line hatena

【有料級なので見ないでください】会社員におすすめの副業と注意点をわかりやすく解説!

【有料級なので見ないでください】会社員におすすめの副業と注意点をわかりやすく解説!

会社員が副業を始める光景が、珍しくない時代になりました。

本業以外に収入を得る手段を確保できれば、経済面ではもちろん精神的にもゆとりが生まれ、人生をより楽しめます。

とはいえ、副業を始めようにも、何をすればよいのか分からない人は少なくありません。よく調べずに始めてしまい、稼げないまま時間を無駄にするケースもあります。

副業を検討する前に押さえておきたい注意点と、簡単に始められるおすすめの副業を紹介します。

副業をはじめるサラリーマンが増えている

副業を始めるサラリーマンは、確実に増えています。理由は主に以下の〇つです。

・厚生労働省の方針に従い、副業を認める会社が増えた
・終身雇用や年功序列の概念が崩壊し、昇給が期待できない
・残業の減少や有給取得の奨励、テレワークの増加により、副業に充てられる時間が増えた
・すき間時間で稼げる仕事が増えた

2018年に公布された「働き方改革関連法」に基づいて、厚生労働省は会社員がもっと自由に副業できるように、ガイドラインを定めました。このため社員の副業を解禁する会社が増え、副業人口も順調に増加しています。

インターネットを使えばどこにいても仕事ができるようになり、副業を始めやすい環境が整ってきたのも大きな要因です。やる気さえあれば、通勤電車の中や寝る前の1~2時間で、サクッと稼げる仕事も増えています。

副業は本業とのバランスが大事!目的をしっかり決める

副業へのハードルが下がったことで、安易に副業を始めて失敗するケースも目立つようになりました。

例えば副業が忙しくて本業がおろそかになったり、体を壊したりしてしまえば、素敵な未来が待っているとはとても言えません。副業はあくまでも副業ですので、本業に支障の出ない範囲で頑張るのがスマートなやり方です。

またどんなに簡単そうな仕事でも、慣れるまでは思うような収入が得られないこともあります。ただし副業には、金銭面だけではない、さまざまなメリットがあるのも事実。

新しいスキルを身に付けたり、独立の準備になったりする副業なら、最初は稼げなくても形になるまで頑張れるでしょう。

「友だちがやっているから」「なんとなく稼げそうだから」などの曖昧な理由ではなく、何のために副業するのか、目的をしっかりと決めてから始めることをおすすめします。

副業が年間で20万円を超える場合は確定申告が必要

会社員が副業を始める際は、税金についてもチェックしておきましょう。

「副業の所得が年間20万円以上」ある場合、所得税の確定申告が必要です。

「所得」とは、収入から経費を差し引いた金額です。

副業の報酬が年間30万円だったとして、交通費や材料費などの必要経費が12万円かかった場合、18万円が所得金額となり確定申告の必要はありません。

一方で、経費が6万円なら24万円の所得があったことになるため、確定申告の対象となります。確定申告は会社員には馴染みが薄く、苦手意識を持っている人も少なくありません。

しかし会社員の確定申告手続きはそれほど面倒ではありませんし、税金の知識を得るよい機会にもなります。

副業の所得金額にかかわらず、勉強しておいて損はないでしょう。

所得税の確定申告|国税庁
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm

未経験でも出来る会社員におすすめの副業とは

会社員は本業の拘束時間が長く、通勤にも時間を取られます。

副業を始めるなら、自宅で空いたにできる仕事を探してみるとよいでしょう。

資格や経験がなくても出来る、おすすめの副業を紹介します。

Webライター

Webライターは、Webメディアの記事を執筆する仕事です。執筆内容はメディアによってさまざまで、得意なジャンルなら、楽しみながら収入を得られます。

Webライターの報酬は基本的に「1文字〇円」や「1記事〇円」のように、文字数や記事数で決まります。納期や納品数などはクライアントと話し合って決めればよいことがほとんどなので、すき間時間を使って無理のない範囲で働けるのがメリットです。

ただし経験の浅いWebライターが、高単価の案件を受注できる可能性は低く、最初のうちは実績を積むことに労力を費やさねばなりません。

時給で換算すると泣きたくなるようなケースも珍しくないため、それなりの覚悟を持ってチャレンジしてくださいね。執筆スピードが上がり、実績も増えてくると、それなりの単価で受注できるようになりますよ。

データ入力や資料作成

アンケートの調査結果や伝票のデータを入力したり、プレゼンの資料を作成したりする作業は、会社員ならお手の物かもしれません。

パソコンとタイピングのスキルさえあれば、簡単に始められるのもポイントです。近年こうした作業を外注する企業は増えているので、案件探しも難しくはないでしょう。

報酬は決して高いとは言えませんが、速く正確に入力できれば短時間で多くの案件をこなせるので、意外に稼げます。

動画編集

動画編集の需要は、年々高まっています。YouTube動画の編集代行や企業のPR動画作成、ウエディングムービーの編集など、仕事のバリエーションも豊富です。

動画編集のスキルは完全な初心者でも1~2日あれば習得できますから、普段からインスタのストーリーやYouTubeに親しんでいる人なら、すぐに覚えられるでしょう。

一から作成するのではなく、編集するだけなので、カメラや撮影のテクニックがなくても大丈夫です。ただしWebライターやデータ入力に比べると、高スペックなパソコンが必要です。

会社員と副業はセットになってきてます。行動して自分の将来は自分で作ろう!

政府が会社員の副業を後押しする対策を打ち出したことからも、既に会社に依存するだけではリスクが大きい時代になったと言えます。

今副業を禁止している会社も、いずれ解禁する可能性は十分あるでしょう。

副業を検討するなら、早めに行動して将来への不安を少しでも減らしていきましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【有料級なので見ないでください】会社員におすすめの副業と注意点をわかりやすく解説!

【有料級なので見ないでください】会社員におすすめの副業と注意点をわかりやすく解説!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【有料級なので見ないでください】会社員におすすめの副業と注意点をわかりやすく解説!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事