する言葉を締めの一言に添えると良いでしょう。

NGな言葉と内容

NGな言葉と内容は以下の通りです。

・送り先の上司・同僚への恨み言
・同僚や自分の暴露話
・失敗談をはじめとしたネガティブな話題

異動は多くの場合、喜ばしい事柄です。

その喜ばしい事柄に際して、相手を不快な気持ちにさせてしまうことをメッセージに盛り込むのは、社会人として避けたい話題です。

また、メッセージだからこそ言葉として文面が残ります。

その文面は送った上司だけでなく、時には異動先の人員やほかの同僚に見られてしまう可能性がある以上、暴露話をはじめあまり多くの人には触れ回りたくない話題も避けるべきです。

上司への異動メッセージは敬語の使い方も気をつけて

メッセージの内容とは別に気をつけたいのが、敬語の使い方です。

ビジネスメールとして不適切な言葉遣いをしていないか、目上の人に対して間違った敬語を使っていないか…。

こうしたポイントにも注目してメッセージを組み立てることで、上司に自分の成長を見せることにも繋がるでしょう。

特に締めの一言として「これからも頑張ってください」という言葉は使われがちですが「頑張る」は目上の人にはNGな言葉遣いです。

同僚や後輩であれば問題ありませんが、上司にその旨を伝えたい場合は、以下の言葉に置き換えましょう。

・益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
・新天地でのご活躍をお祈りいたします。
・どうかお身体に気をつけてお過ごしください。

以上のように、「健康」や「活躍」をキーワードに締めの言葉を記すことで、より引き締まった異動メッセージになります。

相手への気遣いを言葉に乗せて書いてみよう

上司や同僚の異動に際してメッセージを送ることは、感謝を伝える上で非常に大切です。

以上を踏まえて、メッセージに盛り込みたい内容をまとめます。

・今までの一緒に仕事をしてきたことへの感謝
・相手とのポジティブなエピソード
・上司・同僚への気遣いの言葉・エール

人との縁を大切にすることは、巡り巡って自分に返ってきます。

共に仕事してきた仲間だからこそ、異動メッセージで相手を気遣うことで、お互い気持ちよく仕事を続けていけるでしょう。

また、異動メッセージをはじめビジネスでのメッセージのやりとりは言葉遣いも非常に大切です。

正しい言葉遣い・敬語の使い方ができているかどうか気をつけながら、感謝の気持ちを伝えましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
異動する上司に贈るメッセージ例文集|NG文章といい言葉

異動する上司に贈るメッセージ例文集|NG文章といい言葉

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 異動する上司に贈るメッセージ例文集|NG文章といい言葉
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事