line hatena

【もっと早く知りたかったと大好評】フリーランスになって後悔する人とそうでない人の違いとは?

【もっと早く知りたかったと大好評】フリーランスになって後悔する人とそうでない人の違いとは?

近年、フリーランスになって後悔する人が続出しています。

もし、あなたが今フリーランスなら、フリーランスになりたいと思っているのなら、アナタは本当に大丈夫ですか?

フリーランスになって後悔する瞬間

フリーランスになって後悔する瞬間は3つあります。

働いても働いても給料が良くならない“収入面”。高単価の仕事が受注できないという“スキル面”。友達と遊んだり、趣味の時間が少なくなる“プライベート面”。

あなたが後悔しないために、絶対に知っておくべきポイントです。

収入面

フリーランスになって1番後悔するのが、収入面です。

フリーランスには、「時間の対価」としてお金をもらう人と、「結果の対価」としてお金をもらう人がいます。ここで、時間の対価としてお金をもらっているうちは、高収入を狙うことができません。

結果の対価として、案件を受注できるようになって初めて、高収入を目指すことができます。

「じゃあ、時給は関係ないんですね!」と思った方はダメな思考です。
高単価の案件/働いた時間で計算する必要があります。どんなに高いお金をいただいても、働いた時間が割に合わなかったら本末転倒です。

では、どのように収入を上げていくのか?その方法は次にお話する“スキル”にあります。

スキル面

スキルがない=誰でもできる。

まず、このことを前提として理解してください。
スキルがない状態ですと、誰でも出来る仕事が多いという状況になります。なので、「時間を切り売りする」という働き方になってしまいます。そうならないために、業界的にも価値のあるスキルを身に付ける必要があります。

1つのスキル100点を目指さなくても、「複数のスキルを掛け算」することによってスキルの希少性を生み出すことができます。例えば、プログラミング×マーケティング。WEB制作×セールスライティングなど、複数のスキルを組み合わることも収入を上げる面においてはポイントになります。

プライベート

働き方を間違えると、プライベートが無くなります。

土日が無くなったり、平日に朝から晩まで働いたり。この現象に陥ってしまうフリーランスがとても多いです。
あなたがそうならないためには、「できない案件を受注しない、仮日程を立てて行動する、外注を考える」この3点がポイントになってきます。

たくさん稼ぎたい!言って色々な案件を受注してしまうと、1つ1つの品質が低くなったり、納期に間に合わなくなってしまうことがあります。そのため、受注する時に仮スケジュールを組みましょう。または、周りに同業種の方がいれば、外注するのも1つの手です。

案件を外注して回せるようになれば、あなたの収入は無限ループに増えていきます

フリーランスになった後にできる対策

フリーランスになった後、『経費と控除』見直すことがオススメします。

経費と控除を上手く活用することで、あなたは何もしなくても収入が上がるようなものです。この情報を知っているか、知らないかだけで、収入面に大きすぎる差が生まれます。

なぜなら、課税対象となる所得金額は、「所得の合計額ー経費ー控除額」によって算出されます。
つまり、経費や控除額をしっかり把握しておくことで、課税対象となる所得を減らすことができます。所得控除は、健康保険、国民年金、介護保険』などの社会保険料の控除がメインとしてあります。他にも、基礎控除や配偶者控除、扶養控除や医療費控除など、様々なものがあります。

フリーランスが良く使える経費は、主に『11項目』あります。

通信費:携帯電話やインターネット通信でかかる契約料や利用料などを半分を計上。

旅費交通費:電車やタクシーなど、業務に必要な移動手段を利用したときにかかる費用。

接待交際費:業務に関する飲食や、接待にかかる費用。

地代家賃:自宅を事務所として利用している場合、場所を確保するための家賃も一部経費として計上。

外注工賃:外注を依頼する時には、外注工賃という科目で費用計上。

水道光熱費:フリーランスの場合、電気代の一部を計上。

広告宣伝費:名刺作成や広告などは広告宣伝費。

新聞図書費:業務に必要となる書籍購入などの必要経費。

租税公課:税金の支払いなど公的な負担金の経費。

減価償却費:パソコンなど資産価値のあるものは、耐用年数に応じて分割で経費として計上。

消耗品費:事業を運営していくにあたって、机や椅子、文房具など10万円未満のもの。

上記の経費を仕分けして、課税対象となる所得金額を合法的に少なくすることが重要になります。この対策だけでも、税金の負担はガクンと下がります。

フリーランスで後悔したら再就職も1つの方法

もし、「フリーランスではこの先心配…」という思いがあるのなら、早めに再就職するのも手です。
ここでズルズル続けていても、金銭的・精神的・労力的にも負のスパイラルに陥ってしまいます。ですので、「〇〇歳までに××円を達成できなかったら再就職する!」という風に決めておくのが良いです。

年齢を重ねるごとに転職しにくくなります。

ですので、早めにキッパリと決めておく覚悟も必要になってきます。その判断がこれから生きていく何十年もの未来が決まります。スピード感を持って、本気で進んでいくと自ずと収入は上がっていくはずです。

一度の人生やる後悔よりやらない後悔の方が大きいですが計画性は大切です

人生は1度しかありません。1ミリでも挑戦してみたいと思ったらなら、挑戦することをオススメします。
やらない後悔の方が圧倒的に大きくなるので、迷ったやるというスタンスで挑んでみてください。そこで、短期的にも長期的にも計画を立てていきましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【もっと早く知りたかったと大好評】フリーランスになって後悔する人とそうでない人の違いとは?

【もっと早く知りたかったと大好評】フリーランスになって後悔する人とそうでない人の違いとは?

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【もっと早く知りたかったと大好評】フリーランスになって後悔する人とそうでない人の違いとは?
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事