line hatena

【年収UP!?】プロダクションマネージャーの年収アップ方法を無料で教えます。

【年収UP!?】プロダクションマネージャーの年収アップ方法を無料で教えます。

プロダクションマネージャーは数年間経験を積んだことで年収がアップするものの、その後にアップする機会がなかなか訪れないといった声もあるようです。

では年収をアップするためにはどのような対策をするのがよいのでしょうか。

プロダクションマネージャーの平均年収、年収アップをするにはどのような行動をとればよいのかなどについてまとめましたので参考にしてください。

プロダクションマネージャーの平均年収は350~400万円

映像制作にかかわるスタッフの管理、予算管理、リスク管理などとにかく管理しなければならないものが多い職種であるプロダクションマネージャー。

年収については地域差・企業差もあり、平均的に350万~400万円前後、高いところでは500万円超えとなっています。

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、日本の平均年収の中央値は約399万円でした。

そのため、プロダクションマネージャーの年収は、日本での平均年収と同程度もしくは少し多いくらいと考えてもよいでしょう。

会社によっては超激務

プロダクションマネージャーの年収は日本の平均年収と同程度ですが、生活に十分余裕が持てる年収だったとしても仕事の忙しさと収入が見合っていないというケースもあります。

プロダクションマネージャーは映像制作でプロデューサーの下についてサポートをする役割ですが、業務内容が非常に幅広いことでも有名です。

しかも、会社によっては超激務であり、そのときの案件によっては帰宅時間が遅くなることも珍しくありません。

そういった忙しさのなかでやりがいを感じ、収入が気にならない場合は別として、忙しさと収入は比例してほしい派であれば就職先選びは下調べを十分にしたほうがよいでしょう。

経験者のほうが年収は高め

プロダクションマネージャーは未経験からスタートできる職業です。

ただ、年収面でいえば、経験者のほうが考慮してもらえる可能性が高いといえます。

経験の有無は携われる案件の種類にも影響しますし、アルバイトなどでも経験がある人のほうが大きな案件を任される確率は高くなるでしょう。

そのため、プロダクションマネージャーになるために、大学や専門学校などで映像について学んでおいたり、学生時代に映像系のアルバイトを経験しておいたりするのもひとつの方法です。

間違われやすい

プロダクトマネージャーとは別物はプロダクションマネージャーはPMと呼ばれていることも多いですが、同じくPMと表現されることがある職業にプロダクトマネージャーがあります。

プロダクションマネージャーは映像制作にかかわる職業であり、プロダクトマネージャーは企業の商品・サービスなどプロダクトの立案からリリースまでチームを率いてまとめる役割なので、まったく業務内容が異なります。

就職先を選ぶ際には間違えないようにしましょう。

収入アップのためにできることとは

プロダクションマネージャーの年収が350~400万円ほどであることは前述しましたが、経験を積めば年収アップにつながります。

ただ、1回年収アップした後で2回目のチャンスがなかなか訪れないと嘆くプロダクションマネージャーは少なくないようです。

そこで、こちらでは年収アップをするためにどのようなことができるのかを見てみましょう。

資格を取得する

プロダクションマネージャーが直接撮影や編集を行うケースは少ないですが、コストを削減する、撮影や編集でより良い作品に仕上げるという意味では映像制作関連の資格を取得しておくのもおすすめです。

たとえば、テレビやCM、映画などの映像・音響に関する基礎知識が身につく「映像音響処理技術者」、映像の開発技術を学べる「CGエンジニア検定」、映像制作の基礎を学ぶ「CGクリエイター検定」などが挙げられます。

映像制作関連の基礎知識を持っていれば、打ち合わせをする際や編集の確認をするときなどに役立たせることが可能です。

コミュニケーション能力を高める

プロダクションマネージャーに必要なスキルのひとつ、コミュニケーション能力はアシスタントプロデューサー、プロデューサーを目指す際にも必要になるものです。

コミュニケーション能力を高めるには伝える力と受け取る力を磨く必要があります。

伝える力はPREPを意識するのがおすすめです。

PREPとは結論から話しはじめ、理由、具体例を話した後に要点を伝えるという方法をいいます。

それに加えて、話すスピードやトーン、大きさ、手や目の動き、表情などが加わることでより言葉が伝わりやすいです。

受け取る力は相手の話していることをよく聞くこと、バックトラッキングを実行することで磨けます。

バックトラッキングは、相手が話しているなかで重要な部分を繰り返して返事をする話し方です。

この話し方によって相手は話をきちんと聞いてくれていると感じ、安心感をもって話をしやすくなります。

人脈をひろげる

プロダクションマネージャーの業務には撮影施設の選定・手配があります。

コストをなるべくかけずに良い作品をつくるには安く、しかも良い機材などが使える施設を選定できることが重要です。

そこで役立つのが幅広い知識と人脈になります。

多くの撮影施設を知っていれば、そのときの案件に合った施設に合ったところを見つけやすくなりますし、人脈があれば利用するときの費用を交渉して安くおさえることができる可能性が高まります。

一般的なプロダクションマネージャーのキャリアアップの流れ

未経験者でも、最初からプロダクションマネージャーとして働くことができる企業もあります。

ただ、プロダクションマネージャーといっても、アシスタント、チーフといったレベルがあります。

そのため、入社したての頃はアシスタントプロダクションマネージャーとして、チーフの下で基本的なことを学ぶことが多いです。

その後、経験を積んでいくとチーフプロダクションマネージャーになれるチャンスが訪れます。

チーフとして活躍し、知識や経験が増えて実力が認められれば、アシスタントプロデューサー、プロデューサーとキャリアアップしていくことも可能です。

ちなみに、プロデューサーの上には部長プロデューサー、役員プロデューサーが存在しています。

企業によって異なりますが、一般的にはプロダクションマネージャーからプロデューサーになる人は少なくありません。

ただ、プロダクションマネージャーとして入社してからプロデューサーになるまでには10年ほどの期間がかかるといわれており、長年の知識と経験を積むことは非常に重要であるといえます。

年収アップをするためにはより多くの経験を積むことが重要

プロダクションマネージャーは、映像制作にかかわるさまざまなものの管理をすることが多い職種です。

特に、スタッフやクライアント、出演者、撮影施設のスタッフなど人とのかかわりにおいてはコミュニケーション能力が重要になります。

また、コミュニケーション能力を含め、資格の取得や人脈が役立つ機会も少なくありません。

年収をアップするには実力を認めてもらうのが近道なので、スキルを常に磨くことを心がけましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【年収UP!?】プロダクションマネージャーの年収アップ方法を無料で教えます。

【年収UP!?】プロダクションマネージャーの年収アップ方法を無料で教えます。

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. 【年収UP!?】プロダクションマネージャーの年収アップ方法を無料で教えます。
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る