line hatena

【 なれれば将来安泰!? 】事業に不可欠なプロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか・・・

【 なれれば将来安泰!? 】事業に不可欠なプロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか・・・

IT業界において、プロジェクトの管理・進行を担うプロジェクトマネージャーという役割があります。

プロジェクトを成功に導くため必要な存在ですが、具体的にどのような業務をするのか、どうすればプロジェクトマネージャーになれるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

今回の記事では、プロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのかを理解できるように役立つ情報を解説していきます。

プロジェクトマネージャーとは何か

WEB制作の現場で、プロジェクトマネージャーとはプロジェクト全体のマネジメント業務を担うのが役割です。

プロジェクトマネージャーの業務を詳しく見ていくと、手始めに行うのがヒアリングです。

ヒアリングとはクライアントの要望を確認する作業で、その内容から要件・スケジュール・人員・品質管理・リスクと対策などをまとめたプロジェクト計画の策定を行います。

多くの人が携わるWEB制作において、プロジェクト計画は重要な役割を果たすものです。

プロジェクト計画がなければ、各人が今何をすればいいのか、何を目指せばいいのかがわからなくなり部署ごとの連携も難しくなります。

プロジェクト計画を策定したら、次は作業を行うプロジェクトチームを編成するための人員集めです。

「納期を守ること」と「予算内に収めること」を両立できるプロジェクトチームとしなければいけません。

社内だけで必要な人員を確保できないときには、外部の人間をプロジェクトに入れるのかどうかも判断しなければならないでしょう。

なお、チームに参加するメンバーはWEB制作のスキルだけでなく、プロジェクトメンバー同士の相性やコミュニケーション能力も考慮する必要があります。

もし人間関係が悪かったり、コミュニケーションが上手くできなければ、プロジェクト計画に則って進行することができずに失敗します。

プロジェクトチームを編成後に作業を開始したら、プロジェクト計画通りに進行しているのかを管理することになります。

進捗状況は、メンバーからの報告や定期的に実施する会議などを通じて逐次確認することになるでしょう。

もし遅れやズレが発生したときには、対策を講じる必要があります。

機械ではなく人間ですから、多少の遅れやズレがでることは最初から想定しておくべきことです。

しかしながら、後で挽回すればいいからと何も手を打たなければその影響が次第に大きくなります。

無理をしなくても良いので、やれることは早めにやっておく方が良いでしょう。

プロジェクトマネージャーは、クライアントから届いた仕様変更などの要望にも対応しなければいけません。

要望の内容によっては、プロジェクト計画の大幅な見直しが必要です。

そのことで決めておいた費用やスケジュールに影響がでるようならば、クライアントとの再交渉を行います。

また、プロジェクト計画の見直しによる負担増で、プロジェクトチームから不満がでることも考えられます。

納得してもらえるように、各メンバーとの話し合いもしなければならないでしょう。

作業が無事に終わり、成果物をクライアントに納品したら、クライアントに修正がないのかを確認します。

修正すべき点があれば対応しなければいけませんが、契約で修正回数に制限を設けている場合はその範囲内での対応となります。

修正も終わりプロジェクトが完全に終わったら最後にやるのは評価です。

プロジェクトを進めていく中で出てきた問題点、改善すべき点は何かを明らかにしてプロジェクト完了報告書にまとめます。

評価したことを記録することで、失敗を繰り返すことはなくなり、より効率的にプロジェクト計画の進行ができます。

プロジェクト完了報告書は、自社だけに留めるものではなくクライアントにも渡しますから嘘や誤魔化しは禁物です。

プロジェクトマネージャーの目指し方

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体のことを把握し管理します。

IT業界のこと、WEB制作の業務内容を何も知らない未経験の人は、できないわけではありませんが難しい仕事です。

プロジェクトマネージャーを目指す場合、一般的にはWEB制作会社に入ってシステムエンジニアなどのプログラマー職で経験を積むことから始めます。

経験を積み会社からも評価される人材に成長すれば、プロジェクトリーダーなどの役職が与えられるようになるでしょう。

そういった役職でプロジェクト管理に必要なノウハウを学んでいくことで、最終的にプロジェクトマネージャーになれます。

プロジェクトマネージャーを目指す第一歩としてシステムエンジニアなどのプログラマー職に就きたいのであれば、情報系の学部がある学校や専門学校に通うことが堅実な方法です。

独学でも、必要な知識・技術を学べます。

しかし、指導する人がいない分だけ理解が遅くなりますし、壁にぶつかったときに誰も助けてくれないので挫折する可能性が高くなります。

確実にプロジェクトマネージャーになりたいというのであれば、学べる場を探す方が良いです。

プロジェクトマネージャーに必要な資格や資質

プロジェクトマネージャーとして活躍したいのであれば、WEB制作に関する技術的な知識・経験を持っていることが望ましいでしょう。

無資格でもプロジェクトマネージャーにはなれますが、客観的に能力があると証明したいのであれば資格の取得をしておくことをおすすめします。

情報系国家資格のひとつであるプロジェクトマネージャーや民間資格であるP2Mが、プロジェクトマネージャーに関連した資格です。

特にプロジェクトマネージャーは合格率が15%前後という難関資格なので、取得すれば大いに役立つでしょう。

さらにプロジェクトマネージャーに向いている資質を持っているのかどうかも重要です。

例えばクライアントやプロジェクトチームと話をする必要があるので、コミュニケーション能力が必要不可欠です。

相手に言いたいことをわかりやすく伝えられる力、相手の言いたいことを的確に理解する力を持っていれば、コミュニケーション能力が高いと言えます。

また、クライアントとの厳しい交渉やチーム内の人間関係を良好にするべく神経を使います。

繊細すぎる性格だと、ストレスに押しつぶされてしまうので多少のことには動じない性格の方が良いでしょう。

プロジェクト計画の策定・進行の管理・評価をする能力も必要です。

クライアントの要望をもとに、スケジュール・予算・人員などを適切に決める能力に加えて、問題が発生したときに迅速かつ適切に対応できる能力も求められます。

プロジェクトの管理というのは、派手な仕事ではなく地味な仕事が続くので地道にコツコツと努力するタイプならば最後まで仕事を投げ出す事はありません。

共感力もプロジェクトマネージャーには必要な資質です。

プロジェクト全体をまとめるプロジェクトマネージャーとしての立場だけでなく、良い仕事を期待するクライアントの立場、作業に携わるプロジェクトチーム立場という具合に異なる立場で物事を考えられることが望ましいです。

それができなければ、異なる意見がぶつかり合いプロジェクトが破綻してしまいます。

プロジェクトマネージャーとは責任が重いがやりがいもある

プロジェクトマネージャーの仕事ぶりが、プロジェクトの成否に影響を与えます。

重い責任を負うことになりますが、上手くプロジェクトの管理をして、クライアントに成果物を納品できたら最高の達成感を得られる仕事です。

WEB制作の現場に興味がある、あるいは働いている人で、プロジェクトマネージャーになりたいと考えているのであれば、経験を積みながら必要なことを学びましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【 なれれば将来安泰!? 】事業に不可欠なプロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか・・・

【 なれれば将来安泰!? 】事業に不可欠なプロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか・・・

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. 【 なれれば将来安泰!? 】事業に不可欠なプロジェクトマネージャーとはどのような仕事なのか・・・
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る