line hatena

どっちで働く?-正規雇用と非正規雇用の違いは?

どっちで働く?-正規雇用と非正規雇用の違いは?

日本にはさまざまな雇用形態がありますが、よく並べて比較されるのが正規雇用と非正規雇用についてです。

正規雇用と非正規雇用は、雇用形態に明確な違いがある一方で、業務内容に違いがないケースが多く、格差是正が叫ばれる機会が増えています。

また、政府も働き方改革の一環として正規雇用と非正規雇用の格差を無くすために動き始めており、働き方の形はどんどん変わりつつあります。

そこで、今一度正規雇用と非正規雇用の違いについて見直してみましょう。

今回は、正規雇用と非正規雇用の違いや、各雇用形態のメリット・デメリットを解説します。

正規雇用とは

正規雇用とは、雇用期間に定めがなく、原則的にはフルタイムで働くことが大枠の定義です。

勤め先とは「直接雇用」という形を取り、一般的には他の雇用形態よりも解雇の可能性が低く安定した働き方という認識が広まっています。

以下で正規雇用ならではのメリット・デメリットについてご覧ください。

メリット

・雇用期間に定めがなく安定して働き続けられる
・月給制のケースがほとんどで収入が安定している
・社会保険をはじめとした福利厚生が充実している
・社会的信用度が高く金融機関の審査に通りやすい
・さらに上部の役職に出世・昇級する可能性がある

正規雇用の大きな魅力は、仕事・収入の安定性です。

一度正規雇用で雇われれば、個人の明らかな過失や会社の経営不振でない限りは解雇できません。

また、社会保険に入れる・特定の条件を満たせば手当がもらえるなど、福利厚生が充実していることもその魅力だと言えるでしょう。

さらに、正規雇用であれば社内の上位の役職に出世・昇級できる可能性があります。

また転職においても、正規雇用で一定期間働き続けたことは大きな評価に繋がるケースは多いです。

仕事においてどんどんステップアップしていきたいのであれば、正規雇用の仕事を選ぶことが近道だと言えるでしょう。

デメリット

・残業や休日出勤を強いられるケースが多い
・転勤や異動を命じられるケースが多い
・仕事に対する責任が重く課せられる
・副業を禁止している会社が多い

一方で、正規雇用は会社が無期雇用で人を雇うため、仕事の責任を重く課しているケースが多いのも事実です。

そのため、仕事の進捗によっては残業や休日出勤を強いられたり、時には転勤・異動を命じられる場合もあります。

また、副業を禁止しているケースも多く「会社からの給料では生活が苦しい」と感じても、その中でやりくりせざるをえないことも知っておく必要があります。

非正規雇用とは

非正規雇用には様々な働き方がありますが、大きなくくりでは「正規雇用以外の働き方」として定義づけられています。

基本的には正規雇用よりも働き方の自由度が高く、プライベートを大事にしながら働きたい方におすすめです。

非正規雇用のメリット・デメリットについてご覧ください。

メリット

・プライベートを大事にしながら働きやすい
・仕事に対する責任は正規雇用よりも軽い
・転勤や異動がないケースが多い
・副業や掛け持ちが禁止されていない

非正規雇用は基本的に労働時間に規定がなく、プライベートのスケジュールに合わせて労働時間や出勤日を決められます。

また転勤や異動を命じられるケースが少ない、副業が禁止されていないなど、より自分に合った働き方ができるのも非正規雇用ならではのメリットです。

デメリット

・正規雇用よりも雇用が安定しない
・時給制・日給制が多く収入が安定しない
・福利厚生を受けられないケースが多い
・社会的信用度が低い

非正規雇用は期間を決めての契約制で、長くても1年単位で契約を更新する必要があります。

この契約更新のタイミングで、非正規雇用の場合は会社側から契約を打ち切られるケースも多く、この点が不安定と言われている理由の1つです。

また、非正規雇用はプライベートとバランスを取りながら働ける一方で、正規雇用と同じ仕事をしても福利厚生を受けられない場合もあります。

どんな雇用形態があるの?

非正規雇用にはさまざまな雇用形態があります。

どの働き方を選ぶのかによっても、働き方に違いがあるため自分にはどんな働き方が合っているのか知っておくことも大切です。

ここでは、非正規雇用の雇用形態を3つご紹介します。

パート、アルバイト

パートやアルバイトでの仕事は、経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

この2つの働き方は法律上の定義は全く同じです。

多くの場合は事前にシフトを組み、労働時間と時給から給与が算出されます。

また、パート・アルバイトの場合は労働時間に応じて会社の健康保険・厚生年金に加入できる場合もあります。

派遣

派遣とは、派遣会社と雇用契約を結び、依頼を受けた企業に派遣され、その企業内の社員として働く仕組みです。

派遣も数ヶ月から1年単位で契約の更新が必要ですが、アルバイトよりも収入の安定性が高く、契約期間が終了しても別の派遣先を案内されます。

また、派遣社員の場合は労働者派遣法が適用されるため、この点も押さえておく必要があります。

業務委託

業務委託とは、個人が会社と契約を結び働く方法で、在宅ワークやフリーランスと呼ばれるケースもあります。

基本的に労働時間の規定はなく、委託された仕事・成果物を納期内に納品することが必要です。

報酬は仕事単位で発生する成果報酬制、仕上がりに見合った報酬を算出する出来高制などがあるため、契約前に報酬の形式・額もよく把握してから契約を結ぶ必要があります。

待遇やお給料も考えて選択していこう

正規雇用と非正規雇用の違いについて解説しました。

日本では一般的に正規雇用の方が優遇されているイメージが強いですが、非正規雇用にも非正規雇用ならではのメリットがあります。

そのため、数ある雇用形態の違いを把握した上で、自分に合った働き方で働ける求人を見つけることが大切です。

また、雇用形態だけにとらわれず、その会社の待遇や雇用制度をよく確認して選ぶことも欠かせません。

仕事を選ぶ際は、あなたが理想とする働き方や求める制度を今一度考えた上で求人をチェックしましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
どっちで働く?-正規雇用と非正規雇用の違いは?

どっちで働く?-正規雇用と非正規雇用の違いは?

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. どっちで働く?-正規雇用と非正規雇用の違いは?
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事