line hatena

【5分で学んで即実践できる】会社員が向いてないと思ったらまず意識するべき7つのこと

【5分で学んで即実践できる】会社員が向いてないと思ったらまず意識するべき7つのこと

「このまま会社員のままで良いのだろうか…」「会社員に向いてないような…」そう思っているのなら、意識すべきことが7つあります。

これらを意識することができれば、あなたの不安スッキリし収入も上がっていくことでしょう。

会社員という生き方が全てじゃない

会社員以外の生き方としては、「フリーランス・フリーター・起業」などが挙げられます。

・フリーランス

フリーランスは、組織に属することなく自分のスキルや価値を、企業や顧客に提供して報酬をいただく働き方です。

自分が持っているスキルはもちろん、好きなことや得意なことを仕事にすることもできます。自分の実績や実力だけで勝負していく厳しい世界ではありますが、基本的に自由に働けるのが1番のメリットがあります。

・フリーター

フリーターは、正社員以外の就労雇用形態です。

契約社員・派遣社員・登録型派遣・アルバイト・パートなどの非正規雇用で生計を立てている人を表します。基本的に責任職を任されない場合が多く、時間を提供して収入を得る働き方です。覚えることも少なく、淡々とした作業をこなすような働き方です。

・起業

起業と聞くとハードルが高いものだと思われがちですが、実際はそうではありません。

近年はパソコン1つだけで初期費用が少ないネットビジネスが数多く展開されています。
最初から大金を稼ぐのではなく、徐々に徐々に収入を増やして起業というイメージです。まずはインターネットでビジネスを分析してみて、できそうなものがあれば応用してみてください。厳しい道ですが大金を狙える働き方です。

自分がどうしている時がストレスフリーかを考える

これまで説明した働き方を実践する前に、どういう時にストレスを抱えているのか分析してみてましょう。

根本原因を突き詰め、改善していくことで問題は解決できるかもしれません。

会社員が抱えるストレスランキング:

1位:「仕事の進め方が非合理的」

2位:「仕事量が多い」

3位:「業務内容が不公平」

4位:「評価や待遇が不満」

5位:「急な仕事が多く、自分のペースで仕事できない」

6位:「職場環境がよくない」

7位:「業務に関する十分な情報がない」

8位:「通勤時間が長い、通勤ラッシュが嫌」

9位:「感謝の言葉や助け合いがない」

10位:「休憩や休暇を取りにくい」

該当するものはありましたか?なければ想像してみてください。

そして、根本原因を解決するためにはどうすれば良いのか考えてみてください。

例えば、1位の仕事の進め方が非合理的という所。
仕事の進め方が非効率的だと、業務超過や時間ロスにつながるため、ストレスを感じるということが考えられる。逆に、面倒でルーティン化したような作業は、合理化、自動化、外注を考えます。そうすることで、仕事の進め方が変わり、ストレスフリーな働き方が実現できます。

会社員に向いていない人の特徴を把握する

自分は会社員に向いていない性格なのか?それを客観的に知ることができる特徴があります。

この特徴に当てはまっていれば、会社員に向いていない指標になります。ぜひ、ご自身で分析してみてください。

やりたいことや好きなことが明確にある

やりたいことが明確にある場合、会社員を続けていくのが苦痛になることがあります。

最終的なゴールにこの仕事はは結びつかないという気持ちで働いていると、モチベーションも上がりません。自分のやりたいことと目指していることにギャップを感じた場合、会社を辞めてやりたいことができる環境に転職するか、独立する方が幸せかもしれません。

1人で過ごしている時間が好き

1人で過ごす時間が好きという方は、仕事に没頭できたり、新たなことを創造したり、自己決定したい、という特徴がある場合があります。

自分の世界に没頭できた方がリラックスできる。そう思っている方は、恐らく1人が好きなのかもしれません。
一人好きは、好奇心が旺盛で、常に頭で考え事をしている人が多いです。一見、仕事には結びつかないように思えますが、実際にはそこから生まれるアイデアが貴重なものが多いです。

個人のバイネームで仕事がしたい

会社という組織にとらわれず、自分の名前だけで仕事をしたいと思っている方は、会社員の枠から外れた方が良いです。

会社の名前や肩書きではなく、自分の名前で働けるということは、どんな場所でも通用し会社に依存しない人のことです。高い売上を出せる人材なた、どこでも重宝されますし、起業して会社経営することもできます。

会社員よりも圧倒的に収入を狙うことができる

ここまでの話で、「会社員以外の働き方をしてみたいな」と思った方は、1度挑戦してみることをオススメします。

しかし、初めから会社を辞めて独立しよう、なんてことは言いません。まずは、『副業』から始めてみてどんなものか知っていきましょう。

副業から始めることでリスクなく、会社員以外の働き方を体験することができます。

副業には以下のようなメリットがあります。

・収入アップ

・自己実現の追求や幸福感の向上

・新たな知識や経験を得ることができる

・起業や転職のスキルと知識が蓄えられる

・スキルアップ・キャリアアップにつながる

・本業の傍らで“やりたいこと”に挑戦できる

「副業したいけど何からスタートすれば良いの?」そう考える方もしるかもしれません。

なので、ゴールから逆算して具体的な手順を考えて見ましょう。ステップとしては、「①目標額を決める、②作業時間を確保する、③副業のやり方を考える」というステップになります。

1:目標額を決める

月1~2万円稼げればいいのか、月10万円以上稼ぎたいのか、目標金額によって行動が変わっていきます。

たくさん稼げるに越したことはないですが、その分要する時間も変わってきます。まずは、副業でどれくらい稼げるようになりたいのか目標額を決めましょう。

2:作業時間を確保する

副業するのにどのくらいの時間を確保できるのか1日にどれくらい時間を取れるか考えてみてください。

本業の勤務が終わった後の、平日夜に1~2時間取れるのか。週末にまとめて3~5時間取れるのか。

本業に支障が出ないようタイムスケジュールを組みましょう。

3:副業のやり方を考える

自分の好きなことで稼ぎたいのか?それとも目先の数万円を稼ぎたいのか?あなたはどちらでしょうか。

副業には「時間労働型」と「成果報酬型」に分かれます。

時間労働型は、時給制度のようなものです。成果報酬型は、売上の成果によって%で報酬をいただく形です。
自分が目指すべき方向を考え、どのように取引先や顧客に価値を提供できるのか?ここに1番時間をかけて考えていきます。

会社員という生き方に縛られずまずは自分を理解しよう

世の中には、会社員という働き方以外にもたくさんのものがあります。

まずは、自分のことを理解して、どのように働いていきたいのか、じっくり考えてみてください。
会社員のように、1日8時間オフィスに縛られたり、決まった時間に働きたくない方は、ストレスフリーな生き方を歩んでいきましょう。

そのためには、まずは副業。

副業からどんどん収入を上げていき、月収以上の給料を3ヶ月以上継続することができれば、自由な生活はもうすぐです。そこから人を雇い、仕組み化して起業。
そして、自動で売れるようになれば、あなたが働かなくても売上が立つ自由な人生が手に入ります。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【5分で学んで即実践できる】会社員が向いてないと思ったらまず意識するべき7つのこと

【5分で学んで即実践できる】会社員が向いてないと思ったらまず意識するべき7つのこと

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 【5分で学んで即実践できる】会社員が向いてないと思ったらまず意識するべき7つのこと
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事