line hatena

【 無料で3分解説 】エンジニアになるにはどうすればいい?正しい勉強方法が大切です!

【 無料で3分解説 】エンジニアになるにはどうすればいい?正しい勉強方法が大切です!

IT業界においてなくてはならない職種の1つであるエンジニア。

これからエンジニアを目指したいと考えているものの、「どのようなスキルを身に付ければエンジニアになれるのか」「どのように勉強すれば良いのか」と疑問を抱えている人も多いでしょう。

本記事では、エンジニアに必要なスキルとともに、エンジニアになるための主な勉強方法を解説します。

エンジニアになるために必要なスキル

IT業界におけるエンジニアとは、主にシステムエンジニア(SE)のことを言います。

システム開発において、企画・設計・構築・管理などを行う職種です。

専門的な知識やスキルが必要な仕事ですが、需要が高い・潰しがきく・将来性があることなどにより大きな人気があります。

それでは、エンジニアになるにはどのようなスキルが必要なのかを見ていきましょう。

システム構築に関するスキル

システムエンジニアに不可欠なのが、システム構築に関するスキル。

システムの開発に関する業務が仕事の大部分を占めるため、このスキルがなければシステムエンジニアとしては働けません。

具体的には、プログラミングなどです。

ただし、プログラミングの言語はさまざまな種類があるため、自分が携わる業務に適したものを習得する必要があります。

また、エンジニアもさらにフロントエンドエンジニア・バックエンドエンジニア・サーバーエンジニアなど、細かな職種の違いがあり、職種によって特に知識や技術を求められる領域もあります。

コミュニケーション

スキルシステム開発は複数人のメンバーでチームを組んで進めていくのが一般的です。

エンジニアは個人作業が多く、コミュニケーションを取る機会が少ないとイメージする人もいるかもしれません。

しかし、それぞれの業務を進めながらメンバー同士で綿密にやり取りをしてシステム構築を行うため、人と接する機会は多々あります。

また、クライアントの希望をしっかりヒアリングし、開発に反映させることも大切です。

これらのことから、エンジニアにはコミュニケーションスキルも求められます。

マネジメントスキル

システム開発はスケジュール管理が非常に大切です。

納品までタイトなスケジュールになることもあるため、業務全体を把握し開発が遅れないよう管理するマネジメントスキルも求められるでしょう。

エンジニアに必要なスキルの勉強方法

エンジニアに必要なスキルはさまざまありますが、その中でも不可欠な、システム構築に関するITスキルを身に付けるにはどうしたら良いのでしょうか。

主に考えられる勉強方法を紹介します。

独学する

まず1つ考えられるのは、独学で身に付ける方法です。

現在はネットで多くのことを調べられます。

例えば、プログラミングに関し詳しく説明しているサイトなども数多くあります。

このようなサイトを活用し、自分で知識・技術を付けていく手段もあるでしょう。

また、プログラミングを学びたい人向けの書籍なども豊富に販売されているので、書籍から学ぶのも1つです。

この勉強方法の長所は、マイペースに勉強を進められること、費用が少なく済むことなど。

ただし、教えてくれる人がいるわけではないので、勉強している中で浮かんだ疑問も自分でその都度調べて解決しなければならず、習得まで時間や手間がかかります。

プログラミングスクールに通う

エンジニアを目指す人の多くが実践しているのが、プログラミングスクールに通うという勉強法です。

プログラミングスクールは、その名の通りプログラミングを専門的に学べるスクール。

スクールを活用するメリットとしてまず挙げられるのは、わからない点を尋ねられること。

インストラクターがいるのですぐ質問でき、疑問点で長くつまずくことなく、スムーズに勉強を進められます。

なお、ほかの受講者と一緒に講座を受けるスタイルだけでなく、インストラクターにマンツーマンで教えてもらえる受講スタイルもあります。

また、スクールに実際に足を運び講座を受けるほか、オンライン講座やオンデマンド講座を受講するスタイルも。

スクールによって受講スタイルは異なるので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

自分の都合の良い時間に受講できれば、働きながらオフの時間で無理なくエンジニアの勉強をすることも可能です。

ただし、プログラミングスクールを利用する場合、スクールの入会金や受講料、テキスト代など費用がかかります。

まとまった費用が必要であることは留意してください。

現場で働きながら学ぶ

エンジニアとして働きたい場合、エンジニアの業務をこなすため必要なスキルを身に付けた後で、エンジニアの求人に応募し採用された職場で働き始めるという流れが基本です。

ただし、企業によってはまだスキルが不十分でも雇用してくれることもあります。

その場合は、先輩エンジニアから指導を受けながら、必要なスキルを現場で覚えていくという形になります。

今まさにエンジニアとして第一線で働いている人がいる開発現場で学べるので、実践的なスキルを身に付けられることが大きなメリットです。

ただし、このような企業はそう多くあるわけではありません。

エンジニアは業界で不足気味だと言われており、人手が潤沢ではない状態で開発を行っている企業もよく見られます。

つまり、すぐにエンジニアとして働ける即戦力を求めている企業の方が多いのです。

まだエンジニアとして必要なスキルがない人材を育てていくためには、人出も時間もかかります。

現場で働きながらエンジニアを目指したいという人は、人材を育成する余裕のある企業の求人を探せるかどうかがカギとなるでしょう。

なお、アルバイト採用から始まり、エンジニアとして一通りのスキルが身に付いたら正社員採用、などのパターンもあり得ます。

エンジニアのスキルの活かし方

エンジニアに必要なスキルを勉強しつつ、資格取得を目指していくのも1つです。

現役エンジニアもスキルアップやキャリアアップのために資格取得を目指している人が多く見られます。

例えばエンジニアに必要な基礎的スキルを証明する資格取得を目指せば、取得までの過程で知識や技術を習得できるでしょう。

また、取得した資格は自分のスキルを客観的に示すものとしても活用できます。

企業によっては資格取得者に特別な手当を払っているところもあり、収入アップのチャンスがあります。

また、転職の際も自分のスキルをアピールするための武器として使えるでしょう。

難易度の高い資格を持っているほど高待遇が見込めます。

自分に適した勉強方法でエンジニアを目指そう

エンジニアになるための勉強方法はさまざまです。

どの方法にもメリット・デメリットがあるので、自分に適している方法を選ぶことが大切です

「専門性の高い職種だから自分にできるか不安」と考える人もいるかもしれませんが、未経験からエンジニアになる夢を叶えている人も大勢います。

ぜひこの記事を参考に、自分がエンジニアになるための勉強の仕方をイメージし、具体的に行動を始めてみてください。

知識を皆に
シェアしよう!

知識を皆にシェアしよう!
【 無料で3分解説 】エンジニアになるにはどうすればいい?正しい勉強方法が大切です!

【 無料で3分解説 】エンジニアになるにはどうすればいい?正しい勉強方法が大切です!

この記事のシェアをする

  1. Top
  2. お仕事ナレッジ
  3. 【 無料で3分解説 】エンジニアになるにはどうすればいい?正しい勉強方法が大切です!
記事一覧に戻る

こちらの記事は
役に立つはずだよ!

こちらの記事は役に立つはずだよ!

編集部のおすすめ記事

新着記事

働き者ストーリー

WORKER STORIES

働き者ストーリーとは、「働くのが大好き」で、「その道を追求する働き手」の生き様を知れるインタビューです。それぞれのストーリーを読めばあなたも新しい仕事に出会えるかもしれません。

働き者ストーリーをもっと見る