line hatena

株初心者がやりがちな失敗7つ!成功するためのやり方も紹介します

株初心者がやりがちな失敗7つ!成功するためのやり方も紹介します

株を始めるなら投資について深く知識を身に付けておく必要があります。

しかし株初心者の場合、投資や金融経済に関する知識がまだ十分に備わっておらず、ときには失敗して損益を被ってしまう可能性も否めません。

そこで今回は、株初心者がやりがちな失敗と、成功するためのポイントを解説します。

株式投資に興味がある方は、ぜひご紹介する失敗・成功ポイントを踏まえて投資に挑戦してみてください。

株初心者にがやりがちな失敗7つ

株初心者がやりがちな失敗として今回ご紹介したいのが7つです。

以下では株初心者が気をつけたい失敗パターン7つをご覧ください。

欲が出て買い過ぎ、売り時を逃す

分散投資をすれば一部の銘柄で損が出ても、ほかの銘柄の利益で穴埋めでき、総合的な評価額を安定させる効果を期待できます。

しかし、多くの銘柄に分散しすぎるのも気をつけたいポイントです。

保有する銘柄の種類が多ければ、同時に見極めなければいけない株価も増えてしまいます。

つまり多すぎると、株価が急上昇した売り時を見逃してしまう可能性もあり、保有株を持て余してしまう場合もあるのです。

底値と天井が分からず売買できない

株価には底値と天井があり、その価格帯を上下する形で値動きしています。

底値と天井は明確に決められているわけではなく、過去の株価データを参考に金額帯を分析する必要があります。

しかし、初心者の場合は株価の値動きの見極めが難しく、チャートを見ても底値と天井がどこなのかわからない方も少なくありません。

底値と天井がわからなければ株を売買するべきタイミングもわからず、結局ベストなタイミングを見逃してしまう可能性もあります。

ネットやテレビの情報で考えずに飛びついて購入

近年では投資への注目度が高まっており、ネットやテレビでも取り上げられることが増えてきました。

ネットやテレビの情報のなかには、一見簡単に大きな利益を生み出せそうな方法もあるかもしれませんが、よく考えずにそれらの情報に飛びつくのは危険です。

もちろんネットやテレビの情報を正しく理解し、正しい運用方法で始めれば成功する可能性もあります。

しかし知識がない状態でとりあえず購入しただけでは、上手く運用できない可能性もあり注意が必要です。

勘に頼りすぎてしまう

金融商品は何千・何万もの種類があり、選択肢が多すぎるからこそどれを買うべきなのかわからず、最終的には勘で決めてしまう方も少なくありません。

しかし勘で決めてしまうと当然失敗するリスクも高く、結果的には思ったように利益を生み出せず後悔してしまう可能性があります。

適当に投資してしまう

勘と同じく注意したいのが、適当に投資してしまう方法です。

金融商品の選択肢が多すぎるからと適当に投資してしまうと、利益が生み出せないだけでなくなぜ運用益が振るわないのか、原因もわからなくなってしまいます。

許容範囲を越えて投資してしまう

投資は基本的に、収入のなかから無理のない範囲のお金で始める必要があります。

万が一投資に失敗すれば、家計をひっ迫することにもなるため、許容範囲を超えた額を投資するのは避けましょう。

リスクを考えない

投資はリスクが付きもので、どんな投資方法であってもときには大きく損失が出てしまう可能性があります。

そのためリスクを一切考えずに投資を始めることは、非常に危険です。

どんな投資方法にもリスクがあり、リスクを減らすにはどうするべきか検討しながら資産運用することが、投資の基本です。

初心者ならどんな株を買うべき?株の買い方を基礎から解説

初心者が株で失敗しないために気を付けたいポイントは?

