line hatena

フリーランスの確定申告に源泉徴収票は発行される?もらえないって本当?

フリーランスの確定申告に源泉徴収票は発行される?もらえないって本当?

これからフリーランスとして活動を考えている人の中には、確定申告に対して不安を感じている人が少なくないかもしれません。

そんなフリーランスの人に多い疑問のひとつが、「確定申告をする際に源泉徴収票はもらえるのか」という点です。

この記事ではフリーランスの人によくある「源泉徴収に関する疑問」に関して詳しく解説をします。

フリーランスになったら確定申告が必須!

確定申告とは1年間の所得金額から所得税を自分で計算し、管轄の税務署に届け出ることを言います。

サラリーマンであれば雇用主である会社が給与やボーナスなどから所得税を計算して代わりに納めてくれるので、本人は基本的に確定申告をせずに済みます。
しかしフリーランスになった以上、雇用主は自分自身なので、確定申告は自分で行わなければなりません。
所得税は1年間(該当する年の1月1日から12月31日まで)の所得に対して課せられる税金です。この1年間の所得をもとに所定の確定申告書類を作成し、翌年の2月16日から3月15日までの間に管轄の税務署に届け出る義務があります。

フリーランスの場合ですと、年間の所得が48万円を越えた場合には確定申告をしなければいけません。

これは年間所得が2400万円以下の場合の基礎控除額(所得から差し引かれる金額)が48万円だからです。
所得とは収入から必要経費を差し引いたもので、たとえばフリーランス1年目の収入(売上)が500万円で経費が100万円だった場合の所得は400万円ということになり、この400万円に対して所得税が課せられます。

ちなみに年間の所得が48万円以下の場合は課税所得がゼロまたは赤字になるので基本的に確定申告は必要ありませんが、国民健康保険料の減免が受けられるなどのメリットもあるので、申告しておいた方が良いでしょう。

フリーランスは源泉徴収票がもらえない?

会社員やパート、アルバイトの経験がある人は、年末になると勤め先の会社から「源泉徴収票」という書類を受け取ったことがあると思います。
源泉徴収票とは簡単に言うと、1年間に受け取った給与やボーナスの金額や、納めるべき所得税、扶養控除などが書かれた書類です。

先述した通り、この源泉徴収票に記載された金額をもとにして会社が税金を納めてくれるので、会社で働いている人は特に何もする必要はありません。
しかしフリーランスになると、基本的にこの源泉徴収票はもらえません。

ではフリーランスはどのようにして所得を申告し所得税を納めるのかというと、その答えが「確定申告」です。

フリーランスは源泉徴収票をもらえない代わりに、自分で所得金額や所得税を計算した「確定申告書類」を作成し、管轄の税務署に届け出なければいけません。
フリーランスはサラリーマンやアルバイトのように「お給料(収入)をもらいっぱなし」というわけにはいかないのです。そのため仕事の相手先から支払われた報酬関係の明細書や、経費として購入した備品の領収書などをきちんと保管しておかなければいけません。
なぜならそれらがないと正しい所得を計算することができず、確定申告書類も作成できないからです。

このようにフリーランスは、営業をして仕事を取ってくるところから税金を納めるまでのすべてを行わなければならないのです。

フリーランスでも源泉徴収されるケースがある

基本的にフリーランスは源泉徴収票がもらえることはありませんが、受け取る報酬の種類によっては源泉徴収されるケースがあります。

国税庁のホームページ「源泉徴収のあらまし」によると、報酬が次のものに該当する場合には、支払いの都度その所得税額を源泉徴収しなければならないと定められています。

・原稿料、講演料、デザイン料などの報酬
・弁護士や司法書士等への報酬
・社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
・プロ野球選手やモデル等への報酬
・芸能人や芸能プロダクションを営む個人への報酬
・バーやキャバレーなど接待を行うホステスやコンパニオンなどへの報酬 ・野球選手の契約金など一時的に支払う契約金
・事業の広告宣伝のために支払う賞金や馬主に支払う競馬の賞金

フリーランスに支払われる報酬の種類が上記のいずれかに該当する場合には、報酬を支払う側が源泉徴収をしなければなりません。
簡単に言えば、仕事の依頼元がフリーランスに報酬を支払う際に、報酬から所得税相当額を差し引いた(源泉徴収した)金額で支払うということです。

たとえばフリーランスのWebライターとしてある原稿を書いた場合、実際に振り込まれる金額は原稿料から所得税相当額が引かれた額になります。

このような形であらかじめ所得税が源泉徴収された場合、確定申告書類に記載する所得金額は「源泉徴収されたあとの金額」でなければいけません。
なぜなら源泉徴収される前の報酬金額を書いてしまうと、所得税が二重で徴収されてしまうからです。

ちなみに受け取った報酬があらかじめ源泉徴収されている場合には、確定申告書類にある「源泉徴収額」の欄に該当する金額を記載します。

源泉徴収のしくみを知って正しい確定申告を!

これからフリーランスとして活動を考えている人やフリーランスになりたての人にとって、確定申告に苦手意識を持つ人は少なくないかもしれません。

サラリーマンやアルバイトなら会社が源泉徴収して所得税を納めてくれますが、フリーランスは自分ひとりで計算をして納税しなければいけないからです。
とはいえ正しい知識を身に付ければそれほど難しいことはありません。

困ったことがあればこの記事の内容を参考にして下さい。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
フリーランスの確定申告に源泉徴収票は発行される?もらえないって本当?

フリーランスの確定申告に源泉徴収票は発行される?もらえないって本当?

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. フリーランスの確定申告に源泉徴収票は発行される?もらえないって本当?
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事