line hatena

フリーランスの成功率は極めて低い!!生き延びるためのコツを解説

フリーランスの成功率は極めて低い!!生き延びるためのコツを解説

働き方が多様化する今、フリーランスに転身する方も増加傾向にあります。

場所や時間に捉われず、自分の好きな仕事ができるフリーランスは、非常に魅力的な働き方だと感じる方も多いのではないでしょうか?

しかし、フリーランスに転身して成功する人がごく限られているのもまた事実。

フリーランスになる際は、稼ぎ続けるための「コツ」を押さえておかなくてはいけません。

そこで今回は、フリーランスの成功率とともに、生き延びるためのポイントを4つ解説します。

フリーランスの成功率はどのくらい?

結論として、フリーランスに転身して10年事業を継続できる方の割合はほんの1割程度です。

これは中小企業庁が出したデータで「開業届を出した事業者」に限った話のデータではありますが、成功率は非常に低いことがわかります。

さらには、全体のおよそ4割弱が1年以内に、6割が3年以内に廃業を選択。

フリーランスとして生き残ることは非常に過酷な道だと言えるでしょう。

フリーランスは、「転身するだけ」なら非常に簡単です。

個人事業主として開業届を提出するなど、必要な手続きを済ませるだけのため、ある意味では一般企業に就職・転職するよりもハードルは低いと言えます。

しかし、大変なのが「なってから」です。

フリーランスになると、ただ得意な仕事を続けるだけでなく、体調や案件管理・税務・法務など、仕事に関わるあらゆる業務を自分でこなさなくてはいけません。

それにより、以下のような失敗パターンも生まれます。

・自分に甘く、他人の目が無いとどんどん仕事をサボってしまう
・営業やクライアントとの連絡のやりとりがストレスで疎かになりがち
・収入がなかなか安定しないことが不安で仕事にも手が付かない
・フリーになってから仕事の実力不足を思い知った

フリーランスとして仕事を続けていくためには「継続する力」が不可欠です。

この力はあらゆる業界において、すべての人に備わっている技量ではないため、成功率が低いことにも繋がっています。

フリーランスとして稼ぎ続けるコツ4つ

フリーランスとして成功するまでの道のりが過酷なことは事実ですが、それでも成功している方が多くいるのも事実です。

では、1割程度と言われている「フリーランス成功者」になるためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここでは、フリーランスとして稼ぎ続けるためのコツを4つ伝授します。

高額報酬を得ていく努力をする

フリーランスを対象とした案件は多岐に渡ります。

案件は難易度や作業工程・規模によって報酬も幅広く、一般的には「簡単な仕事ほど安価で、専門技術が問われる難しい案件ほど高単価」です。

特にフリーランスになりたての方だと「まずは簡単な仕事から」と考える方もいるでしょう。

しかし、早い段階から自分のスキルや実績を活かせる仕事に目を向けていくことも大切です。

フリーランスとして安定した収入を得るためにも、より高単価の仕事を任せられるだけの「市場価値」を高めることは不可欠です。

規模の大きい仕事や専門知識を深く問われる仕事の経験が豊富であれば、より高単価・やりがいのある仕事に挑戦できるチャンスを得られるでしょう。

そのための実績作りは、フリーランスに転身した序盤から始めておく必要があります。

案件を見る際は「初心者向けかどうか」ではなく「自分に出来る仕事かどうか」に焦点を当ててクライアントに声を掛けましょう。

人脈を大切にする

「仕事は人脈が命」と言われており、これはフリーランスになるとより色濃くなります。

例えば1つの案件が終わったとしても、クライアントからの印象が良ければ別の案件を相談されるケースは、フリーランス業界では珍しいことではありません。

このパターンが続けば、自分で営業を掛ける必要が無くなり、さらに業務に専念できるようになるでしょう。

また、直接仕事や報酬に繋がらなくても、業界の情勢を知る上でも人脈は大切です。

例えば会社勤め時代の同僚と交流があれば、需要が伸びている事業やスキルをいち早くキャッチできることもあるかもしれません。

こうした「ネット検索では簡単に手に入らない情報」をキャッチできるのも、人脈があってこそです。

フリーランスは1人で仕事をこなしていく孤独な働き方でもあります。

だからこそ、人との繋がりを大切にすることで、より充実した仕事環境を手に入れましょう。

仕事が無くならないためのリスク分散をする

フリーランスは、突然案件が打ち切られて次の日から仕事が無くなってしまうことも珍しくはありません。

1つのクライアントに依存して仕事を請け負っていると、収入がガクンと落ち込んでしまうケースもあるため、リスク管理も徹底する必要があります。

そこで意識したいのが、常に複数の案件を抱えておくことです。

例えば、1ヶ月に3つのクライアントから仕事を請け負っておけば、そのうち1つの案件が打ち切りになっても2つの案件で収入を得ながら新たな案件を探せます。

それができるようになれば、収入面に不安を抱えることなく安定してフリーランスとして仕事を続けていけるでしょう。

もちろん、たくさんの案件を抱えすぎて手に負えなくなってしまってはクライアントにも迷惑を掛けてしまいます。

そのため一定期間でこなせる仕事量かどうかを念頭においた上で、案件を管理することも不可欠です。

自己管理を徹底する

フリーランスは体が資本です。もし自分が体を壊してしまえば、その穴を埋めてくれる人はいないため、体調管理を徹底することも忘れてはいけません。

特にフリーランスは、時間や場所に捉われずに仕事ができることが強みではありますが、不摂生を続けていれば健康を損なってしまいます。

そこで意識したいのが、以下の4つです。

・栄養バランスの取れた食事を摂る
・夜はしっかりと睡眠時間を確保する
・定期的に体を動かすことを意識
・朝は必ず日光を浴びる

デスクワーク中心のフリーランスの場合、外出の機会が減り運動や日光を浴びる機会が減ってしまいがちです。

しかし、それらを怠ってしまうと自律神経が乱れ、体に不調を感じたまま仕事を続けることにも繋がってしまいます。

健やかなフリーランス生活を送るためにも、意識的に健康的な生活を送りましょう。

フリーランスの成功率を上げて仕事の途切れない状況を作ろう!

フリーランスの成功率は非常に低く、「ごく限られた人にしかできない働き方」のように思われがちです。

しかし「フリーランスとして働いていきたい」という気持ちがあるのなら、続けるためのコツを徹底することで、フリーランスへの道は拓けていきます。

最後に、フリーランスの成功率を上げるためのコツをまとめます。

・自分にできる仕事を把握して高単価な案件を狙う
・人脈を大切にし継続案件・業界の情報をいち早くキャッチ
・無理のない範囲で複数案件を受け持ち安定した収入を目指す
・仕事を続けていける心身を養うため健康管理を徹底する

企業で正社員として働くのもフリーランスとして働くのも、仕事の選択肢の1つです。

ただ、軽い気持ちでフリーランスに転身して、失敗し再就職も困難な状態になってからでは遅いため、失敗しないための下準備は欠かせません。

フリーランスとしての働き方に興味がある方は、転身の前に「成功のコツ」を押さえてから挑戦することをおすすめします。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
フリーランスの成功率は極めて低い!!生き延びるためのコツを解説

フリーランスの成功率は極めて低い!!生き延びるためのコツを解説

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. フリーランスの成功率は極めて低い!!生き延びるためのコツを解説
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事