line hatena

【手順を解説】退職前にすることを整理することで転職活動の質は変わります

【手順を解説】退職前にすることを整理することで転職活動の質は変わります

退職する前にするべきステップ、あなたは知っていますか?

これから説明する手順に沿って行うことで、ラクに退職することができます。

では、どのようなステップで退職するのか?以下をご確認ください。

退職前にすること

退職前にするべきステップは3つ。

「①退職のスケジュールを決める②退職の意思表示をする③引き継ぎをする」

基本的にはこのステップで完結します。順番に詳しく解説していきます。

退職のスケジュールを決める

退職の際に迷惑をかけず、良い関係を築いておけば、退職後にもその会社で築いた人脈が活かせる可能性もあります。

トラブルなく退職をスムーズに行うために、退職を伝える前にしっかりとスケジュールを決めておくことが大切です。

余裕をもったスケジュールを以下になります。

◼︎退職2~3ヶ月前

退職の意思表示する日程を決めます。

退職するにあって1番重要な日程となるのでしっかりと決めるようにしましょう(法律上では退職日の2週間前でも良い)。会社に迷惑をかけず引継ぎ等を考えるとその程度の期間は必要になってきます。

この時、退職の意思は直属の上司に最初に伝えるようにしましょう。

経営者、人事などに直接伝えるのはマナーとしてあまり良くありません。同僚に先に伝えてしまい、噂として上司の耳に入るのも良くありません。

◼︎退職1ヶ月前

退職の意思を伝えたら、「退職届」を提出しましょう。

退職の1ヶ月前〜2週間前には提出してください。その後、上司からの了承を得たら、速やかに業務の引継ぎを行います。

スケジュールを立て、退職の1週間〜3日目前には完全に引継ぎを終えてましょう。

◼︎|退職2~1週間前

取引先、周りの人などへ挨拶回りを始めましょう。

なお、上司に挨拶回りをする意向を伝え、会社側からのなにか指示があればその意向に従います。

引き続き先の人が決まっていれば同行を依頼し、紹介等をしておくとその後の取引もスムーズになるでしょう。

◼︎退職日

最終出社日となります。

お世話になった方々へ挨拶を行います。

また、使用していた備品の返却、書類の受け取りなどの事務手続きを行う日になります。

退職の意思表示

退職の意思表示は、必ずしも書面で行う必要はありません。

本人からの退職の申し出と、会社の承諾さえあれば退職が成立します。

また、本人からの一方的な退職の申し出も、真意に基づくものであれば、口頭でも退職は成立します。法的にも、必ずしも書面で行うことを求めてはいませんと記載されています。

引き継ぎ

実際のところ、退職時の引き継ぎは法律上の義務ではありません。

お金をいただきお世話になった会社をスムーズに退職するために、しっかりと対処することが望ましいとされてるだけです。ただ、中には契約時に引き継ぎの記載がある場合があるので、確認しておきましょう。

退職を伝える前に転職活動を行う

「いざ、転職をするぞ!」と思った方、ちょっと待ってください。

退職を伝える前に、転職活動を行うようにしましょう。

退職時に仕事がなくなってニートになってしまう恐れがあります。そこで、今回は転職のポイントについてご紹介します。

「①どんどん外部の人と話して自己分析を深める②自分の数年後のキャリアプランを考える③できれば副業OKの会社を選ぶ」

どんどん外部の人と話して自己分析を深める

自分にしかないアピールポイントを見つけるため、自分に合う会社を探すため、たくさんの人と話して自己分析を深めていきましょう。

自分だけでは見つけることのできなかった強み、周りの状況を聞いて自分にはどんな会社が合っているのか。冷静に考える必要があります。

自分の数年後のキャリアプランを考える

あなたは数年後どうなっていたいですか?

スキルを身につけて市場価値を高めたいのか、これから伸びる市場で安泰に暮らしていきたいのか。自分の数年後のキャリアプランも考える必要があります。

短期的な視点でも、長期的な視点でも、自分を見つめなおすことが重要になってきます。

できれば副業OKの会社を選ぶ

これからの世の中、1つの会社に依存するのはキケンです。

コロナウイルスによって倒産した会社もたくさんあるので、できる限り収入の軸は持っておいた方が良いです。そのためにも、会社で身につけたスキルを活かして、副業できるような会社を選ぶのが良いと言えるでしょう。

退職は悪いことではない

退職=逃げ。

そんなイメージが根強い日本ですが、その考えを持っていること自体キケンです。自分のステージを上げるためにも、人生の幸福度を上げるためにも、転職することは素晴らしい決断だと思います。

人生は1度きりです。

1度の人生、やらずに後悔するよりも、やって後悔しましょう。

もし、仮に上手く行かなかったとしたら、また転職すれば良いだけです。深く考えすぎず、退職したいという思いが募ったら、覚悟を決めて転職しましょう!

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【手順を解説】退職前にすることを整理することで転職活動の質は変わります

【手順を解説】退職前にすることを整理することで転職活動の質は変わります

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【手順を解説】退職前にすることを整理することで転職活動の質は変わります
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事