line hatena

【当てはまったら即行動】UIデザイナーに向いている人の特徴はこれだ!

【当てはまったら即行動】UIデザイナーに向いている人の特徴はこれだ!

Web開発に携わる仕事には、UIデザイナーというものもあります。

ユーザーが直接触れるWebサイトのメニューや、スマートフォンアプリのボタンといった、UIを作る仕事です。

UIは、システムの使い勝手に直結するため、開発したWeb製品がユーザーに使ってもらえるかどうかは、UIにかかっていると言っても過言ではありません。

そのUIを作るUIデザイナーには、どういった人が向いているのか、特徴を解説していきます。

自分よりもユーザーを優先させられる人

UIデザイナーはあくまでも、ユーザーが快適に使用できるUIを作ることが仕事です。

自分が手掛けたデザインを、アピールする仕事ではありません。

そのため、特定のデザインをどうしても使いたいという、強いこだわりは必要ないです。

ユーザーに求められていないことがわかったら、それまでのデザインを破棄したり、作り直したりできる、柔軟性のある人がUIデザイナーに向いています。

そして、UIデザインの仕事は、目立つことが少ないです。

求められるのは、ユーザーがストレスを感じず快適に使用できる、安定したUIを作ることです。

UI自体が目立ってしまうのは、良くありません。

したがって、特に目立った仕事はしなくても構わない、縁の下の力持ちとしてWeb開発を支えたいという人が向いています。

また、主観ではなく、常に客観的な視点を持てることも大切です。

UIデザイナーの仕事ではまず、数多くのUIデザインの候補を作ります。

そして、その中で最も良いと考えられるものを選んで、実際に開発を進めていきます。

その選択を行う際には、客観視することが重要です。

長い時間をかけて作ったから愛着がある、個人的には好みではないといった、主観的な理由でデザインを選んではいけません。

あくまでも、自分ではないユーザーの好みに合っているかどうか、ユーザーが使いやすいかどうかを優先することが大切です。

したがって、仕事として、主観を交えずに考えることができる人が、UIデザイナーに向いている人と言えるでしょう。

細かな部分にまで目を向けられる人

UIデザイナーは、より大勢のユーザーに好まれるUIを作らなければなりません。

そのためには、厳しい視点を持ったユーザーも、満足させる必要があります。

ユーザーの中には、UIの使い勝手が少し悪いだけでも、不満を抱く人が大勢います。

そのような人でも満足させられるよう、細かい部分までしっかりと作り上げる必要があります。

したがって、少しの問題点も見逃さない、細かな視点を持っている人が、UIデザイナーに向いていると言えるでしょう。

また、開発前に、数多くのuiデザイン候補の中からひとつを選ぶ際には、候補となるデザインの良い部分だけでなく、問題点をしっかり見極めなければなりません。

UIは基本的に減点方式で、良い部分よりも良くない部分の方が目立つ傾向があります。

たとえ良い部分が数多くあったとしても、見にくかったり、使いにくかったりする部分があれば、ユーザーのUIに対する評価は低くなりやすいです。

そのため、なるべく問題点が少ない候補を選んで、UI開発をすることが重要です。

その候補の見極めのためにも、細かな視点が欠かせません。

したがって、日ごろから、ものごとの細かい部分まで把握しようとする性格の人は、UIデザイナーに向いている可能性があります。

探求心や積極性がある人

UIデザイナーは、常に新しいUIデザインを作ることを考える必要があります。

一般的なデザインには流行がありますが、UIデザインも例外ではないです。

せっかく作り上げたUIデザインでも、時間の経過と共に、ほぼ確実に流行遅れとなります。

そのため、常に流行に乗ったデザインを作り続けなければなりません。

そして、流行に乗れる新しいUIデザインを作るためには、色々な情報を取り入れることが大切です。

新しいUIデザインに繋がる要素は、売れているスマートフォンアプリや、人気のあるWebサイトなど、いたるところにあります。

自らの仕事のために、そのような要素を常に探し回れる、探求心を持った人であれば、UIデザイナーとして成功する可能性は高いでしょう。

また、UIに関する技術は、すぐに新しいものが登場してきます。

UIデザイナーとして働き続けるためには、その技術をいち早く取り込むことが大切です。

技術に関する知識は、最新の書籍を参考にしたり、セミナーに参加したりすることで身に付けられます。

したがって、受け身ではなく、自ら積極的に学ぼうとする姿勢がある人もUIデザイナー向きです。

大勢の人と問題なくコミュニケーションが取れる人

UIデザイナーの仕事は、あくまでもWeb開発の一環です。

そのため、Web開発で、UIデザイン以外を担当している人と、コミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があります。

特にWebデザイナーとの連携は、アプリやサイトのビジュアルに関わるため、非常に重要です。

また、ボタンの配置のような、システムに関わる部分は、プログラマと共同で作業を進めなければならないことが多いです。

もし、他の開発者との連携が取れていなければ、UI自体が稼働しなくなる恐れがあります。

そうならないために、綿密なコミュニケーションが必要です。

Web開発には、色々な人が携わっています。

中には、癖のある性格をしている人もいるでしょう。

そのような人が相手であっても、問題なくコミュニケーションを取って、UIデザインに必要な連携をしなければなりません。

したがって、日常生活で特に相手を選ばず、誰とでも仲良くできるコミュニケーションスキルを持っている人は、UIデザイナー向きと言えるでしょう。

分析や問題解決が得意な人

UIデザイナーは、UIを一から設計していくのが仕事です。

そして、クライアントの依頼内容次第で、作り上げるべきUIは大きく異なります。

UIは、Web製品の使用目的やターゲットに合わせた仕様にしなければなりません。

そのためには、ユーザーの年代ごとの趣向や、どのようにしてアプリを使っているかなど、数多くの情報を分析する必要があります。

また、クライアントの中には、漠然とした依頼をしてくる人もいます。

その場合、依頼内容を分析し、求められているUIの形を明確にしていくことになります。

さらに、UIは完成した後でも、問題なく使用できているか、ユーザーにストレスが溜まっていないかを確かめる必要があります。

そして、ユーザーが何らかの不満を持っていた場合、その原因を突き止めて改善しなければなりません。

その際にも、分析力が必要となります。そのように、UIデザイナーにとって、分析力はほぼ必須です。

したがって、大量の情報を分析することが苦ではなく、分析によって問題を解決するのが得意という人が、UIデザイナーに向いている人と言えるでしょう。

uiデザイナーには色々な要素が求められる

UIデザイナーとして働くためには、特別な資格は必要ありません。

しかし、UIデザイナーに向いている人でなければ、仕事として継続させるのは難しいでしょう。

ただ、適性さえ持っていれば、UIデザイナーとして成功できる可能性があります。

したがって、紹介してきた特徴に当てはまる人は、UIデザイナーとして働くことを考えてみると良いでしょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【当てはまったら即行動】UIデザイナーに向いている人の特徴はこれだ!

【当てはまったら即行動】UIデザイナーに向いている人の特徴はこれだ!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. 【当てはまったら即行動】UIデザイナーに向いている人の特徴はこれだ!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る