line hatena

『もう限界!』ダブルワークがきついんです-働き方を考えよう

『もう限界!』ダブルワークがきついんです-働き方を考えよう

不況が長引く昨今、今の勤め先の給料だけでは生活できずダブルワークに挑戦する方も増えてきています。

ダブルワークに挑戦する方の理由はさまざまです。

・働けるうちに働いて少しでも将来のために貯金したい
・もう少し余裕のある生活を送りたい
・興味のある仕事に気軽に挑戦してみたい

どんな理由にしても、スキマ時間や休日を使ってさらにお金を稼げれば、金銭的に余裕のある生活を送れるでしょう。

しかし、なかには実際に始めてみて「ダブルワークがきつい」と感じる人も少なからずいます。

そこで今回は、きついダブルワークの負担を軽減する方法や、ダブルワークをやめるタイミングについてご覧ください。

ダブルワークがきついとき過労を回避するために知っておくこと

ダブルワークは、本当にきついと思う前に過労を防ぐことが大切です。

選んだ仕事によってはすぐにやめられないことはもちろん、過労が原因で心身を壊しては元も子もありません。

ここでは、ダブルワークがきついと思う前にやりたい「負担を軽減する方法」を3つご覧ください。

スキマ時間に働ける仕事に変える

労働時間やシフトが自由な仕事の場合、ダブルワーク(掛け持ち)するため2つの仕事の労働時間のバランスを取って働いている人もいるかもしれません。

この場合、2つの仕事の比重は「5:5」だといえるでしょう。

しかし、ダブルワークを無理なく続けるためには、基本的にメインの仕事(本業)を続けつつ、もう1つの仕事はスキマ時間で気軽にできる、副業感覚の仕事を選ぶ必要があります。

イメージとして、2つの仕事を「8:2」の比重で続けることがポイントです。

万が一「ダブルワークがきつい」と思ったときは、副業の方をすぐにやめたり休業すれば済むため、収入面が安定しつつ、余裕のあるときに無理なくダブルワークできるでしょう。

そのためには、副業として気軽に始められる在宅ワークを選ぶなど、さまざまな選択肢が生まれます。

本当に今のダブルワークが必要か考えてみる

自分が「無理してダブルワークをしているな」と感じたら、本当に今ダブルワークをする必要があるのか考え直すことも大切です。

「なんとなくスキマ時間や休日を無駄にしたくない」「みんなやってるから」など、複数の仕事をしてお金を稼ぐことに明確な理由がないなら、ダブルワークをやめるのも良いでしょう。

また、副業として始めた仕事がきつい・ストレスになっていると感じたなら、副業は別の仕事に変えることも選択肢の1つです。

ダブルワークを続けるためには、やっていて苦痛ではない仕事を選ぶことが大切です。

仕事のリフレッシュとして楽しくできる仕事を選んで、無理なくダブルワークを続けましょう。

きちんと休日を確保する

例えば月曜から金曜は本業で働いて、土日はダブルワークで始めた副業のアルバイトをフルで入れるなど、本業の休日をすべて副業で埋めるような生活では、体を保てません。

ダブルワークをする場合も、きちんと休日を確保して、ときには仕事から離れてゆっくり休息を取る時間を作ることも大切です。

美味しいものを食べる、ゆっくり自宅で過ごすなど、仕事で疲れた体を癒すための時間を確保しましょう。

「休んでいる時間がもったいない」と働き続けては、いずれ体を壊す原因になってしまいます。

そうならないよう「きつい」と感じる前から、意識的に休日を作ることが「きつい」と感じることなくダブルワークを続けるためのコツです。

ダブルワークのやめ時はいつ?

「きつい」「やめたい」と思いながら無理してダブルワークを続けていれば、体だけでなくメンタル面に不調が現れる場合もあります。

そこで、きついと感じたらダブルワークをやめてしっかりと休息を取るのも良いでしょう。

ダブルワークのやめ時として、2つのポイントを解説します。

ダブルワークがきついと悩んだとき

「きつい」と思いつつ我慢して続けていれば、我慢生活が当たり前になりいずれ体を壊してしまいます。

そうならないよう、「きつい」「やめたい」と思ったときにスッパリと辞めてしまうのが良いでしょう。

また、きついときは「何が原因できついと感じているのか」を考えることが大切です。

例えば、副業先の人間関係がつらい、仕事内容がきついなど、体力的な問題ではなく仕事内容が問題の場合は、副業を辞めれば解決します。

そしてしばらくは心身を休め、今度は違う副業先を見つければ、今度は苦痛を感じることなくダブルワークができるかもしれません。

ダブルワークをやめることは一概に「二度とダブルワークしないこと」だけでなく、「無理なく稼ぐ方法を見つけるための過程」でもあるのです。

本業に集中できなくなったとき

ダブルワークを続ける上で比重の大きい本業ができなくなっては、元も子もありません。

そこで、本業中も副業のことを考えたり、疲労で頭が回らず仕事効率が落ちていると感じたら、ダブルワークのやめ時です。

ダブルワークとして副業を始めるなら、あくまでも本業に支障が出ない範囲の仕事を選ぶことが大切です。

にもかかわらず、本業に明らかに支障が出ているなら、本業の評価も下がり共倒れしてしまう可能性も否めません。

体が資本!壊す前に働き方を考えよう

きついダブルワークで体を壊してから対策を考えるのでは、意味がありません。

自分の体は1つしかないからこそ、ダブルワークを始めるなら「きつい」と思う前に働き方をよく考えて、無理のない範囲で始めることが大切です。

最後に、ダブルワークを無理なく続けるためのポイントをまとめます。

・仕事のスキマ時間に無理なく続けられる仕事を選ぶ
・本当にダブルワークする必要があるか考え直す
・きちんと休日を確保して心身を休める時間を作る

人は休息がなくては働き続けられません。

そのため、ダブルワークは無理のない範囲で行うことが大切です。

時間の確保はもちろん、精神的・体力的な観点で見て無理のない仕事内容かも加味して考えましょう。

もちろん、ダブルワークを続けるべきかやめるべきかは、人それぞれです。

きついと思う原因とよく向き合った上で、あなたに合ったダブルワークの形を見つけましょう。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
『もう限界!』ダブルワークがきついんです-働き方を考えよう

『もう限界!』ダブルワークがきついんです-働き方を考えよう

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. 豆知識
  3. 『もう限界!』ダブルワークがきついんです-働き方を考えよう
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事