line hatena

【まだ常識を信じてるの】ワークスタイルを変化できない人が陥るこれからの新常識

【まだ常識を信じてるの】ワークスタイルを変化できない人が陥るこれからの新常識

あなたのワークスタイル、本当に大丈夫ですか?

もしかすると、今のワークスタイルのままだと、仕事が無くなってしまうこともあります。

時代の流れに適応して、時代に取り残されないようにしましょう。

ワークスタイルとは

ワークスタイルは、働き方を意味する言葉として使われています。

個人の目線で言うと、「自分なりの働き方」。企業の目線で言うと、「社員の働き方」として表すことが多いです。

人によって働き方は様々で、時代の流れに沿って自分が目指すワークスタイルを確立しようとする動きが強まってきています。

ワークスタイル変革とは?

ワークスタイルは、2019年の「働き方改革」によって最初の変革が起こりました。

ワークライフバランスの重視、労働環境の見つめ直し、有給取得義務などの改革が起こりました。

そしてその後…コロナウイルスによってワークスタイルが劇的に変化しました。

■新型コロナ発生前
今までの働き方は、オフィスを設けて労働環境を整え、そこで社員が働くという形でした。

毎朝、決まった時間に出社し、会議も商談もすべて”オフライン”で行われていました。そんな中、新型コロナウィルスによって、接触を避けたオンライン化の動きが加速しました。

■新型コロナ発生後
人との非接触を徹底した働き方が加速し、オンライン中心の働き方となりました。

今までオフィスに出社していた人は、リモートワークや在宅勤務などによって人と接触しないという働き方が加速しました。

会議も商談もほとんどがオンライン化となってきました。

コロナウイルスの変革からも分かるように、ワークスタイルを時代によって変えていかなければ、仕事がなくなり生活にも大きな影響を与えることにもなってしまうのです。

リモートワークが当たり前になったように当たり前は変わる

今までの働き方を創造してみてください。

誰もがオンラインで働くとは思ってもいませんでしたが、今は常識になりつつあります。

このように、時代の流れと共に「当たり前」は変わっていきます。

事実、オフラインで働いていた人はリストラになったり、減給になったりするケースが多発しました。

時代の変化に対応できなかった人は、仕事を失ったりしているのです。

なので、これからは時代の流れを意識して、ワークスタイルを変えていくことが重要になってくるのです。

これからのワークスタイルは?

では、今後はどのようなワークスタイルになるのか?

①働く場所が自由になる

②複数の雇用が当たり前になる

この2点を覚えていれば、時代の流れに飲み込まれずワークスタイルを確立することができます。

働く場所が自由になる

Wi-Fiさえあれば働く場所は自由。これからのワークスタイルはこの流れが加速します。

つまり、どこでも仕事ができないような職種では危ないかもしれないということです。

(すべての仕事が当てはまるわけではありません)

オンライン化は今後も加速するので、働く場所を問わない業種は、比例して売上も伸びていくことでしょう。

複数の雇用が当たり前になる

社員を大量に抱えて、固定コストを上げて攻めるのではなく、業務委託というワークスタイルで成果報酬という働き方も増えると予測できます。

複数の社員を抱えて固定コストを上げるより、守りながらリスクゼロで成果報酬として働いた方がお互いメリットがあるからです。

新しいワークスタイルに対応するために

常に変化するワークスタイル。対応していくためにはどうしたら良いのか?

その答えは、「常に最新情報をキャッチアップする」ということです。

時代の変化に適応するには、これさえできていれば大丈夫です。

常に最新情報をキャッチアップする

コロナの流行や、働き方改革、有名人によるこれからの流れなど、常に最新情報をキャッチアップしておくことが重要です。アンテナさえ張っていれば、今後どのような時代の流れになりそうか予測することができます。

この流れをいち早く捉えることができれば、大きくお金を稼ぐこともできます。

例えば、コロナ後の世界。アフターコロナと呼ばれるもの。

アフターコロナでは、「オフライン×オンライン」の流れが加速していくことでしょう。

感染リスクが減った中で、対人コミュニケーションを取り、オンラインのお客さんにもアプローチする。このような流れが加速していくと思っています。

ワークスタイルは柔軟に変えていこう

ワークスタイルに正解はありません。

オンラインで働いていたとしても、いつオフラインの流れが強まるか分かりません。ですので、常に自分で考えて、ベストな働き方を模索するように心がけていきましょう。

あなたがオフラインで仕事をしたい!そう思っているのなら、それが正解です。

あなたが、オンラインで海外にいながら仕事をしたい!そう思っているのならそれが正解です。

あなたにあったワークスタイルを見つけて、時代の流れに沿った働き方を実現していきましょう!

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【まだ常識を信じてるの】ワークスタイルを変化できない人が陥るこれからの新常識

【まだ常識を信じてるの】ワークスタイルを変化できない人が陥るこれからの新常識

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【まだ常識を信じてるの】ワークスタイルを変化できない人が陥るこれからの新常識
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事