line hatena

ミニ株って何?初心者さんでも始めやすい単元未満株について

ミニ株って何?初心者さんでも始めやすい単元未満株について

投資にはさまざまな方法がありますが、特に初心者が株について学びながら資産運用を続けていくうえで注目してほしいのがミニ株です。

ミニ株とは少数の株式から購入できる投資方法で、少額から投資に挑戦できます。

投資に回せるお金が限られている若い年齢層の方や投資未経験者にもおすすめの投資方法だといえるでしょう。

今回はミニ株の特徴とともに、初心者にもおすすめのミニ株銘柄についてご紹介します。

初心者さん注目のミニ株とは?

投資初心者にこそ、少額から株式投資を始められるミニ株(単元未満株)がおすすめです。

一般的に株は10株〜100株など、一定数を1単元と数えてまとめ売りしています。

しかし増株などの影響で生まれた余剰の株は、ミニ株として1株ずつ購入でき、特に少額で人気銘柄を保有したい場合に向いています。

以下では、初心者におすすめしたいミニ株の特徴や魅力をご覧ください。

少額から投資できる

株を1単元(100株単位)で購入する場合、特に人気企業の株だと数十万円〜数百万円の資金が必要であることも珍しくありません。

しかし、株初心者がいきなり数十万円単位のお金を投資に回すことは非常にハードルが高いですよね。

しかしミニ株であれば1株ずつ株式を購入でき、有名企業や株価が高い位置で安定している企業の銘柄も、数千円ほどで保有できます。

分散投資をしやすい

ミニ株は1銘柄あたりの保有に掛かる元金を抑えられるため、複数の銘柄に分散投資しやすいことも魅力です。

分散させることは投資において重要で、万が一1つの保有銘柄の株価が下落しても、ほかの株価が安定していたり成長を見せていれば、トータルで見た損を減らせます。

そのため気になる銘柄を複数種類購入し、分散投資を始める際にも役立つでしょう。

初心者向けの株の始め方は?簡単に株を始める方法を口座の作り方から解説!

ミニ株(単元未満株)の注意点

ミニ株は初心者がリスクを下げながら投資を始めるのに適した投資方法です。

しかし、ミニ株を利用した資産運用には注意点も存在します。

ここではミニ株で投資を始める注意点をご覧ください。

取り扱いのある証券会社が限られる

ミニ株は証券会社が1単元に括って販売できない余剰の株式を提供している販売方法です。

つまりミニ株の販売は証券会社が独自で行っているものであり、すべての証券会社であらゆる銘柄のミニ株を販売しているわけではありません。

そのためこれからミニ株を利用して投資を始めるのであれば、ミニ株の取扱が豊富な証券会社を選びましょう。

少額投資なので利益も少額である

ミニ株は保有株式の数が少なく、株式保有による値上がり益・配当金もごく限られています。

そのため投資で爆発的な利益を生み出すことも難しいでしょう。

投資で高額な配当金や売却益を生み出すには、相応の株式数を保有しておく必要があります。

ミニ株のおすすめ銘柄は?

ミニ株を購入するなら、銘柄選びが肝心です。

少数でも利益を期待できるもの、安定した値動きを見せるものを選んで少しずつ株式投資に挑戦しましょう。

ここではミニ株投資を始めるならおすすめの銘柄を5つご紹介します。

※当記事は個人の金融商品購入を斡旋・推奨・勧誘・媒介するものではありません。あくまでも情報提供が目的のため、当記事の情報に基づいて被った損害について、当社および情報提供者は一切の責任を負いません。投資・金融商品の購入は自己責任の範囲でご利用ください。

任天堂

ゲーム販売大手として世界中に知られている任天堂は、ゲームの販売状況に応じて株価が大きく値動きします。

しかしゲームに詳しければ、人気タイトルの販売状況などを加味して株価の値動きを予測しやすいことが特徴です。

任天堂のゲーム人気は将来的にも続くことが予測されるため、売買タイミングを見極めればさらなる利益を期待できるでしょう。

三井住友フィナンシャルグループ

三井住友フィナンシャルグループは金融企業として広く知られています。

経営が安定していることはもちろん配当金が高く設定されており、2021年では株価3,000円台であることに対して配当金は1株190円台です。

そのため配当金や値上がり率を踏まえて株を購入したい方におすすめです。

日本たばこ産業

日本たばこ産業は国内外でのたばこ販売・食品販売を行っており、世界的に広く利益を生み出している企業です。

大きな魅力が配当による利益で、日本たばこ産業は1株でも保有していれば配当金を受け取る権利があります。

さらに配当金が高く、2021月では株価が2,000円台であることに対して配当金は1株140円台と、かなりの高還元率であることが特徴です。

ソフトバンクグループ

ソフトバンクグループの株価は2022年11月時点で8,000円台と、1単元ごとに購入するにはある程度の資金が必要ですが、ミニ株であればハードルは下がります。

大きな特徴は、ソフトバンクグループが投資会社も運営している点です。

ソフトバンクグループの投資部門が生み出した利益も配当金や株価上昇に繋がるため、保有しておくとさらなる利益を期待できます。

アスクル

アスクルはオフィス雑貨販売で知られる企業で、大きな特徴が1株から株主優待を獲得できることです。

株価は4,000円を上下していますが、1株でも持っていればアスクルで使える1,000円分の優待券を年2回もらえます。

アスクルで頻繁に買い物する方ならぜひ持っておきたい銘柄です。

初心者さんはミニ株から挑戦してみよう!

初心者におすすめのミニ株について解説しました。

株式投資は100株単位でまとめて購入するとまとまった元金が必要ですが、1株から購入するミニ株投資であれば、数百円・数千円単位で投資を始められます。

もちろん少額で投資を始めるからこそ爆発的な利益を生み出すことも難しいですが、少額投資で株の売買や運用方法に慣れながら、少しずつ利益を生み出し投資に回せるお金を増やしていくのも選択肢の1つです。

自分の投資目標を踏まえて、計画的に・無理のない範囲で株式投資に挑戦してみてくださいね。

文/おかねチップス編集部
監修文/おかねチップス編集部

おかねチップス編集部

おかねチップスは、毎月30件以上の記事配信と業界人へのインタビュー記事等を多く取り上げており、創刊1年で月間25万PVと22万UUの購読者数へと成長。
20代後半から40代後半にかけた、ビジネスマンがメインであり、フリーランス、パラレルワーカー、スタートアップ等の読者層が多数。数多くの著名人にも登壇頂いていると同時に各種専門記事については、記事の信頼性を最新性を担保するために、税理士や各業界のプロフェッショナルを監修に迎えたうえで、各記事を編集・校閲・確認を経て制作。

おかねチップス:https://okanechips.mei-kyu.com/

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
ミニ株って何?初心者さんでも始めやすい単元未満株について

ミニ株って何?初心者さんでも始めやすい単元未満株について

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. ミニ株って何?初心者さんでも始めやすい単元未満株について
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る