line hatena

【驚愕の事実】これでも本当になりたいって言えるの?経営者が孤独な理由とは

【驚愕の事実】これでも本当になりたいって言えるの?経営者が孤独な理由とは

経営者が孤独な理由、あなたは知っていますか?

部下と仲良くなれない、年上の上司と仲良くなれない…そんな悩みを抱えている経営者がたくさんいます。
なぜ、お金を持って遊べるような経営者は孤独に陥ってしまうのか?その真相を解き明かします。

経営者が孤独に陥る原因・理由

原因・理由①:価値観のズレ

経営者は、株式会社であれば株主であり、借入金の連帯保証人でもあります。

つまり、全ての責任を抱えているという訳です。

一方で、社員の立場では、何か問題が起こった時や、売上が上がらなかった時、責任を逃れることもできます。
その価値観から生まれるズレが、生き方や話す内容、交流関係にダイレクトに響きます。その結果、孤独に陥ってしまうのです。

原因・理由②:本音で喋ることができない

経営者は社員からビジネスマンとして引っ張っていく姿を見せていかなければいけません。

たとえ、遊んでいたとしてもその姿を見せてしまい、「私たちが頑張っているのに、なんで遊んでるんだ…」と思われてないようしなければいけません。
ですので、経営や売上を重視して、本音で喋ることができなく、孤独になってしまいます。

原因・理由③:信用しすぎない

経営者は、部下に期待しすぎない、信用しすぎない、と考えている場合が多いです。

客観的に俯瞰して見ることが求めらるので、そういった点でも社長は孤独な立場になりやすいです。期待や信用すぎると、裏切られた時の反動がものすごく強くなるため、そういったスタンスで接していることが多いからです。

経営者が孤独から抜け出せない理由

その理由は、『立場の違い』に起因します。

経営者の心情は、会社経営や売上のことを考えて、自分の気持ちを理解して欲しいと思うことが自然なことかも知れません。しかし、社員が安月給で働いていれば、最低限のことをすれば良いので、経営者の気持ちが理解できないのです。

経営者の仕事は、売上が立つ仕事を設計し、それを実行するためにお金と社員を集めて、価値を生み出し利益に繋げるのです。そして、携わる従業員の暮らしを守るべく、目標の売り上げや利益を達成しなければなりません。これらを24時間、365日考え続けて、それぞれのワークバランスをとり、PDCAを繰り返しながら、従業員に指示を与えます。

従業員の仕事は、与えられたタスクをきちんと遂行することです。

期日やコストなど、細かくルール指定されてあり、その約束を忠実に守って仕事を完結する必要があります。指示を受けたこと以上の仕事をすることは基本的にありません。

この立場の違いから生まれる『価値観のズレ』から、話す内容も遊び方も合わずに疎遠になってしまうことがあります。

経営者の孤独感を解消する方法

経営者にも孤独を解消する方法があります。

今からご紹介する方法で、孤独感はスッキリ無くなります。今まで、仕事だけに終われていた経営者も、暇な時間に頭を抱えていた経営者も、スッキリさせてください。

経営者の味方は経営者

お金・時間・仕事、価値観が合いやすいのが経営者です。

同じ悩みを抱えていることが多く、悩みを共有し共感を得て、交流関係や新たなビジネス展開も視野に入れることができます。では、どのように出会うのか?その方法をお伝えしていきます。

・友人、知人からの紹介

すでに信頼関係が構築されているので、スムーズに交流を深めることができます。友人と仲が良いということで、気が合いやすいことも多いです。

・セミナーや勉強会への参加

起業セミナーなどオフラインのセミナーに参加することで、意識の高い人材を探すことができます。どのような目的を持っているのかも把握できるので、話も合いやすいです。

・インターネットの活用

SNSなどのインターネットを活用し、コミュニケーションを取っていくことで、経営者仲間と繋がることができます。時間をかけてコミュニケーションを取ることで、深く関わることが可能になります。

趣味などに没頭する

趣味があれば孤独感は無くなります。

ここで、経営者の趣味ランキングを紹介します。これらの中にやってみたい趣味があれば、ぜひ私生活に取り入れてみてください。

1位:ゴルフ、2位、読書、3位:散歩、4位:映画鑑賞、5位:スポーツ観戦、

6位:芸術鑑賞、7位:国内旅行、8位:飲食店・スイーツ巡り、9位:ジム、10位:海外旅行

また、テニスという回答も多数ありました。これらの趣味を取り入れてみれば、経営者仲間との会話も弾むかもしれません。

マインドセット

成功は孤独の時間に作られる。

アメリカの発明王エジソンは「最上の思考は孤独のうちになされ、最低の思考は混乱のうちになされる」という名言を残しています。

経営判断を下すのは常に自分自身しかいないので、濃密で深い思考を巡らせるには、大勢に囲まれた賑やかな場所ではなく、静かな場所。集中する環境を構築する必要がある。多くの人は、孤独は結果だと考え、「孤独は作るもの」という発想を持っています。

成功する経営者は1人の時間を作り出す。

成功する社長ほど、一人の時間を意識的に作り出しています。

成功するための必要条件だと考え、他人と馴れ合っている時間を持つことは、孤独に思考を巡らせる時間を捨ててしまうと考える人もいます。孤独は辛いと考えているうちは成功者にはなれないず、孤独を愛するようになるのことが成功への必要条件だ、という言葉もあります。

しかし、経営者の中には、「忙しくてなかなか1人になれない」という人もいます。

そのような状況でしたら、早朝に起床するという習慣を身に付けてみてください。夜は22時までに寝て、朝は5時までに起きる。どんなにビジネスが忙しくても、朝の5時に連絡してくる人はいないですし、子供も寝ている時間です。

1人の空間を作り出し、自分の思考を邪魔するものがない空間で、自己内観とビジネスに向き合うことができる時間を生み出すことができます。

この早朝のゴールデンタイムに、もっとも重要度の高い仕事をこなすことで、経営も上手くいきやすくなります。

このようなマインドセットを持っているか否かで、成功スピードは全然違ってきます。あなたも大切なマインドセットを今1度心得ていきましょう。

経営者は孤独と向き合う覚悟が必要

経営者は、どうしても孤独になる瞬間があります。

その覚悟が無ければ成功することもできません。

その過程で行き詰った時は、経営者の仲間と交流したり、趣味に時間を使ったり、マインドセットを意識してみたり、色々な方法で乗りきりましょう。

経営者が孤独に陥る原因は、「価値観のズレ、本音で喋ることができない、信用しすぎない」ことから生まれます。経営者が孤独から抜け出せない理由は、『立場の違い』に起因します。この前提を理解しておくだけでも、孤独感は少し減ることでしょう。

孤独感を解消しようと思っているのなら、経営者仲間を友人、知人からの紹介、セミナーや勉強会への参加、インターネットの活用で探したり、「ゴルフ、読書、散歩、映画鑑賞、スポーツ観戦、芸術鑑賞、国内旅行、飲食店・スイーツ巡り、ジム、海外旅行」などの趣味を取り入れたりしてマインドセットを整えましょう。

ただ、本物の成功者は孤独と向き合って、意図的に1人の時間を作り出しています。

大きな成功を手にするには何かしらの犠牲は必要です。
経営者として覚悟を持って、ビジネス展開を目指して行きましょう!

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【驚愕の事実】これでも本当になりたいって言えるの?経営者が孤独な理由とは

【驚愕の事実】これでも本当になりたいって言えるの?経営者が孤独な理由とは

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【驚愕の事実】これでも本当になりたいって言えるの?経営者が孤独な理由とは
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事