line hatena

マネジメント経験は転職でも独立でもめっちゃ有利です!

マネジメント経験は転職でも独立でもめっちゃ有利です!

転職活動の際、企業の求人で「マネジメント経験がある方を優遇します」というワードを見かけたことはありませんか?

企業コンサルティングや組織管理の経験が問われる項目ですが、その内容や求められるスキルは曖昧なようにも見えます。

そのため人によっては「どんな仕事の経験があればマネジメント経験ありと公言しても良いのだろう?」と悩んでしまうでしょう。

本日は「マネジメント経験」の具体的な内容とともに、転職市場でのアピールのコツを解説いたします。

マネジメントとは?

マネジメント経験は一般的な定義として「ビジネス成果における責任を負うこと」が挙げられます。

例えばある企業に勤め、その企業が立ち上げた企画やプロジェクトのリーダーや管理担当を任せられた場合、この業務はマネジメント経験に当てはまります。

「マネジメント担当」「マネージャー」など明確な役職を経験したことがなくても「マネジメント経験」がある人もいるため、転職の際はこれまでの仕事で任された役職だけでなく、仕事内容にも目を向けてみましょう。

マネジメント経験はどうやって積むの?

特に1プロジェクトのマネジメント業務などの場合、外部からマネジメント経験がある方ではなく社員の中から「マネジメント業務ができそうな人材」が選出・起用される場合も少なくありません。

そのため1つの企業で勤めマネジメント業務への意欲を見せること、業務を任せられるだけの実績を上げることが近道だと言えるでしょう。

また、企業によっては昇進や別役職にシフトするため、一定の試験を設けている場合があります。

試験の内容は実地での訓練のほか面接や面談が行われるなど、企業や業種によってさまざまです。そのためマネジメント経験を積むのであれば、まずは「自社でマネジメント業務の経験をするにはどうするべきか」を考える必要があります。

相手のキャリアを考えてあげる

役割を与えられただけではまだまだスタートの段階です。

「マネジメント経験あり」と転職市場でアピールする際は、実際のマネジメントに関する手腕が問われます。

このマネジメント業務を円滑に進めていく上でまず大切にしたいのが、自分がマネジメントする相手のキャリアを把握し考えることです。

・この人は将来的にどういう仕事がしたいのか
・このメンバーでうまくプロジェクトを進めるにはどうすれば良いのか
・このプロジェクトを通じてメンバーにどんな学びや経験は与えられるのか

以上のように、ただプロジェクトを成功に導くだけでなく、そのプロジェクトに参加したメンバーにとっても実のある結果が得られることを考えられれば、より良いマネジメントが実現します。

マネジメント経験は転職で有利?

転職市場ではよく問われる「マネジメント経験」ですが、中にはマネジメント経験に関する記載がない企業、「経験があればなお良し」と経験の有無が必須ではない企業もあります。

結局のところ、マネジメント経験は転職において有利なのか、その実情について解説します。

結論めちゃくちゃ有利です

結論として、マネジメント経験があることは転職について非常に有利です。

プロジェクトを管理しメンバーに指南することは、その業種に関する深い知識や技術、人間関係の構築力が問われます。このマネジメント経験があることは、リーダーとして企業を引っ張っていける人材としても期待されます。

メンバーとしてもマネージャーとしても活躍できる人材は言わば即戦力。つまり「マネジメント経験」を問う企業は、即戦力を求めている企業であるとも読み取れます。

採用要件にもなっている

中には自社に貢献してくれる即戦力を見つけるため「マネジメント経験必須」と提示している企業もあります。

つまりマネジメント経験があれば同業種の中途採用枠だけでなく、マネジメント経験必須の企業も転職先の候補として加えられます。

選択肢が増えれば、より希望の労働環境ややりたい仕事にマッチした仕事を見つけられる可能性が高まるでしょう。

どんな経験なら、「マネジメント経験」としてアピールできる?

「マネージャー経験」をはじめ、マネジメント業務を行なっていたことがわかるような役職に就いていたことはマネジメント経験として非常にわかりやすいでしょう。

しかし、マネジメントに関わる肩書きがなくても「マネジメント経験」としてアピールできる場合があります。その一例をご覧ください。

・プロジェクト進行に関するプロセス管理・指南役を経験した
・プロジェクトや企画に対する責任を負う立場を経験した
・自社内のメンバー育成や指導、評価担当を経験した

このように「マネジメント」にあたる業務は非常に幅広く、プロジェクトの進行責任者やリーダーポジションを経験した方も、広義では「プロジェクト経験あり」に属します。

会社が求めるマネジメントスキルや実績とは?

重要なのは「経験があるかどうか」ではなくその先。

「その経験を経て自社が求めるスキルを持っている人材かどうか」です。

ここで、マネジメント経験を問う企業が言外に期待しているマネジメントスキル・実績をまとめます。

・プロジェクトのメンバーを管理し生産効率を上げること
・メンバーの育成・管理に必要なリーダーシップ

このように、他のプロジェクトメンバーや社員をまとめ牽引していけるような実力を持っていることが重視されます。

もちろんここでマネジメント経験を問われた場合も、入社すぐにマネジメントに関わるポジションに所属するとは限りません。しかしこの場合も「将来的にはリーダーを任せられる人材である」ことを期待してマネジメントスキルや実績を問われます。

誰かを動かすというスキルはめちゃくちゃ大切です!

会社を経営し、1つ1つの業務プロセスを動かしていくには、必ずプレイヤーだけでなく彼らをまとめるリーダー役が必要です。

このリーダー役は経験はもちろん実力や冷静な判断力など、求められるスキルは多岐に渡ります。

この幅広いスキルがあるか否かを経験という目に見える形で問うのが「マネジメント経験の有無」です。

リーダー・マネージャーとして人を動かし、より良い成果を目指せる人は、業種に関わらず多くの企業が確保したい人材です。

もしマネジメント経験にあたる業務を経験したのであれば、それは転職において非常に強い武器となります。転職は言わばステップアップの手段。

転職を考えている方は、今一度自分の経験やスキル、市場価値を見直してみましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
マネジメント経験は転職でも独立でもめっちゃ有利です!

マネジメント経験は転職でも独立でもめっちゃ有利です!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. マネジメント経験は転職でも独立でもめっちゃ有利です!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事