line hatena

【 有料級 】プロダクションマネージャーになるための必要スキルとおすすめ求人の探し方を覚えよう!

【 有料級 】プロダクションマネージャーになるための必要スキルとおすすめ求人の探し方を覚えよう!

映像業界で欠かせない役割に「プロダクションマネージャー」があります。

制作の中心になって作品を完成に導く、非常に重要なポジションだといえます。

そのため、映画やドラマが好きな人はプロダクションマネージャーに憧れを抱いてしまうのではないでしょうか。

この記事では、プロダクションマネージャーのなり方について解説します。

プロダクションマネージャーとは?求められるスキル

おおまかにいえば、「映像制作を管理する」のがプロダクションマネージャーの仕事です。

映画やドラマ、テレビ番組など、商業ベースの映像の現場にはプロダクションマネージャーがいて、進行を担っています。

以下、プロダクションマネージャーに必要なスキルや勉強方法を解説します。

スキル1.企画力

映像制作はプロデューサーや監督、スポンサーの企画会議から始まるのが恒例です。

プロダクションマネージャーはわずかな例外を除き、自分から企画を出すことはありません。

そのかわり、会議で提示されたアイデアをまとめ、実現可能な企画に落とし込むスキルが必要です。

クリエイティブな部分と予算、スケジュールの折り合いをつけるのもプロダクションマネージャーの仕事でしょう。

スキル2.スケジュール管理

プロダクションマネージャーの手腕がもっとも試されるのは制作進行です。

企画に沿って各部門のスタッフを集め、役割を振っていきます。

シナリオハンティングやロケーションハンティングに同行し、監督や脚本家と企画を練り上げていくことも求められます。

ロケ地との交渉や機材の調達、キャスティングなどにもプロダクションマネージャーは大きく関わらなくてはなりません。

そのうえで、スタッフやキャストのスケジュールを割り出し、撮影から完成、公開にいたるまでの日程を決定します。

スキル3.進行管理

実際に撮影が始まってもプロダクションマネージャーの仕事はたくさんあります。

撮影現場では天候や機材トラブルなどのアクシデントが多発するので、そのたびにスケジュールの微調整を行わなくてはなりません。

現場に入ってから人材や機材の不足に気づくケースもあるでしょう。

これらの問題にプロダクションマネージャーは対応し、予定通りにクランクアップできるよう軌道修正していきます。

撮影中、スポンサーやキャストの事務所からの要望を聞き、実現可能かどうかを検討するのもプロダクションマネージャーの役目です。

スキル4.交渉力

商業の映像制作ではさまざまな人々の思惑が絡み合います。

これらすべての相手をしながら、プロダクションマネージャーは落としどころを見つけなくてはなりません。

たとえば、芸能事務所と現場監督のイメージが異なることもあるでしょう。

スポンサーが自社の利益になるようなシーンを無理に追加するよう、要望してくるケースも考えられます。

全員の要望を受け入れていては、作品のクオリティを維持できません。

そこで、プロダクションマネージャーは関係者と交渉し、完成度の高い作品になるよう誘導します。

スタッフやキャストとコミュニケーションを重ね、やる気を引き出すのもプロダクションマネージャーの仕事のひとつです。

プロダクションマネージャーのスキルはどこで学ぶのか

一般的には、映像の専門学校やワークショップに通うことで、知識や技術は専門的に学べます。

ただし、現場での対応力は座学だけだとなかなか身につきません。

プロダクションマネージャーになるには現場で経験を積むことが肝心です。

自主制作や学生映画の現場に参加し、制作の仕事を間近で吸収するのは効率的な勉強法です。

これらの現場は人材不足に悩まされているので、未経験者の申し入れも認めてくれることが少なくありません。

さらに、映像制作に限らず、何らかのプロダクションの経験も役立ちます。

業界が違っても進行管理や顧客との交渉などを続けていると、プロダクションマネージャーの能力は磨かれていきます。

将来的な映像業界への転職も視野に入れながら、まずは別の業界の企業に勤務してみるのもひとつの方法でしょう。

プロダクションマネージャーの求人を探そう!どの企業に就職すればいい?

どうすればプロダクションマネージャーになれるのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、プロダクションマネージャーの求人の探し方を解説します。

いきなりプロダクションマネージャーになることはない

大前提として、映像制作の現場でいきなりプロダクションマネージャーに抜擢されることはまずありません。

なぜなら、プロダクションマネージャーは経験やスキルはもちろん、関係者からの信頼も必要な立場だからです。

業界で名前を知られていない人が、現場の中心を任される可能性は低いでしょう。

映像業界で働けるようになってから、下積み期間を経てプロダクションマネージャーになるケースが大半です。

いかに才能ややる気がある人でも、プロダクションマネージャーになるまでには時間がかかると想定しておきましょう。

映画会社・テレビ局

制作部門のある映画会社やテレビ局に就職し、プロダクションマネージャーを目指すのは一般的な方法です。

これらの制作部門に配属されると、最初は「アシスタントディレクター」や「助手」といった立場で雑用を任せられます。

やがて、能力や経験に応じてより責任の大きい仕事に関われるようになります。

企画や演出ができるようになり、さらに経験を積めばプロダクションマネージャーへと昇格できるでしょう。

映像制作会社

テレビや映画、動画サイトなどでは、下請けの映像制作会社にコンテンツを発注しているパターンが少なくありません。

制作会社はプロデューサーやスポンサーとやりとりを重ねながら、コンテンツを完成へと導きます。

プロダクションマネージャーになりたい人は、映像制作会社に就職すれば現場での経験を積み重ねられます。

希望の小さい制作会社なら、比較的短い修業期間でプロダクションマネージャーになれることもあるでしょう。

広告代理店

商業ベースの映像制作では、企画段階から広告代理店が密接に関わることもあります。

広告代理店はトレンドや顧客心理を解析しつつ、作品がヒットする要素を提案します。

ときには、話題を呼ぶためのキャスティングにも意見することも珍しくありません。

芸能事務所、スポンサー、制作現場などと交渉しながら作品の訴求力を高めていく仕事は、プロダクションマネージャーに酷似しています。

「映像制作の中心になって、大きな仕事がしたい」という人は、広告代理店への就職も検討してみましょう。

プロダクションマネージャーは現場の中心!充実したキャリアになる求人を探そう

本気でプロダクションマネージャーを目指すなら、長期的な視野を持つ必要があります。

現場で豊富な経験ができて、スキルを磨ける職場がおすすめです。

実際に求人を探す場合は、制作現場に関われる職場を優先します。

テレビや映画、配信の現場を多くこなせる職場なら、着実に成長ができるはずです。

将来的にはプロダクションマネージャーとして、やりがいのある企画に携われるでしょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【 有料級 】プロダクションマネージャーになるための必要スキルとおすすめ求人の探し方を覚えよう!

【 有料級 】プロダクションマネージャーになるための必要スキルとおすすめ求人の探し方を覚えよう!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. 【 有料級 】プロダクションマネージャーになるための必要スキルとおすすめ求人の探し方を覚えよう!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る