line hatena

【2021年最新】パラレルワーカーと呼ばれる最強の働き方について

【2021年最新】パラレルワーカーと呼ばれる最強の働き方について

近年流行っている新しい働き方、『パラレルワーカー』について知っていますか?

パラレルワーカーとは、パラレル(parallel)「平行・並行」という意味があります。その名の通り、2つ以上の仕事を並行する人を指します。

今回は、このパラレルワーカーのメリット・デメリット、注目が集まっている理由などを深堀りしていきたいと思います。

パラレルワーカーのメリット・デメリット

パラレルワーカーになる場合、メリットもありますが、デメリットも存在します。

2つ以上の仕事を並行するパラレルワーカーに興味がある人は、これらの点を理解しておかなければ、後悔することになります。

メリット

まず、メリットは主に3つです。

「①自分の力で稼ぐ・②複数からの収入源・③会社に囚われない働き方」となります。

①自分の力で稼ぐ

今の時代、会社はいつまでも面倒を見てくれません。業績が悪くなればクビを言い渡されます。

会社に甘えて生きていくのではなく、自分の力で稼げるようなスキルを持っていかなければいけません。パラレルワーカーにはそのようなスキルも身につきます。

②複数からの収入源

本業での仕事がある人は本業に加え、複数の収入源をつくることができます。

コロナウイルスによって、減給されたり会社が倒産したとしても、他の収入源があるので収入が0円になることはありません。

③会社に囚われない自由な働き方

会社では休憩時間を含め、9時間は拘束されます。
平日に大事な予定があっても、合わせにくいことがあります。しかし、パラレルワーカーは基本的に働く時間を自分で決められるので、「時間の融通」がものすごい効きます

他にも会社のルールなどに従わなくて良いので、自由に働くことができます。

デメリット

パラレルワーカーのデメリットとなることは、2つあります。

「①自己成長できないと難しい・②自己管理が難しい」という点です。

①自己成長できないと難しい

「パラレルワーカーの仕事って何がありますか?」という風に、自分で調べずにアレコレ聞いてしまう人はハッキリ言って向いていないかもしれません。

社会はそれほど甘くないため、自ら調べて行動できる人でないと厳しいです。ただ、ここまで読んでいるような気合いがあれば大丈夫だと思います。

②自己管理が難しい

パラレルワーカーになると、複数のタスクを掛け持つことになります。

その間にも打ち合わせがあったりします。このように様々な管理を自分1人でこなさなければいけません。
スケジュールが1つでも遅れてしまうと、信用が無くなり取引が出来なくなってしまうことがあるので、注意が必要になります。

パラレルワーカーに注目が集まる理由

なぜ、今パラレルワーカーという働き方に注目が集まっているのか?それは、コロナウイルスによって変化した時代の流れにありました。

ワークスタイルの多様化

コロナウイルスによってオンライン化が進み、働き方改革が加速して行く中で、ワークスの多様化が始まりました。

大手企業でも副業を解禁する企業が多くなり、2つ以上の仕事を平行して行う人は多くなりました。

副業を解禁して、2つ以上の仕事を平行して行う、という働き方が加速したのは『人生100年時代、年収200万円問題、終身雇用の崩壊』が背景にあります。

この時代の流れによって、個人で稼いでいかなければならないと思う層が多くなりました。

医療が発達していき100歳まで生きやすくなったにも関わらず、年金は2000万円が必要。そして、終身雇用の崩壊。終身雇用という仕組みは、テレワークや複業など、新しい働き方へ急激に変容しつつあります。

企業に勤めているよりも収入が上がるため、パラレルワーカーという働き方は今後主流になっていくでしょう。

コロナによるリモートワークの定着

コロナウイルスによって、リモートワークにシフトしつつあります。

従業員へ支払う電車賃の負担、オフィス代の負担、これらを削減できるリモートワークは、今後も加速すると考えます。実際に、リモートワークをけん引する業界などを見てみると、IT業界、学術研究、金融などの業界が、リモートワークの割合を上昇させています。

また、2021年3月時点で実施中の会社を社員規模で見た場合も、従業員1,000人以上の大企業でも40%を超えています。

パラレルワーカーなどの柔軟な働き方を認めており、必ずしも出社を必要としないリモートワークが、主要な働き方のひとつとして定着し始めています。

リモートワークでは、世界中どこにいてもインターネット環境さえあれば、仕事をすることができます。

育児中でも在宅できるというメリットは、オフィスに出社することでは実現できない新しい動きです。

自分のスキルと肩書きで仕事をしよう

パラレルワーカーになるには、スキルや肩書きが必要になってきます。

どんなスキルや肩書きがあれば、仕事が舞い込んでくるような人材になれるのか?解説していきます。

スキルに関しては、結論から言うと「市場価値が高く、需要のあるスキル」を意識すれば良いでだけです。

それに加え、リモートワークが可能なオンラインで完結できる。ということを意識すれば良いです。
有名なもので言うと、Webライター、Webデザイン、プログラミング、ブログ、YouTube制作、動画編集、SNS運用、などなど色々なものがあります。

肩書きに関しては、自分が会社で作ってきた売上や、○○系会社勤務、○○アドバイザー、○○コンサルタントなど何でも大丈夫です。会社が表示するのをNGにした場合は従うしかありません。

また、国家資格や認定資格の肩書だと、無資格で名乗っていると、経歴詐称等の問題が生じるのでご注意ください。資格などを取得すれば、肩書に対する信頼感も増します。

仕事がまだ見つからないうちは、仕事を発注したい会社や個人が、ネットを通じて仕事を依頼する「クラウドソーシング」などのサイトです。自分がやりたいことと、相手の要求がマッチすれば仕事が成立します。パラレルワーカーの方などに使われているサイトです。

主なサイトは、「クラウドワークス、ランサーズ、ココナラ」この3つが代表的なものになります。

ただ、1点すべき点があります。それは、スキルや実績がないと仕事を獲得しにくい、という懸念点があります。

最初は低単価で実績を積み上げることで、高単価の案件を受注しやすくなります。徐々に単価を上げていき、高収入を目指していきましょう。

パラレルワーカーは今後さらに増えるでしょう

パラレルワーカーという働き方は、今後も加速し個人で稼ぐような時代になっていくでしょう。

個人で稼ぐ力を身に付ければ…

・会社に依存しない収入源の確保

・成果を出すほど収入が増える

・年齢・性別・地域に関係なく収入基盤を作れる

など、たくさんのメリットがあります。

そこで最後に、個人で稼ぐための重要な考え方を1つだけお伝えします。

『作業者にならないように気をつける』

個人で稼ぐ際に注意が必要なのが、下請けの作業者にならないようにすることです。

会社などが引き受けた仕事の全部または一部を、さらに引き受けて行うことを指します。このような、誰でもできるような作業は報酬も安価です。

自分の能力・スキル・知識を高め、それを生かしてより高単価のものを受注していくことが重要です。

パラレルワーカーは、あなたの人生を明るくするための1つの働き方です。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【2021年最新】パラレルワーカーと呼ばれる最強の働き方について

【2021年最新】パラレルワーカーと呼ばれる最強の働き方について

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【2021年最新】パラレルワーカーと呼ばれる最強の働き方について
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事