株初心者はもちろんプロの投資家であっても、資産運用するのであれば失敗を避けるため対策しておく必要があります。

ここでは初心者が株における失敗リスクを減らし、成功の可能性を高めるポイントを解説します。

分散投資をする

保有する株の種類が多すぎると持て余してしまいますが、基本的には分散投資をすることが大切です。

自分がストレスなく継続して管理できる数に絞りつつ、分散投資して投資におけるリスクを減らしましょう。

少額投資をしてみる

投資は100円から始められるものもあるため、家計をひっ迫しないよう少額投資から始めていくのもおすすめです。

もちろん少額だと見込める利益も少ないことが事実です。

しかし少額でも無理のない金額から始め、生み出した利益を再投資すれば、徐々に利益を大きくしていくことも叶うでしょう。

取引ルールを決める

株式投資を始めると、日々移り変わる株価や膨大な金融商品に囲まれ、結局どうすれば成功するのかわからなくなる場合もあるでしょう。

だからこそ、取引ルールを決めて運用を続けていくことが大切です。

例えば運用益がいくらになったら売却するなど、具体的なルールを決めて取引しましょう。

NISAやiDeCoを活用する

投資方法のなかには、NISAやiDeCoなど初心者向けの投資方法も存在します。

これらの投資方法は毎月少しずつ積み立てて投資できるだけでなく、運用益に関する税的な優遇も受けられるため、この点も大きなメリットの1つです。

投資方法により引き出す条件や運用成績が異なるので、あらかじめ確認したうえで自分に合った方法を検討しましょう。

資産状況を常に確認する

保有する金融商品1つ1つの運用益はもちろん、自分の資産状況全体を常に確認しておくことも大切です。

総合的に見て自分の資産運用方法は成功しているのか、利益はどれくらい伸びているのかを確認しておくことで、投資における課題や今後の運用方法が見えてきます。

株を学んで知識を増やす

重要なのが、株について知識を増やしていくことです。

株は投資方法により違いがあり、投資に挑戦するならどのような仕組みで利益を生み出せるのか、理解したうえで活用する必要があります。

投資の仕組みや株に関する知識があれば、万が一大きな値動きがあっても冷静に対応できる、より安定した資産運用を目指せるでしょう。

短期的に利益を求めない

投資は基本的に短期的に利益を伸ばすのではなく、長期的に安定した利益を生み出していくことが必要です。

そのため目先の利益を生み出す方法よりも、長期的に利益を生み出し続けられる方法を見極めて投資方法を選びましょう。

株初心者でも失敗したくない!だったら成功法も学ぼう!

株初心者にありがちな失敗パターンと、成功に導くためのポイントを解説しました。

株式投資にはさまざまな失敗パターンがあり、これから投資を始める株初心者であれば、失敗のリスクがあることを踏まえて慎重な資産運用を目指す必要があります。

そのためには資産運用におけるリスク対策はもちろん、株に関して知識を付けていくことも大切です。

株で利益を生み出すには、株について深く学びながら資産運用を続けましょう。

株初心者にありがちな失敗を防ぎながら、より安定した投資に挑戦してみてくださいね。

文/おかねチップス編集部
監修文/おかねチップス編集部

おかねチップス編集部

おかねチップスは、毎月30件以上の記事配信と業界人へのインタビュー記事等を多く取り上げており、創刊1年で月間25万PVと22万UUの購読者数へと成長。
20代後半から40代後半にかけた、ビジネスマンがメインであり、フリーランス、パラレルワーカー、スタートアップ等の読者層が多数。数多くの著名人にも登壇頂いていると同時に各種専門記事については、記事の信頼性を最新性を担保するために、税理士や各業界のプロフェッショナルを監修に迎えたうえで、各記事を編集・校閲・確認を経て制作。

おかねチップス:https://okanechips.mei-kyu.com/

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
株初心者がやりがちな失敗7つ!成功するためのやり方も紹介します

株初心者がやりがちな失敗7つ!成功するためのやり方も紹介します

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 株初心者がやりがちな失敗7つ!成功するためのやり方も紹介します
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る