line hatena

【伸びている会社では当たり前】事業計画書の作成の仕方で資金調達のあり方が変わる

【伸びている会社では当たり前】事業計画書の作成の仕方で資金調達のあり方が変わる

フリーランスやスモールビジネスをするときには事業計画書を書かずに事業を進めていくケースもあります。

しかし、資金対策をする上では事業計画書の作成が重要な意味を持ちます。
この記事ではフリーランスやスモールビジネスで事業計画書を作成するメリットを資金の観点から解説します。資金調達のあり方が変わるポイントなので参考にしてください。

事業計画書を書く3つのメリット

事業計画書はフリーランスやスモールビジネスでは書かなくても問題はありません。

しかし、事業や資金について考える上では事業計画書の作成が重要な意味を持ちます。
事業計画書を書く3つのメリットをまず確認しておきましょう。

・銀行融資などの資金調達に有効活用できる

フリーランスでもスモールビジネスでも資金調達が必要になるシーンがあります。

国や自治体による支援を受けられる場合もありますが、銀行融資はまとまった金額を調達できる点でよく注目されています。銀行融資は審査が厳しく、フリーランスやスモールビジネスでは借入をするのが難しいというのが一般的な見解です。

しかし、事業計画書が整っていて、事業価値があって返済の見込みもあるとはっきりと理解できるようにしておけば、個人の事業でも銀行融資を受けられることはよくあります。

事業計画書がないとビジネスの全貌が見えず、審査を受けることすらできない場合もあるので注意が必要です。

・事業の収支について深く分析できる

事業計画書は収支の見通しについて根拠に基づいて記述します。

収益を得られる根拠や、どのような目的でどんな支出をする計画なのかを具体的に書くのが一般的だからです。
事業の収支について深く分析する機会になり、客観的な視点でビジネスの将来性を確認できます。現状のビジネスモデルに問題がないか、改善点はないかといった点も再考するチャンスになります。

・事業の市場性や問題点を整理できる

事業計画書は他人に理解できるような書き方をするのが原則です。事業の内容や予算計画などについて説明するための資料だからです。

事業の魅力を伝えるために市場性を紹介したり、競合の様子を分析した結果を記述したりします。
また、資金調達のときにはどのような問題点を抱えていて、解決のために何が必要なのかを具体的に記述することが求められます。

事業戦略やマーケティング戦略を考える上で重要な一通りの分析を通して状況を整理できるのが事業計画書を書くメリットです。

事業計画書の書き方の基本

事業計画書はフォーマットが決まっているわけではありませんが、書き方には基本があります。

ここでは資金調達を見越して事業計画書を書くときの基本事項を紹介するので参考にしてください。

・必要事項を全て盛り込む

フォーマットが存在しないだけで、事業計画書には記述すべき必要事項があります。事業の沿革や代表者の情報、従業員の状況などの事業全般の概要は必須です。

ビジネスモデルや商品・サービスの概要、取引先との関係や業績についてもまとめます。
また、事業の魅力をアピールするために市場性や競合の状況などに基づいて、強みや展望を記述するのが一般的です。

今後の事業計画を具体的に書き出し、必要な資金と用途、計画の実施によって得られる効果などを記述していきます。
それによって今後の収支がどのようになるか、資金繰りの計画はどう変わるかをまとめます。

このような内容を全て盛り込み、わかりやすく仕上げるのが事業計画書を書くコツです。

・パワーポイントにまとめる

事業計画書はパワーポイントにまとめるのが基本です。

損益計算書などはエクセルなどを使って表にまとめた方がわかりやすいですが、ビジネスモデルを説明するには図表を使った方が理解しやすいでしょう。

事業の概略の説明などは文章で書くのが通例です。
このようなさまざまなプレゼンテーションの方法を組み合わせることで見やすい資料ができるので、パワーポイントを使うのが最も合理的です。
事業計画のヒアリングが実施されることもあるので、パワーポイントにまとめておくとそのまま使用できます。
事業計画書をパワーポイントにまとめた例はたくさんあります。参考にしてみると大まかな構成を作成しやすく、魅力的な事業計画書を仕上げることができるでしょう。

・定期的に更新する

事業計画書は定期的に更新していくのが重要なポイントです。資金調達をするタイミングで最新の情報にすることは欠かせません。

しかし、それ以前から何度も事業計画書を書き直し、追記をしていくと事業に対する理解が深まっていきます。
内容的にも充実したものになるので、アピール力のある仕上がりになるでしょう。

事業計画書を書いて資金調達を合理化しよう

事業計画書はフリーランスやスモールビジネスでも重要です。

資金調達をするときに事業や資金収支をよく理解してもらうための資料として役に立ちます。
自分自身がビジネスについて客観的に理解する上でも役に立つので、事業計画書を作成しましょう。

予算や資金繰りについてもよくわかるため、合理的な資金調達ができるようになります。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【伸びている会社では当たり前】事業計画書の作成の仕方で資金調達のあり方が変わる

【伸びている会社では当たり前】事業計画書の作成の仕方で資金調達のあり方が変わる

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【伸びている会社では当たり前】事業計画書の作成の仕方で資金調達のあり方が変わる
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事